人気ブログランキング |

華ドラ「始皇帝 勇壮なる戦い」全体の簡単な感想♪

a0198131_2347416.png

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
中国歴史ドラマ「始皇帝 勇壮なる戦い(原題:大秦直道)」 全45話観終わりました♪
まずはキャストを






a0198131_22483213.png
呉京安→蒙恬 役 秦の将軍 
<秦の直道>の建設の責任者 彼が主役なのじゃないかと私は思います





a0198131_22501789.png
冦世勲→秦始皇 役 
このドラマの始皇帝は かなりまともです。
暴君的な要素もありながらも
人間味あふれる人物として描かれているのが新鮮でした。



 
a0198131_22513293.png
楊冪→魏霊児(霊公主)役 
蒙恬の部下の魏青山の娘 
このドラマのヒロインです





a0198131_22532425.png
畢彦君→趙高 役 秦の中車府令  
趙高のずる賢い感じは かなりイラつきます





a0198131_22544453.png
張子健→李斯 役 秦の丞相  
アホな息子のせいで趙高の言いなりになる父でした






a0198131_22551812.png
叢珊→玉娘、胡姫 役  
始皇帝の寵妃 胡亥の母 





a0198131_22563976.png

任天野→冒頓 役 匈奴の太子 








a0198131_22591065.png
程皓楓→扶蘇 役 始皇帝の長子 
彼の容姿はわりと好みのなので
そういう意味では楽しめました。







a0198131_2325393.png
李源(李東学)→蒙毅 役 秦の廷尉 蒙恬将軍の弟 
「宮廷の諍い女」を見た方はご存じの李東学です。
彼後半は主人公といっていいと思うほど 活躍します



a0198131_2341493.png
沈泰→胡亥 役 始皇帝の末子
期待通りに趙高に利用されるアホな子です





a0198131_2385927.png

張璇→李賢 役 李斯の娘 扶蘇の妻






a0198131_2395348.jpg

馬強→大貴 役 蒙恬の部下 やがて養子になり蒙達と改名







a0198131_23115087.png
周藝華→韓騫 役 蒙恬の部下 趙高の手先






a0198131_23122355.png
蘇徳→頭曼 役 匈奴の単于







a0198131_23303625.png

姜世卓→李由 役 李斯の息子









烏蘭其其格→満珠 役 匈奴太子・冒頓の妃
狄剣青→蒙武 役 蒙恬の父
劉小渓→韓成、趙成 役 韓騫の部下 
娜拉→伊丹大師 役 匈奴の祈祷師
趙中偉→魏青山 役 魏霊児の父 蒙恬の部下
馬精武→王綰 役 秦の丞相
劉興盛→呂班 役 呂不韋の親族 商団
蒋婧→喬女 役 淳干越の娘
関景利→淳干越 役 儒者
王海平→高漸離 役   
張栄生→徐福 役 方士
索燕→大貴母 役
牧人→阿莫里 役 冒頓の部下
薩日娜→銀玳 役 匈奴の公主

a0198131_2322256.jpg

始皇帝が六国の中で最後に残った斉を滅ぼし、中国統一を果たすも近隣諸国からの侵略など争いは絶えることなく続いていた。食料なども交通不便のせいで戦場に届かず、秦軍は大きいダメージを受け国の存続も危ぶまれる中、始皇帝は帝国の存続をかけ様々なこ国策を講じるが、どれもうまくいくことはなく次なる秘策を案じていた。そこで大将蒙恬(もうてん)・蒙毅(もうき)兄弟は新たな国防衛策として咸陽から辺境までの道建設を始皇帝に進言する。だが宦官趙高(ちょうこう)と大臣李斯(りし)は阿房宮と始皇帝陵の建設で資金と労働力が不足してりる理由、激しく反対される。繰り返しの奏上と幾多の曲折を経た後、秦帝国の壮大になるプロジェクト秦直道建造が始動することになるが・・・。(HPより)


以下特に大きなネタバレなしの簡単な感想

a0198131_23224451.png

このドラマ「始皇帝 勇壮なる戦い」なんて タイトルがついていますから
始皇帝が国を統一するまでのお話のように思えますが、
原題は「大秦直道」
国防のための道路<秦の直道>の建設お話をメインテーマとして 
秦の統一後から滅亡直前までのお話が語られています。
邦題も含め 日本の宣伝は始皇帝が主人公のようになっていますが、
最後まで観てみると それはちょっと違うように感じました。
<秦の直道>の建設を進言し 責任者になる蒙恬将軍を筆頭に
直道の建設に賛成し邁進する人たちが主役と思いました。
a0198131_23232687.jpg

私はこのドラマで初めて<秦の直道>を知ったのですが、
私と同じような方の為に このドラマの冒頭の言葉を貼り付けますね。
a0198131_23592883.png

“秦を横断する長城と縦断する直道!”
万里の長城にも劣らぬこの偉大な“秦の直道”は現代に残る貴重な古代の街道の遺跡である
“人類最古の高速道路”とも呼ばれ 万里の長城や兵馬俑と並び称されている
直道について“史記 秦始皇本記”に記されている
“九原から雲陽まで 山を掘り 谷を埋め 直道の道を開いた”
この2千年前の高速道路は 内モンゴルの包頭市から オルドス市を縦断し 秦の都・咸陽へと続く
全長は約900キロ 道幅は平均30メートル 広い場所では80メートルに及ぶ
秦の大将軍蒙恬が30万人を動員し 2年半を費やして建設した
“南北を一直線に貫く道”これが直道の名の由来である 

a0198131_2323473.png

ドラマチックな胸キュンLOVE史劇を求める人には 地味に感じて楽しめないかもしれませんが、
道の建設を通して 秦が滅びていく様子が描かれるのは新鮮で 私は 結構楽しめました。
<秦の直道>の建設に着工に至るまでが長くて  
確かに中だるみはあったけど、
観て良かったと思ってます。
私の満足度は ☆3(満点は☆5 ☆3は普通に楽しめたという意味)


なぜ今このドラマを観たのか ですが
今年中にはピーター・ホー様の「項羽と劉邦」をみようと思っていて、
このドラマをより楽しむために 始皇帝の時代を復習しようと思ったからです。

a0198131_23241883.png

a0198131_2325996.png

a0198131_23254468.png

 

紀元前209年直道はついに完成した
全長1800里の街道が 秦の都 咸陽と北方の辺境地帯を結んだのだ
時と共に 直道沿いには 町や村ができ 栄えた
商人の往来が絶えることはなく 
清代に至るまで その役割を果たしていたのだ
今日 直道は現代の交通網に取って代わられた
だが周辺に住む人々は 今も直道を造った功労者に思いをはせる
はるか昔の物語が 当地の人々の間で語り継がれているのだ
直道は単なる街道ではない
万里の長城や 京坑大運河のように 中国人の誇るべき遺産となった
2千年後の現代も 直道は往事の姿をしのばせている 
そして 古代の人々が成し遂げた偉業を今に伝えているのだ
 
 

by jiyong-xg | 2014-09-18 23:28 | 始皇帝 勇壮なる戦い