人気ブログランキング |

華ドラ「大清風雲」全体の簡単な感想♪

a0198131_23584854.jpg



中国ドラマ「大清風雲」2005年 全42話
キャスト  画像付きのキャスト一覧はこちら→☆☆☆
許晴→孝荘文皇后(大玉)役  ホンタイジの妃 
張豊毅→多爾袞(ドルゴン)役 ヌルハチの第十四子 
姜文→皇太極(ホンタイジ)役  ヌルハチの第八子 清朝の第2代皇帝 
孫淳→范浩正 役  漢人 清朝に仕える
李光潔→多鐸(ドド)役 豫親王 ヌルハチの第十五子 ドルゴンの同母弟
楊立山→阿済格(アジゲ)役 英親王 ヌルハチの第十二子 ドルゴンの同母兄
徐正運→済爾哈朗(ジルガラン)役 鄭親王 順治帝が即位のとき第2の摂政王となる
盧星宇→豪格(ホーゲ)役 粛親王 ホンタイジの長子
郭涛→鰵拝(オーバイ)役 正藍旗副将 
韓暁→蘇蘭(ソラン)役  大玉の侍女 大玉の遠縁の娘
徐豊年→何洛会(カラクカイ)役  ドルゴンの腹心
侯正民→劉光才 役 明朝の宦官だった人物
唐以諾&原島大地&劉潭源→福臨(フリン)役  ホンタイジの九男 大玉の息子 順治帝 
徐宝忠→索尼(ソニン)役 内務大臣 ホンタイジの腹心
廖丙炎→代善(ダイシャン)役 礼親王 ヌルハチの第二子
楊錚→碩果(ショク)役  代善の孫

a0198131_011250.jpg

盛京 西暦1620年 戦に一生を捧げ天下統一を果たしたヌルハチ大汗が崩御 ヌルハチが生前選んだ後継者は 最も寵愛した妃ウラ夫人の産んだ第14子ドルゴンと目されていた ウラ氏に託された遺詔が公にされる前 王位に強い野心を抱いていたホンタイジは礼親王ダイシャンと手を結び偽の遺詔を作り ウラ氏を殉死するよう追い込んだ(ドラマ冒頭より)





a0198131_012777.jpg

中国ドラマ「大清風雲」観終わりました!
清朝2代皇帝ホンタイジの妃の大玉(このドラマでは大玉児でなく大玉となっています)が
フリン(後の順治帝)を生む所から始まり フリンにより親政が始まるまでの 
ドルゴンと大玉の格闘の物語です。
この2人(ドルゴンと大玉)若い頃相思相愛だったけれど、大玉はホンタイジ嫁ぐことなり 引き裂かれたという設定です。(ホンタイジに嫁ぐことになった経緯は 詳しくは描かれていません)
まだまだ基盤が強固なものになっていない清朝で 
我が子フリンを守りながら 同時にドルゴンとの愛も守りたい大玉 と
大玉への愛故にフリンを切り捨てることもならず でも帝位への欲も捨てきれずに揺れるドルドン
そんな2人の大いなる駆け引きの物語です。
大玉はドルゴンの男のプライドは傷つけないように 慎重に思慮深く行動するので 
どちらかというと 大玉の手の中で ドルゴンが転がされて感じです(笑)
大玉が その知略で家臣たちを自分の味方につけていき 
<清朝>と<息子>を守っていく姿は まさに影の皇帝。
彼女の女性としての成長物語ではなく その政治手腕を楽しむドラマでした。
a0198131_031137.jpg

この作品10年前の作品なので、見始めは多少の古さは感じましたが、
丁寧にきちんと作られている作品なので 
観ていくうちに 物語に魅せられていって 古ささというモノはまったく気にならなくなりました。
後半 死ぬべき時に死ぬべき人が死なないので 史実をかなり無視した展開になっていますが、
手に汗握る面白さなので そこはさほど気にならず  楽しめました。

最近みた「宮廷の泪、山河の恋」は この「大清風雲」と同じ時代を描いたドラマでしたが、
女性なりの 政治闘争 権力闘争を 見せてくれた「大清風雲」の方が断然好みでした。

正直いえばドルゴンを演じた張豊毅さんがちょっと苦手なこともあり
ドルゴンと大玉の愛の物語を 冷めた気分で観ていたので事実ですが、
もろもろを感じつつも非常に面白かったので、満足度を決めるのに 
☆5か☆4かでかなり悩みました。
で、
私の満足度は 
☆5に限りなく近いという意味で 上向き矢印↑付きの ☆4↑です。(満点は☆5)

このドラマを観て思ったのが、
最新のドラマで 現代風にアレンジされたドラマよりも
古くても きちんと作られたドラマの方が面白い ってこと。
最新のドラマで現代風にアレンジされた時代劇ドラマを10年後に観て面白いか? すごく気になります。



大玉 衣装&髪型コレクション
a0198131_034446.jpg

a0198131_0512473.jpg




以下 自分の為の映像メモ 画像からネタばれしてますよ! 
a0198131_052960.jpg

a0198131_055340.jpg

a0198131_061016.jpg

a0198131_06232.jpg

a0198131_072254.jpg

a0198131_073730.jpg

a0198131_08287.jpg

a0198131_082636.jpg

a0198131_08598.jpg

a0198131_092016.jpg

a0198131_095556.jpg

a0198131_0101697.jpg

a0198131_0104848.jpg

a0198131_0413552.jpg

a0198131_042013.jpg

a0198131_011589.jpg

a0198131_0425552.jpg

a0198131_0431887.jpg

a0198131_0112359.jpg

a0198131_0114538.jpg

a0198131_012074.jpg

a0198131_012181.jpg


摂政王ドルゴンの死で 清朝入関後の皇位をめぐる争いは終わった。ついに若き順治帝の親政が始まるのだ。彼は政治に精励し 満漢合一を目指して改革を行った。それは 康熙帝、乾隆帝の盛世の礎となった。
孝荘皇太后は、美しく聡明で強い意志を持った女性である。その地位故にホンタイジ 順治 康熙の3代に影響を及ぼした。清王朝はドルゴンと孝荘皇太后の2人によって最初の危機を乗り越えた。300年にわたる清王朝の歴史は、ドルゴンと孝荘皇太后の手で基礎が築かれ、雄大な一章を記したのである。

by jiyong-xg | 2015-03-06 00:17 | 大清風雲