人気ブログランキング |

中国ドラマ「水滸伝」12話まで♪

a0198131_13524733.jpg


a0198131_13532074.jpg


恥ずかしながら「水滸伝」に関しての知識ゼロです。常識的なことさえしらない有様です。
「水滸伝」を愛する方からするとかなりおバカな発言ばかりだとは思いますが、
初心者ということでお許しいただきたいです。
あくまでこの「水滸伝」というドラマを見ての感想です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
中国ドラマ「水滸伝」第12話まで視聴終了しました

林冲がカッコイイです。
彼の生真面目さが 不器用さが 胸を打ちます053.gif

以下 自分のためのメモ &時々 つぶやき
   (あらすじはHPからのものです)






               
                第7話「林冲、高俅の罠に陥る」
a0198131_1354926.jpg

街で名刀を買った林冲は、刀比べを申し出た高俅の誘いで太尉府を訪れる。だが、武器の持ち入りを禁じられた白虎節堂へ案内された彼は、高俅に捕らえられてしまう。そのころ五台山では、魯智深が飲酒癖と粗暴さから僧たちに煙たがられ、寺から締め出されるが…。

a0198131_13582266.jpg
劉玫麟→錦児 役 林冲の妻の侍女(少し前から登場してますが、忘れたしまっていたので…)









☆魯智深の暴れん坊ぶりはちょっとこまりもの だけど笑える



                   第8話「魯智深、五台山を去る」
a0198131_1412969.jpg

寺の長老に連れられ五台山を下りた魯智深は、街で六十二斤の禅杖を授けられる。かつて武芸に秀で、林冲の師匠でもあった長老は、魯智深に東京の大相国寺(住職・智清)へ行くよう勧める。ところが、大相国寺へやってきた魯智深は近所のごろつきたちと衝突し、大騒ぎとなる。


智真長老(出家前の名は周 )の三人の弟子
   ①河北にいる“玉麒麟”盧俊義
   ②東京にいる“豹子頭”林沖
   ③曾頭市で師範を務める史文恭 

a0198131_1451627.jpg

☆智真長老があれほどの達人とは!御見それしました<(_ _)>
魯智深と林冲が兄弟弟子ってことが後々意味を持つわけですね~。
それにしても魯智深 わざわざ木を引っこ抜かなくても~(笑) 鳥の巣が落ちる~!とツッコミました。


                 第9話「林冲、魯智深と相見える」
a0198131_1461094.jpg

滄州へ流刑となった林冲は、残される妻の幸せを願い離縁。東京を去る直前、彼は武芸を披露する魯智深と手合わせし、腕を認め合った2人は義兄弟の契りを結ぶ。滄州への道中、疲労で倒れ込む林冲。そんな彼を、陸謙に林冲殺害を命じられていた護送官たちが襲う。
a0198131_1481999.jpg
林冲の護送をする男たち。









a0198131_1473864.jpg

☆林冲夫妻が 結婚3年目ということにびっくり。長年連れ添った夫婦とばかり思ってました。
  林冲の危機を救った魯智深に拍手066.gif 




                  第10話「林冲、洪師範を討つ」
a0198131_1413493.jpg

a0198131_14132552.jpg

林冲の危機を救った魯智深は、滄州まで同行。無事に牢城へ着いた林冲だったが、看守への心付けが足りず、独居房送りになりかける。そこへ名士の柴進が訪れたと知った林冲は、銀子を貸してほしいと懇願。だが、柴進の師・洪師範に銀子を取り上げられてしまう。

a0198131_14135324.jpg
黄海氷→柴進 役  小旋風10
      後周の世宗の末裔 
      鉄札を下賜されているため誰もが一目置く
      滄州の牢城で林冲に興味を持ち 話を聞き金を貸す







a0198131_14151410.jpg
関効宇→洪師範 役 柴進の師匠 林冲に勝負を挑む









 
☆魯智深が一人でお寺で大暴れした頃はちょっと苦笑する部分も多かったですが、
 生真面目な林冲と一緒だと暴れん坊な魯智深がかなり可愛く見えてくる♪
 それと滄州の牢城 不利な状況で闘い勝つ林冲!なんてカッコいいのでしょう♪




                  第11話「魯智深、瓦罐寺を焼く」
a0198131_14202470.jpg

洪に勝った林冲は、妻との再会を望みに牢城で生き延びねばと決意する。一方、東京への帰途、魯智深は食料を求めて瓦罐寺へ立ち寄るも、寺は悪僧と悪道士に荒らされ、老僧たちが飢えかけていた。この惨状に怒った魯智深は、再会した史進と悪僧たちを成敗する。


趙海龍→崔道成 役 瓦罐寺で悪さする僧侶(別名 生鉄仏)
高全軍→丘小乙 役 瓦罐寺で悪さする道士(別名 飛天夜叉)
a0198131_14594886.jpg
李小二










a0198131_14215795.jpg

去る柴進に妻への伝言を頼む林冲 
林冲は柴進に借りた金で看守と典獄に付け届けを渡す 
 
瓦罐寺で悪さする崔道成と丘小乙を懲らしめようとする魯智深だったが、空腹で力のでなないためこのままではやられてしまうといったん避難。
休憩しているとそこで史進と再会 史進に食べ物を分けてもらい寺へ再び悪党退治へ向かう 
悪党を退治するも老僧たちはすでに殺されてしまっていて火葬し供養する智深。
魯智深は東京へ 史進は少華山へ 再開を約束し別れる2人 

冬がやってくる滄州の牢城 以前助けた李小二が開く酒店に通うようになる林冲
 
a0198131_14241883.jpg

☆勝っても銀子を受け取らない林冲 彼の生真面目さがわかります。 
  林冲の妻への想いにも(涙)
  再び史進登場♪  意外に史進(韓棟ハン・ドン)さんの登場が多いわ。 
  でもあの帽子にはびっくり!海賊みたい♪
  そういえば李小二って誰?いままで出てきたっけ?見落としたのかしら?




                    第12話「魯智深、桃花山へ向かう
a0198131_1425119.jpg

史進と別れ東京へ向かう魯智深。道中、桃花村の劉太公の娘が、桃花山の山賊へ強引に嫁がされようとしていると聞き、彼は山賊の首領・周通をこらしめる。そのころ、極寒の牢城で馬草の番人に配置換えされ林冲は、妻の幻を見ながら極寒の日々を耐え忍んでいた。

a0198131_14253248.jpg
桃花村の劉太公 盗賊に娘を見初められ困っている









a0198131_14263365.jpg
謝彰→周通 役 桃花山の盗賊 小覇王87










史進の師匠・李忠は、山で偶然会った周通と勝負した縁で桃花山の盗賊の頭領におさまっていた。
劉太公の娘と周通の破談を李忠に頼む魯智深。
李忠と周通に誘われ共に桃花山にしばし滞在し、こっそり下山する魯智深
李小二から看守と典獄を接待し仕事を依頼した東京の男の話を聞いた林冲は、
陸謙が自分を陥れる為滄州にやってきたのだと分かり、身の危険を感じ用心する。
軍の場草場の番に異動させられる林冲

☆林冲~(涙) 妻の幻を見るほど過酷なのね。
 李忠が山賊になっていた!魯智深が留まらなかったのは、山賊にはなりたくないから?
 悪を懲らしめて犯罪者になった魯智深 
 貶められても逃亡はせず正しくあろうとしてる 林冲。
 正義と悪っていったいなんだろう? と考えながら「水滸伝」をみています。 

by jiyong-xg | 2013-12-21 14:53 | 水滸伝