人気ブログランキング |

中国ドラマ「水滸伝」全体の簡単な感想♪

a0198131_004289.jpg



ドラマ「水滸伝」全86話
プロデューサー→王崗(ワン・ガン)監督→鞠覚亮(ジュ・ジャオリァン)
脚本→温豪傑(ウェン・ハオジェ) アクション監督→国建勇(グォ・ジェンヨン)
音楽→周志勇(シエ・ジーヨン)
キャスト
張涵予 王建新 李宗翰  景崗山 胡東 晋松 康凱 韓棟 安以軒 呂良偉 李子雄 周明汕 
百八星のキャスト(画像あり)の詳しいものはこちらをクリック→☆☆☆


『三国志』『西遊記』とならび“中国三大名著”に数えられる『水滸伝(すいこでん)』
天命に導かれ、湖畔の要害“梁山泊”に集まった百八人の英傑たちを描く壮大な物語である。
今から千年前、北宋末期 八代皇帝・徽宗(きそう)による朝廷は腐敗が進み、悪徳官吏が横行する望み亡き時代に突入していた。その私利私欲の限りをつくす奸臣の中でも東京開封不府の権力者高俅は絶大な力を誇っていた。しかし悪がまかり通る世の中で、義に厚くも世間から弾き出された百八人の英傑たちが立ち上がる。
彼らは四方八百里を水に囲まれた“梁山泊”に結集していた。その百八人のつわもの達を束ねるのが宋江である。元は一介の役人に過ぎなかったこの男が訳あって罪人となり“梁山泊”入りすることになる。“梁山泊”にはかつて高俅に仕え貶められた武将・林沖。忠義を抱き不正を許さぬ晁蓋(ちょうがい)、呉用(ごよう)公孫勝(こうそんしょう)ら男たちも身を寄せていた。一方“梁山泊”の東・青州にある“二竜山”でも腐敗した世の中に不満を抱く魯智深、武松、楊志たちが山賊に身を落としながらも 忠義の精神を抱き勢力を伸ばし始める。
やがて“梁山泊”は“二竜山”と同盟を結び統一。その後も天下無双の豪傑たちが次々と集結し 忠義の精神を世に広めんとする宋江を頂点とした百八人が揃うのである。
百八の星が“梁山泊”に集いし時 天命への道が開かれる。義に厚く武勇と知略に秀でた彼らは“替天行道(天に替わり道を果たす)”の旗の下、弱き者を脅かす悪辣な奸臣がはびこる朝廷とのとの戦いを繰り広げるのである
集結せよ 約束の地“梁山泊”で志を得た男たち!(DVDより)



以下 中国ドラマ「水滸伝」全86話最終回まで観終えての ネタバレなしの全体の簡単な感想




a0198131_0175399.jpg

腐敗した世を力の限り駆け抜けた男たち。
彼らの生き様 死に様を見つめた86話でした。
個性豊かで
短所もたくさんあって 
迷いも失敗も多く
完璧ヒーローではないけど愛すべき男たち 
そんな彼らの泥臭い物語に人間の面白さとパワーを感じました。
a0198131_019453.jpg

a0198131_0182868.jpg

「水滸伝」が民衆の中から湧き上って出来上がった物語からなのだと思うのですが、
今まで観た中国時代劇の中で 一番中国という国の文化を感じられたドラマでした。
時には事の運びに難解なことも多かったのですが、
自分の中に湧き起こる<?ハテナ>を見つめ直し違いを考えることは、また格別な面白さがありました。
a0198131_0193364.jpg
  
ちなみに「水滸伝」の成り立ちの簡単な説明がHPにありましたので貼っておきます。
「三国志演義」「西遊記」とともに中国3大名著のひとつに数えられる。中国、明代の口語体の長編小説。一〇〇回・一二〇回・七〇回の諸本がある。作者は施耐庵、羅貫中ともいわれる。成立年代未詳。宋江(そうこう)を首領とする一〇八人の豪傑が山東省の梁山泊を根城にして官軍に抵抗し、やがて滅びていく物語。「宋史」にも載っている宋江の反乱が、説話や芝居・小説などに脚色されて民間に流布していたのを集大成したもの。



a0198131_020222.jpg

このドラマを経験したことが、
今後の中国ドラマ視聴において、作品をより深く味わう手助けをしてくれると確信しているので、
心から観てよかった!と思っています。
86話と長編なので 
積極的にはお勧めしませんが、
観る価値のあるドラマと思います。
機会があったらぜひチャレンジしてみてください♪
中国という国のパワーの理由がこれを観れば納得できると思います。
a0198131_0204761.jpg

a0198131_02165.jpg

a0198131_0221779.jpg

a0198131_0223514.jpg

by jiyong-xg | 2014-02-26 00:24 | 水滸伝