人気ブログランキング |

華ドラ「シンデレラの法則」簡単な感想♪

a0198131_2342596.jpg

華ドラ「シンデレラの法則」 原題→S.O.P女王、勝女的代價 
製作:2012年 台湾・中国 全30話
脚本→好故事編劇工作坊   監督→張博昱(チャン・ボーユ)
製作:2012年 台湾・中国
a0198131_23434454.jpg

陳喬恩(ジョー・チェン)→林暁潔(リン・シャオジエ)役 ハイユエ百貨店に勤めるOL


a0198131_23442690.jpg

張翰(チャン・ハン)→湯駿(タン・ジュン)役 上海のホァンハイグループ御曹司

a0198131_23445935.jpg

張檬(チャン・モン)→曾楚楚(ツォン・チュウチュウ)役  ホァンハイ勤務 取締役の令嬢 

a0198131_23451736.jpg

高以翔(カオ・イーシャン)→高子斉(カオ・ズーチー)役 ハイユエグループ御曹司(次男)

a0198131_23454655.jpg

蒋怡(ココ・チャン)→白季晴(バイ・ジーチン)役 台湾トップモデル



明道(ミンダオ)→アダム役 タン・ジュンの親友
夏于喬→李佳宜(リー・ジアイー)役  林曉潔(リン・シャオジエ)の親友 同僚
杜若溪(トゥ・ルオシー)→湯敏(タン・ミン)役 湯駿(タン・ジュン)の姉 ホァンハイの部長
白雪(バイ・シュエ)→湯蘭(タン・ラン) 役 皇海会長 湯駿と湯敏の母
聶雅亮→曾董 役 楚楚の父 皇海の取締役

29歳のシャオジエ(ジョー・チェン)は、台湾屈指の大手百貨店に勤めるOL 懸命に働けばチャンスが掴めると信じて 3年が過ぎたお今も任されるのは雑用ばかり そんな中出張先のロンドンでトラブルから救ってくれた謎の青年ジュン(チャン・ハン) インターネットで知り合ったメール友達“トム"との出会いをきっかけに、自分の夢や仕事と向き合う決心をする。しかし ひょんなことからイケメン御曹司ズーチー(カオ・イーシャン)と働くことに 礼儀知らずで高慢なズーチーに反発しながらも しだいにひかれていくシャオジエ さらにジュンが上海の百貨店の社員として現れて…(HPより)

華ドラ「シンデレラの法則(原題→S.O.P女王、勝女的代價)」見終わりました♪
以下多少ネタバレで短く感想





a0198131_23485589.jpg

ヒロイン・林暁潔(リン・シャオジエ)が2人の御曹司との出会いをきっかけに
仕事も恋も掴みとっていくサクセス&ラブストリーといったところでしょう
普通に面白かったのですが、
古臭いと感じる演出が所々にあって それが少し残念でした。
a0198131_23492319.jpg

でも陳喬恩(ジョー・チェン)は 可愛かった♪
彼女 表情豊で とにかくチャーミング
正直言えば好きなタイプの顔立ちでないのですが このドラマでも可愛~なぁと思わせてくれました。
ただこのドラマのヒロイン アラサー女子の仕事における悩みみたいなものは、リアルに繊細に描かれてないので、あくまで ラブストーリーで成功物語なのだなと思います

a0198131_23494092.jpg

お初の張翰(チャン・ハン)君 
華流明星にしては あっさりめな容姿で 時代劇の扮装似あいそうですね。私は結構好きでした
彼演じるタン・ジュンの成長物語とも言えるので 大人の男カッコよさ というのでなく
見守り王子を優しく見守るドラマかも♪

a0198131_23541798.jpg

序盤はなかなか面白くみたのですが
中盤本格的に上海へ話が移ると上海御曹子タン・ジュンがメインになり 
一時的に台湾の御曹司ズーチーが出てこなくなるのですよ。
ジュンの男としての成長物語にも見える展開 
2人の男子でバトルがもっと見たかったし、
それに上海でのジュンとジャオジエのすれ違いは 説得力なくてちょっとイライラしてしまいました。
上海でのライバル女子は ジュンを慕う上海の女の子曾楚楚(ツォン・チュウチュウ)に変わります。
このお嬢様 恋を掴みとる為に自分で積極的に動かないんですよね、
父任せなのでイラつきます。
ズーチーを振り向かせる為に必死な白季晴(バイ・ジーチン)のほうが
まだ恋する女の悲しさが伝わってよかったと思えた。 
娘の楚楚(チュウチュウ)に為いろいろ仕掛ける父もスマートさに欠ける単純な悪役なので…
残念でしたね
でも最後は ハッピーエンドなので まぁ終わってみれば良かったです

私の満足度は☆3(満点は☆5 ☆3はまずまず合格点)

by jiyong-xg | 2014-08-14 23:54 | 華ドラ あ~さ行