人気ブログランキング |

「イタズラなKiss~Love in TOKYO」第10話♪後半

a0198131_011138.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「イタズラなKiss~Love in TOKYO」第10話
とっても素敵で大興奮の後半です♪
今回トップの画像は入江君のお部屋です。





「イタズラなKiss~Love in TOKYO」第10話 雪の夜の告白の後半


マンション到着
a0198131_0115278.jpg

玄関できょろきょろする琴子
「ジロジロ見んなよ」
<これが入江君が住んでる部屋>
☆そりゃ~見ちゃうよね 私もかなり細かくインテリアチェックしました。
さすが社長令息 綺麗な部屋ですね。
あの入江君なら家庭教師でかなり稼いだ という事にしておきましょう。

           <私今 入江君の部屋に2人きりでいるんだ>

a0198131_0124677.jpg

「この部屋松本さんも来たの?」
「いや お前が初めて」
嬉しくて微笑む琴子
ドアを閉めて コートを脱ごうとする琴子
「冷えただろ シャワー使う?」
a0198131_013644.jpg

☆シャワーという単語にびっくりの琴子

「入江君 お先にどうぞ」
「俺は後でいいよ」
a0198131_013378.jpg

入江ママに電話しなきゃ と言って入江君に先にシャワーを勧める琴子
☆シャワーという言葉に過剰反応する琴子(笑)たぶん反応を楽しんでいるご様子の入江君です 
入江くん先にシャワーを浴びに行きます

a0198131_0135511.jpg

<彼はシャワーを浴びていて そしてこれから2人きりの一夜が そりゃ入江家で一度そんなこともあったけど、今度はわけが違う だってこの部屋 ベッドが一つしかないんだもん!>
a0198131_0141998.jpg

「あたしこんな時になんてこと考えてるの もう~」

a0198131_0154739.jpg

シャワーから出てきた入江くん 琴子に着替え用に自分の家着を渡します。
シャワーへGOの琴子
☆お風呂でて すぐに読書し始める入江君 
ただ単に本が好きなのか それとも女の子と2人きり本がないと冷静でいられないのか?

a0198131_0175194.jpg

入江君のシャンプー 入江君の石鹸 入江君のタオル 
大興奮の琴子さんでした 

a0198131_0183741.jpg

「お風呂頂きました~」
☆ブカブカなのが可愛いですね。

「ああ おれそろそろ寝るけど」
「そうね じゃああたし、この辺りで寝るから、入江くん、どうぞベッド使って」
「そんなの当たり前だろ」
「え?普通女の子に『何言ってんの 俺ここで寝るから 君ベッド使いなよ』とか言わない?」
「冗談だよ、ベッド使っていいよ」
「えっ いや それじゃ申し訳ないから」
「自分で言いだしたくせに どっちだよ いいからさっさと寝ろよ」
「えでも」
「おやすみ」
琴子をベッドに寝かせて 自分は床で寝る入江君
a0198131_0193172.jpg

真っ暗じゃいと寝れないとか 言いつつ 琴子の為小っちゃい電気つけてあげる入江君 
「ねえ」
「今度は何だ」
「入江くん、やっぱり寒くない?」
「寒いに決まってんだろ」
「あたし やっぱり下いくよ だってここ入江君家だしさ」
「いいからもう寝てくれよ」
「でもだって申し訳ないし 冷たいの…」
「わかった」
と入江君起き上がり
「俺もそっちに行けばいいんだろ」
「えっ?」
入江君立ち上がりベッドに近づく
「私、床に 下に…」と慌てふためく琴子に。
「いいよ、こうしたらお前も静かになるだろ」とベッドに入り 琴子に背をむけ寝てしまう入江クン
「おやすみ」
a0198131_0201241.jpg

琴子 入江君の背中を見つめ ニタニタ(笑)

a0198131_0203652.jpg

<私ったら、何を期待してるんだろう。裕樹くんがこんな時に…あたりまえじゃない>と心でつぶやく琴子
「おやすみなさい」
<でも女の子とひとつのベッドで何もしないなんて…ただ私に女としての魅力がないだけなのかなぁ。そうか、そうだよね」と入江君に背を向け寝ようとする琴子。
「落ち込んでる?」と入江くんが尋ねます。
「俺が何もしないから、お前落ち込んでるだろ」
「落ち込んでなんか…」
a0198131_0205820.jpg

「俺、おふくろの思いどおりになりたくないんだ。今日お前がここに泊まりに来たことをおふくろが知って。それで何かあった!なんていうことにでもなってみろ。あの人の思うツボだろ そしたら俺、一生あの人の思い通りにされちまう」
【琴子ちゃん お兄ちゃんの部屋に泊まったの♪まぁ♪】と入江ママの姿が思い浮かぶ琴子
a0198131_022041.jpg

「なんとなく、わかる」
「だから家族にもこの家の住所教えなかったんだ」
「そうだったの」
「おふくろって、あんなんだろ?もし住所教えたら、合鍵作って毎日押しかけて 三食作って置いていきそうだもん。それじゃ一人ぐらしの意味ないからさ」
「一人暮らしの意味?」
「うん あのままずっと家に居て、大学出て、親父の会社ついで、本当にそのままでいいのかなって思って。それじゃ親の敷いたレールの上で生きてるだけじゃん。それが本当にやりたいことならいいけど…わかんなくって…。だから自分がやりたいことを見つけるために、自分の力だけで生活してみたいって思ったんだ」
「そういえば…入江くんお台場で言ってたもんね。何の苦労もない人生より、あえて試練に立ち向かった方が面白いって思うようになったって」
「まぁね」
「じゃあ一人暮らし始めたのは、私を避けるためじゃなかったんだ」
「なんでそんな事の為に ここまでめんどくさいことしなきゃいけないんだよ。一人ぐらしって結構大変なんだぜ。今まで実家でどれほど甘やかされたきたか思い知らされたよ」
「そっか」
「でも、そのせいでこんなことになって…今まで俺、お前に迷惑かけられっぱなしだったけど、今日は俺が迷惑かけちゃったな」
「そんなこと、私はそんなことくらいしか出来ないから。入江くんは天才だから何でもできちゃうけど、 今日病院で思ったんだ。人の命って一瞬の判断に掛かってるんだって。ちょっとしたことで簡単に治せるものも治せなくなっちゃう。それくらい人の命ってもろい物なんだなって」
「俺も怖かった…今まで命なんて神さまが決めたもんで、人にはどうにもできないと思っていたから」
a0198131_0224543.jpg

