人気ブログランキング |

華ドラ「風中の縁」第25話まで♪

a0198131_1745134.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



中国時代劇ドラマ「風中の縁」(原題:風中奇縁)第25話まで観終りました。

以下 ネタバレで簡単に感想(あらすじはありません)





切なさと甘いラブラブさ その落差についていけない感じのある回でした。


無忌の治療を躊躇なく引き受け 心を尽くして治療する九爺の姿は
本当に素敵でした。
九爺の心の清らかさがよく表れていましたね。

そして
九爺の問に泣き崩れた莘月。
あの涙はどう解釈すればいいのかな…
九爺は ありがたくて好きだけど もう過去の人
未練の涙でなく 申し訳なさなのでしょう  と解釈しました。

それにしても 猛ダッシュには驚いた。
遠吠えは莘月の中の狼が顔を出したと思えるからアリと思うけど 
変なCGと猛ダッシュはいらないよね。
ドラマのシリアスさが一遍で吹き飛んだ(笑)
 


以下 自分の為の画像&セリフメモ(あらすじではありません )

a0198131_1752163.jpg


石舫に来た莘月
「莘月 よく来た 食事を準備させよう」と喜ぶ九爺。
「九爺様 無忌を治療してほしいの ずっと昏睡していて侍医にも治せないわ」
「原因は?」
「落馬よ」
「そうか 分かった 準備する」 莘月と一緒に衛府へ行く九爺
☆この時まったく躊躇も怒りの無かった九爺 人として清らかですね。


a0198131_1763358.jpg




a0198131_177022.jpg

昏睡する九爺の為 泣きなながら歌を歌う莘月
外にいる謹言と石風
「莘月さんは何の歌を?」石風
「羯族の民謡を歌っている 奴隷の巴雅爾(はがじ)と貴族の娘・伊珠(いしゅ)の恋の歌だ いいか 初めは伊珠が巴雅爾を追いかけていた だがのちに巴雅爾が伊珠を追いかけるようになったんだ いい歌だろ?」と


いつのまにか寝てしまった莘月
目覚めた九爺は寝ている莘月にそっと触れる
莘月も目を覚ます
「起きたのね」
「隣で話したい。おいで」
a0198131_1774082.jpg

「伊珠は東の高粱畑で巴雅爾(はがじ)の姿を見つめていた。小さかった楡の苗が大きく育った頃、成長した伊珠(いしゅ)のもとを媒酌人がを訪れる。巴雅爾は西の高粱畑で、嫁ぐ伊珠の後ろ姿を見つめていた。巴雅爾は北の高粱畑で、嫁ぐ伊珠の横顔を見つめていた。巴雅爾は東の高粱畑で、嫁ぐ伊珠の姿を正面から見つめていた。巴雅爾は嫁ぐ伊珠の姿を…」
「巴雅爾と伊珠の物語を知っていたのね」と莘月
「巴雅爾は愚かな男だ。伊珠に背を向け続け、自分の本心を明かそうとはしなかった。正直に愛を伝えるべきだったのに 伊珠の望みが何か気づきもしなかったんだ。巴雅爾は伊珠を傷つけた。でも曲の最後で2人は結ばれている。信じられるか?」莘月は立ち上がる
「帰るわ」
「私は信じてる。だが目覚めると歌声が止った。ずっと寝ていたかったよ」莘月は背を向ける
「養生してね。また会いにくるわ」
a0198131_1781623.jpg

去ろうとする莘月の腕をつかむ九爺
「莘月 君はどちらをより愛している?歌ではなく言葉で教えてくれ 衛将軍との誓いは忘れろ 誰と一緒にいたい?教えてくれ 誰と一緒にいたい?」
a0198131_1783474.jpg

泣き崩れ座り込んでしまう莘月
「行け」と言う九爺


a0198131_1784633.jpg







a0198131_179568.jpg

「びっくりした 起きてたのね」
「待ちくたびれたぞ 戻らなければ奪いに行こうかと」
「強盗になるの?」
「私の妻だろ」莘月のおでこにキスする無忌
「妙な格好だな」
「ご愁傷様 あなたが賊をかくまったと陛下に報告が入るわ。さっき捕吏とひと遊びしてきたの」
「何か盗んだのか?」
「騒動を起こしただけよ」
a0198131_1792827.jpg

「元気そうね 病み上がりとは思えない 具合はどう?」
「ほとんど問題ないが一か所だけ痛い」
「どこ?明朝 侍医を呼ぶわ いえ 今すぐに…」
侍医を呼びに行こうする莘月を抱きしめる無忌
「心配されるなら 病になるもの悪くない…」
a0198131_1794763.jpg

「相変わらず変態ね」
「莘月 子供を生んでくれ。今は娶れないが、私は一生君と添い遂げる。あとは君の気持ち次第だ」


勅命で李佶が来た事を衛無忌に伝える陳
「大事になっちゃった。私を潰そうとする秦湘の差し金ね」とつぶやく莘月
「秦湘?どういうことだ?」と衛無忌
a0198131_17103943.jpg

莘月は訳を話さない
「一体何を隠してる?」
外に控える陳に声をかける無忌 李佶への伝言を頼む。
「正体がばれているならごまかす必要はない 伝言を頼む 私と莘月は暇を持て余し町に繰り出した。驚かせたことは謝る。もう休んでいるから捕縛したければ寝所に来い もとより牢獄に興味があったから 捕縛は望むところだ」
「承知しました」
陳を止めようする莘月を押し倒す無忌
a0198131_1711257.jpg

「李佶じゃなくて私を懲らしめる気?何だか私に怒ってる様子ね」
「確かにそうだな 私が怒っているのは 君が寝所でつれないことだ」
「李佶に理詰めで追及されれば私でも負けてしまう だから意表をついて彼を混乱させ すきができたところで反撃するんだ 」
「好きにして 本当に面の皮が厚い人」
寝ようとする莘月
「寝るのか?」
「じきに夜明けよ 駆けまわったから疲れてるの 寝かせてくれないなら帰る」
「分かったよ 一緒に寝よう」
「明日太子少傅府へ?」
「太子少傅殿は皇太子さまの師を務めている 謝罪に行くほかない」
a0198131_17114918.jpg

「太子少傅殿は恐妻家よね  お忍びってことはきっと側室との逢い引きだわ 謝罪にいく必要なんてない 側室をネタに脅せば一件落着よ」
「君こそ私に劣らず面の皮が厚いな」




九爺様の容体が急変したみた と知らせが入る 青園に向かう莘月





a0198131_1712362.jpg

「九爺様 お願いだから私のために体を犠牲にしないで。あなたに何かあったら私は自分を責めるわ。心置きなく幸せになれない」と莘月
「莘月、莘月」うわ言を言う九爺。

by jiyong-xg | 2016-01-31 17:13 | 風中の縁