韓ドラ「輝くか、狂うか」簡単に感想♪

a0198131_23402459.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」原題→빛나거나 미치거나 全24話
原作→ヒョン・ゴウン 
脚本→クォン・インチャン、キム・ソンミ 演出→ソン・ヒョンソク
キャスト
チャン・ヒョク→ワン・ソ役 太祖ワンゴンの第四子で皇后(第三夫人)の三男。 宮廷外で育つ
オ・ヨンソ→シンユル役 渤海最後の王女、青海商団を率いる
イ・ハニ→ファンボ・ヨウォン役  太祖の第四夫人の娘 ワンウクの姉 強い野望と権勢欲を持つ
イム・ジュファン→ワン・ウク役 太祖の第五子 息子の中で最も優秀で後継者と目されて育つ
イ・ドクファ→ワン・シンニョム役 執政 太祖の従弟、建国功臣
リュ・スンス→定宗(ワン・ヨ)役 高麗第三代皇帝、ワン・ソの同母兄
ナ・ジョンチャン→セウォン役 ファンボ家の護衛武士 ワン・シンニョムの手下
キム・レハ→ウンチョン役 ワン・ソを支える隠密組織の一員
シン・スンファン→キルボク役 ワン・ソの小間使い
ナム・ギョンウプ→太祖ワンゴン役 高麗初代皇帝
チ・スウォン→皇太后ユ氏 役 ワン・ソの母、太祖の第三夫人
ホ・ジョンミン→ヤン・ギュダル役 シンユルの兄
キム・ソニョン→ペンニョ役 青海商団
アン・ギルガン→カンミョン役 青海商団
チョン・ウシク→キョン役 青海商団 シンユルの護衛武士

時は高麗初期。皇宮に不幸を招くという破軍星の下に生まれた皇子ワン・ソ(チャン・ヒョク)は皇宮を追われ、金剛山で育つ。ワン・ソの父、ワン・ゴンは権力争いの絶えない皇宮を建て直すため、ワン・ソを呼び戻すが、自身は何者かに暗殺されてしまう。ワン・ゴン暗殺の犯人を追って中原の開封(ケボン)にやって来たワン・ソはその地で渤海最後の王女、シンユルに出会う。
―5年後、ワン・ソは腹違いの姉であり、豪族ファンボ家を母に持つヨウォンと結婚していたが、今も王建暗殺に隠された陰謀を追っていた。その頃、シンユルも青海商団を率いて高麗にやって来ていた。ワン・ソとの再会に胸をときめかせるシンユルだが、ワン・ソは彼女に気付かず、さらに彼が結婚していると知り、すっかり失望してしまう。一方、ワン・ソの妻ヨウォンは弟のワン・ウクを次期皇帝の座に就けるべく、密かに陰謀を巡らせていた。その先には死んだワン・ゴンの従弟で皇宮の支配者、ワン・シンニョムの姿があった。(HPより)






内容的には どこかで観た様な時代劇感はありましたが、
それでも物語の展開は面白くて 最後まで楽しく観ました♪
ただ、チャン・ヒョクさん演じるワン・ソの個性的な笑い方が ちょっと馴染めなくて…。
甘いロマンスには浸れませんでした。
オ・ヨンソさんのシンユルは 可愛く美しかったですが、
イ・ハニさんの知略に優れたヨウォン姫が案外好きで、後半は彼女が視聴目的だったかもしれません。
私の中で好感度が高い方のイム・ジュファン君 ワン・ウク役は最初の方のクルクルな髪型が気に入らず、ウク派になれなかったです(笑)
私の満足度は☆3(満点は☆5)
[PR]

by jiyong-xg | 2016-10-19 23:40 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。