人気ブログランキング |

華ドラ「後宮の涙」第38話まで視聴終了♪

a0198131_12492367.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

中国ドラマ「後宮の涙(原題:陸貞傳奇)」第33話~第38話まで観終わりました



中国時代劇での 
心理的ショックがマックスなると 
血を吐くor血をピュ~と吹き出す という演出
シリアスな時代劇でも時々あるので
随分と慣れてはきましたし
それだけの大きな衝撃を心に受けた という意味なのは理解できますが
私が日本人だからなのか 
どうしても シーンのシリアスさを削いでしまっているように感じてしまいます。
悪く言えば ちょっとコントぽく見えるのです
皆さんも私と同じように感じるのかしら?
(こんなこと書くのは このドラマでも血吐きがあったからです)

a0198131_12583533.jpg

さて 今回の一番の衝撃は 
婁青薔(ろう・せいしょう)が30歳だったこと
楊晩秋(よう・ばんしゅう)の31歳はなんとなく納得なのだけど
まさかの30歳
あの時代だともう大年増なのでしょうけど
私は 40代後半 くらいだと思ってました(笑)



a0198131_130472.jpg

             ↑丹娘の素敵な笑顔は 癒しです~♪





以下ネタバレでダラダラと 簡単に感想





a0198131_1312164.jpg

沈嘉敏(しん・かびん)が亡くなってしまいましたね~。
婁青薔に挑むなんて なんて無謀な…
父に言われて 陸貞を本気で側室に迎える気でいたようなので
なんというか 本当に世間知らずのお嬢様 
素直で純粋と言えなくもない彼女
きっと宮中に上がらずにいたら 悪い人に利用されることもなく
わがままでも 可愛い人でいられたのかもかもしれませんね。
しかし 婁青薔 しぶといです。
a0198131_1315195.jpg

官窯の開設の功績で六品司衣になって
さっそく大理寺に父の殺害事件の再審の訴えた貞
すごく駆け足で あっさりした父の敵討ちでしたね。
姉妹の関係が壊れなくて良かったけど きれい過ぎな気もします。
a0198131_1324714.jpg

そして貞の出生の秘密です
この様子だと 皇太弟妃にふさわしい高貴な気分ってことなのかな?
出生の事で悩む貞に 自分のことを話し励ます沈嘉彦(しん・かげん)
貞の劣等感を見抜き 的確にアドバイス 
好みの容姿の俳優さんだった間違いなく メロメロかもなぁ~。
沈嘉彦と沈嘉敏が似てない理由も分かりましたね。
兄として心から慕ってくれた妹が 可愛かったんですね~

a0198131_13113890.jpg

「でも君が私の女だと誰もが知った今…(ただ皆に君が私のものだと知られてしまった今)」
「誰が誰のですって?(やめてよ あなたのものって…)」
「私が君の男だ(私が君のものだ)」
35話でのこの会話からわかるように
高湛は貞にメロメロですね~
それにしても いつも譲歩しているのは高湛の方じゃないかしら?
ちょっと可哀そうになってきたけど べた惚れなのでしかたないか(笑)
貞の強情すぎる部分が少しだけ気になっていたので 
高湛が血を吐いて倒れた時 
陸貞を呼び出した貴妃の言葉(「皇后になるには何かを捨てねばならぬ」などなど)
貴妃がきっぱり諭してくれて ちょっとすっきりしました
(幽閉はやり過ぎだけど)
a0198131_1313088.jpg

でもまぁ 貞が強い意志の持ち主だから 出世していくのであって
それに 皇太弟にふさわしい女性になるための唯一の方法だから頑張っている というのもあるのでし
頑張れ!貞 と応援して観れてます~♪


a0198131_1335538.jpg

37話38話 高湛は罠に嵌められ 
催淫作用のある依蘭香のせいで 碧と一夜を過ごしてしまいましたね~。
貞が可哀そうというより 高湛が可哀そうと思ってしまう私です
落ち込む貞にアドバイスする妹の言葉
やはり貞の悲しみは 妹の経験したことより まだマシなのでしょうね。
貞もそう感じたから 仕事にもどったのでしょう。
38話最後 碧が身ごもったと言い出しました。
一夜を過ごした時から 絶対 碧は 妊娠しました!と言い出すだろうと思ってましたよ
さてさて どうなる?
婁青薔は今回も碧も犠牲にして 生き残るのかな?

by jiyong-xg | 2014-10-24 13:08 | 後宮の涙