人気ブログランキング |

武侠ドラマ「浣花洗剣録」視聴終了 簡単な感想♪

a0198131_06528.jpg

武侠ドラマ「浣花洗剣録」原作→古龍
スタッフ
プロデューサー・脚本→王品(ワン・ピン)
監督→譚友業(タム・ヨウイップ)、陳詠歌(チェン・ヨンゴー)、何振華(ホー・ジェンホァ)
脚本→趙志堅(ジャオ・ジージエン)、童可欣(トン・コーシン)、陳淑筠(チェン・シューユン)、
徐文雁(シュー・ウェンイエン)、何辛(ホー・シン)
編集→蘇慶儀 音楽→賽夫 衣装→鐘佳妮、胡尭
キャスト
謝霆鋒(ニコラス・ツェー)→呼延大臧 役 白艶燭と霍飛騰の息子
喬振宇(チャオ・ジェンユー)→方宝玉 役 白艶燭と侯淵の息子
鍾欣桐(ジリアン・チョン)→珠児 役 王巓の娘。方宝玉の幼なじみ
伊能静→脱塵郡主 役 大宛国郡主
譚耀文(パトリック・タム)→侯風(紫衣侯)役 侯淵の弟
趙鴻飛(ザオ・ホンフェイ)→木郎神君 役 
計春華(ジー・チュンホア)→白三空 役 白艶燭の父
楊蕊(ヤン・ルイ)→奔月 役 侯風の娘
董志華(ドン・ジーホァ)→金祖揚(酔侠)役
邵兵(シャオ・ビン)→霍飛騰 役
周莉→白艶燭 役 
徐向東→王巓(黄河狂侠) 役 
方青卓→恵覚師太  役

春秋戦国時代―諸侯が覇権を争う乱世の最中、腕の立つ刀鍛冶によって数々の名剣が生み出された。それらは伝説となり、やがて江湖の侠客たちがこぞって探し求める幻の至宝となっていった。
“関外飛鷹”霍飛騰(かく・ひとう)もまた、幻の名剣に魅せられた剣客のひとり。長らく雌雄の宝剣・干将と莫邪を探し求めてきた彼は、遂に荒野に埋もれていた干将を見つけ出す。久し振りに我が家へと戻った霍飛騰を待っていたのは、妻の白艶燭(はく・えんそく)と彼の留守中に生まれた男の赤ん坊だった。期せずしてふたつの念願が叶った霍飛騰。しかし、ほんの束の間、妻と共に喜びを噛みしめた彼は、莫邪を探すため再び旅に出てしまうのだった。そんな霍飛騰の前に、蓬莱の武士・公孫梁(こうそん・りょう)が立ちはだかる。同じ頃、白艶燭のもとには、彼女の父で武林の盟主・白三空(はく・さんくう)を主とする青萍山荘から使いの者が現れ…。(HPより)

以下全体の感想を簡単に
特に大きなネタばれはないです






a0198131_0122026.jpg

中国ドラマに登場する日本人は、いつもかなり微妙で  
不快になることも多々あり… ^_^;
でも逆に酷過ぎて笑っちゃうこともあったりします。
このドラマも<日本人が登場する>らしいことは知っていたのでちょっと不安ありで観始めました♪
主人公の一人 呼延大臧(ニコラス・ツェー)が蓬莱人の師匠に育てられる設定。
蓬莱人?何?と思ったけど
衣裳やらセットも日本風 日本語も手紙でつかわれていたので  蓬莱人=日本人 という事のようです。
もちろん想像していたように衣裳や髪型はかなり変ですが、
武士としてリスペクト感アリで描かれていて(日本人からみれば微妙に違いますけど)
こんな風に日本人を描くのね!と面白がって見れた部分が大きく、不快な気分になることもなく最後まで見れました。
a0198131_012494.jpg

物語の方は、途中から大きく方向転換し 
どっちに行くんだ? あの話はどうなった?と何度も思いながらも 
恩讐の行方や愛憎劇が気になり 最後まで結構面白く見てしまいました。
a0198131_0131858.jpg

それに武侠ドラマにしては LOVE度が高いというか
4組の男女のLOVEが濃厚に描かれて 
途中からはもうお腹いっぱいです!と言いたくなるほどでした(^_^;)
a0198131_0134368.jpg

私は呼延大臧(ニコラス・ツェー)君の
無口だけど時にしれ~と愛を大胆に表現する感じが、少し萌ツボを押したので 結構楽しめたです(笑)

評価どうしようかな~と悩んでしまいます
☆3☆4 
決められないので後日記入します。

by jiyong-xg | 2013-09-20 00:18 | 浣花洗剣録