人気ブログランキング |

韓ドラ「チャン・オクチョン」視聴終了 全体の簡単な感想

a0198131_23571068.jpg

韓国ドラマ「チャン・オクチョン」장옥정 사랑에 살다 全35話
演出→プ・ソンチョル 脚本→チェ・ジョンミ
キャスト
キム・テヒ→チャン・オクチョン(張禧嬪)役  粛宗の側室
ユ・アイン→イ・スン(粛宗)役 朝鮮第19代王 
ホン・スヒョン→仁顯王后(イニョン)役 粛宗の妃。ミン・ユジュンの娘
イ・サンヨプ→イ・ハン(東平君)役 王族
ジェヒ→ヒョン・チス役 オクチョンの仕立ての才能を見出した恩人のカン氏夫人の息子
ハン・スンヨン→チェ・ムスリ役 淑嬪(スクビン)チェ氏 粛宗の側室
ソン・ドンイル→チャン・ヒョン役 オクチョンの父の従兄弟 訳官 商人
コ・ヨンビン→チャン・ヒジェ役 オクチョンの兄
キム・ソラ→ユン氏役 オクチョンの母
イ・ヒョジョン→ミン・ユジュン役 仁顯王后の父 西人派
キム・ソンギョン→大妃キム氏役 粛宗の母
イ・ヒョチュン→大王大妃チョ氏役 仁祖(朝鮮第16代王)の継妃 オクチョンの後ろ盾
キム・ハウン→仁敬(インギョン)王后 役 粛宗の最初の正室
イ・ドンシン→キム・マンギ役 仁敬王后の父 西人派
チェ・サンフン→チョ・サソク役 大王大妃チョ氏の甥
ユン・ユソン→カン氏夫人役 芙蓉亭の女将 オクチョンの師匠 
イ・ヒョンチョル→福善君 役 
ペ・ジンソプ→ヒョンム役 イ・スンの親衛部隊
イ・ゴンジュ→ヤングン役 イ・スンの内官

韓服の仕立てで定評のあるオクチョン。だが母が両班チョ・サソク家の賤民であることが知られ、仕立ての依頼が途絶えてしまう。一方、王宮では世子嬪選びが始まる。世子イ・スンは偶然を装って世子嬪候補と出会うはずだったが、手違いで服の寸法を取りに来たオクチョンと出会ってしまう。そんな中で王・顯宗(ヒョジョン)が崩御し、スンが即位すると、大妃をはじめとする西人派と大王大妃率いる南人派の対立が激しさを増していく。押され気味の大王大妃は甥チョ・サソクに対策を依頼する。チョは美貌のオクチョンを使って王の心を取り込もうと目論み、オクチョンの叔父チャン・ヒョンもまた、彼女によって野望を達成しようとしていた。こうして針房の女官として入宮したオクチョンはスンと再会、二人は急速に接近していく…(HPより)

以下多少ネタバレで簡単に感想







a0198131_011248.jpg

韓国ドラマ「チャン・オクチョン」観終わりました♪
期待して観始めたわけではなかったのに、案外ハマってしまいました。
一途に粛宗(朝鮮第19代王)を愛するチャン・オクチョン。低い身分故に何度も屈辱的な思いを味わううちに 愛を守るためには権力を手に入れなければと思うようになり 純粋だけでいられなくなっていく姿が説得力のある形で描かれていました。揺れ動く彼女の気持ちを理解できたので(共感でなく理解です) 素直に物語に引き込まれていったように思います。
それに私は日本人で 韓国の歴史に詳しくないので 史実とかなり違っていても新しい解釈で描かれていてもまったくもって無問題なんですよね~!  


a0198131_011145.jpg

粛宗はオクチョンだけを愛し 彼女を守るための手段を考え 事を実行していく強さと賢さのある王として描かれているのですね。王が複数の妻をもつのが当たり前の時代、一途な愛を描く為の多少の無理は感じましたが、まんまとそれにハマった私(笑)
終盤 罪人に仕立て上げられていくオクチョンを何とか守ろうともがく粛宗の苦悩と痛みが 自分の痛みのように感じられ 思わず泣いてしまいました。このドラマ「チャン・オクチョン」というタイトルですが、物語を魅力的にしているのは間違いなく粛宗と思います。  
a0198131_0113289.jpg

キム・テヒ嬢とアイン君が並ぶと年の差は明らかに感じるわけで、アイン君は王の威厳を見せるのに苦労したろうし、テヒ穣はやはり初々しさは薄れるので、双方にその影響は少なからず感じました。でも演者の努力もかなり感じたし、この2人の美しさあってこそ 内容に説得力を感じた部分もあったので やはりこの2人で良かったのでしょうね。

a0198131_0115238.jpg

鮮やかな色使いで豪華な刺繍までほどこしてある衣装 
細かな所まで考えられていて きっちりと作られていましたから 
豪華だけどなんだか下品なんてことにならずに 調和がとれていてとても美しかったです。
キム・テヒ嬢が品よく美しく着こなしていました。
 
すべてにおいて贅沢で美しいドラマ 
誰か苦手なキャストがいても 楽しめる内容だと思います おススメです。

私の満足度は上向き矢印付きの☆4↑(満点は☆5)

以下ちょっとしたつぶやき

  
オクチョンの幼馴染のチス(ジェヒ)の描き方がすごく中途半端でしたね。チスが愛憎をもっと丁寧に描けていたら 後半もっと盛り上がったのかもしれないと惜しい気持ちでいっぱいです

どうしても苦手だったのは 粛宗の母のヒステリックさでした。
もう少し上品にえげつなくできなかったのかしら。彼女がいなくなってイライラ無くなりました。

by jiyong-xg | 2015-04-10 00:24 | チャン・オクチョン