「でも入江くんにはどうにかできちゃいそう。いろんな薬発明したり、お医者さんになって、病気ペロって治したり。 入江くんには、いっぱいいろんな可能性があるんだよね。その可能性を見つけるために一人暮らししたんだよね」
☆褒め上手ね琴子ちゃん♪
a0198131_0231470.jpg

「どんなに可能性があっても、何をやりたいのか分かってなかったら、意味がないから…。今まで何をやっても余裕があった。逆にいえば暇だったんだよ。忙しくなってみて、自分にとって大切なもの、興味があること 少しずつだけど分かってきた気がするんだ。」
zzzzz~琴子の寝息が聞こえてきくる
a0198131_024352.jpg

振り返り琴子と寝顔を見つめる入江くん
「お前って、ホント、大事な時にこうだもんな…」
a0198131_0245819.jpg

☆この状況で寝てしまう琴子はホントすごいです。(笑)
でもまぁ裕樹君の急病という大変な日でもあったし、
入江君がいろいろ正直話してくれて 今まで不安だったことが解消されて 安心したのでしょうね
嬉しすぎてエネルギー大量消費したのかも(笑)
古川君 の話し方も表情もすごく良かったです


翌朝入江君が目覚めると 琴子の姿はなく 
コーヒーが煎れてありその横に置手紙がありました。
a0198131_0251725.jpg

【先に裕樹くんの病院に行ってます。よかったらコーヒー飲んでね。PS,昨日 たくさん話したね。ありがとう♪琴子♪】
a0198131_0254154.jpg

a0198131_026393.jpg

☆いろいろ話せて 良かったと入江君も思えたようです。
いろいろ話して後悔する場合もあるのでね。
入江君にとって 安らげる存在だよね♪ ほっとしたよね♪



入江夫妻と琴子パパ帰宅
さっそく裕樹君の入院の準備をするママをパパが呼びにきます。
家の中は出かけた時のままで 琴子の姿もない
ママ「もしかしたら お兄ちゃんの家とか」
パパ2人同時に「まさか!?」
a0198131_032846.jpg

「ありうるわ 極限状況だったからこそ2人はついにお互いの気持ちに気が付いて♪きゃあん♪」


a0198131_0323499.jpg

病院看護婦さんから裕樹君の様子をきく入江君
病室に入ると 寝ている琴子
「あらあら疲れがでちゃったみたいですね 起さないでおきましょうね j可愛い彼女さんですね 私もこんな頃があったなぁ~ イ リ んんっ それじゃごゆっくり」
「ありがとうございます」
☆前代の琴子を演じた佐藤藍子さんが看護婦さん役で登場
こういうのずごく贅沢ですよね。役名は入江藍子でした~

a0198131_0331555.jpg

a0198131_0333125.jpg

琴子が目覚めると入江君が病室に
「入江君」
「裕樹寝てるね」
「昨日苦しんでたのが嘘みたい 先生もすぐ退院できるでしょう って」
「そうか ちょっといい?」
と入江くんについていくと屋上に
「気持ちいい~♪」
「なぁお前 俺のこと好きだとかばっか言ってるけど、俺の気持ち、わかってるのか?」
「入江くんの気持ちって わたしのことなんて眼中に無い…って感じで」
「ば~か、違うんだよ」
a0198131_0335554.jpg
入江君が琴子にキス
自分の声で目覚める琴子「何だ 夢か」
☆これは夢なのね

「お~ごめん 起しちゃった?」
何だか不思議そうな視線で琴子を見つめる裕樹君
「どうしたの裕樹君 顔赤いよ もしかして熱上がった?」
「なんでもない 余計なことすんな それよりそれ」と裕樹君ベッドにおいてある花束を指します。 
「どうしたの これ?」
「お兄ちゃんがお見舞いにって持ってきたんだ お前が寝てる間に」
「そうなの起してくれればいいのに!大学行くって すぐ出ってたから」
「そっか 綺麗~じゃあ私花瓶に花いけてくるね」花瓶を持って出ていく琴子
裕樹君自分のほっぺをつねってみます
「痛い! やっぱり夢じゃないんだよな…」
a0198131_0345576.jpg

a0198131_0351156.jpg

a0198131_0353570.jpg

a0198131_0355236.jpg

a0198131_036987.jpg

a0198131_043119.jpg

a0198131_0375598.jpg

a0198131_0381038.jpg


「お待たせ~ ねえ見てこの花 すっごい綺麗だよ さすが入江君だね センスがいい う~んいい匂い」
a0198131_038358.jpg

☆何もしらない琴子 入江君のお花さえ 褒めまくり(笑)

第10話は本当に濃い内容でしたね。
金ちゃんのカッコよさも
入江君の正直な告白もな
2回目のキスも 
何から何まで大興奮なjiyongでした。

by jiyong-xg | 2014-04-14 00:44 | イタズラなキスLove inTOKYO