人気ブログランキング |

韓ドラ「根の深い木」見始めました♪第6話まで

韓ドラ「根の深い木」見始めました♪第6話まで_a0198131_084615.jpg

華ドラに萌えつきた夏が過ぎて 
ただ今韓ドラ愛がmaxなので引き続き韓ドラ祭り続行決定♪
「ブレイン」に続き何を見るか悩んだのですが、長編ではなく20話前後の時代劇がいいなぁ~と思い
思い出したのが見た方の多くが絶賛する「根の深い木」
私も「根の深い木」の世界を体験することに決定!
韓ドラ「根の深い木」見始めました♪第6話まで_a0198131_091174.jpg

韓ドラ「根の深い木」キャスト
ハン・ソッキュ→世宗セジョン(イ・ド)役 朝鮮第4代王
ソン・ジュンギ→青年時代のイ・ド役
チャン・ヒョク→カン・チェユン役 元の名はトルボク   兼司僕(キョムサボク)
シン・セギョン→ソイ役 元の名はタム   広平大君(クァンピョンデグン)付きの女官
ペク・ユンシク→太宗(テジョン) 役 イ・バンウォン 朝鮮第3代王
冒頭あらすじ
1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗イ・ドが即位したが、軍権を中心に実権は前王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていた。王権強化のため有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑する。シム家の使用人の息子のトルボクは、幼なじみのタミと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。月日は流れ、1446年。イ・ドが父を殺した張本人と思い込んでいたトルボクは、カン・チェユンと名を変えて、イ・ドへの復讐を胸に武官として宮中に勤務する。その頃、宮中では、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起こっていた(HPより)

以下感想というよりはつぶやきです





「大王世宗」を見たし、
その時歴史は少し調べたから大丈夫と思い下調べもせず見始めたのがダメだったわ。
忘れてしまっていた 年ですかね…(^_^;) 
歴史の流れをすっかり忘れてしまっていて、少し頭が混乱。

朝鮮第3代王太宗のことを分からないと物語を理解できない部分が多いなぁ~と思い、
李成桂の開国から世宗即位までの歴史をネットで復習。
いろいろ細かく解説して下さってる方も多く 読み比べながら頭を整理。
そして視聴再開し 第6話まで見ました。
韓ドラ「根の深い木」見始めました♪第6話まで_a0198131_095973.jpg

世宗がソン・ジュンギ君からハン・ソッキュssiに代わり
本格的に物語が動き出した所ですが、ようやく面白くなってきました~♪
まだまだ全体像が見えてこないんですよね。
でもようやくおぼろげに見てえてきた王の文字創製事業 
連続殺人と密本 
王への復讐を心に秘めたチェユンと王の傍で王の苦悩を見てきたソイ 
この2人は互いの本名を知ったらどうなるかしら?
王の文字創製事業にかける思いがチェユンに伝われば復讐心は消えるかしら?
トルボクはいつ父の遺言を読めるのかしら?
ハングルを創製する王に対し、文字創製を受け入れられない重臣たちも出てくるのかな?
密本と王の目指すものは 共に行ける気もしますが…
文字創製を密本が知ったら反対なのかしら?
とにかくこの先どう展開するのか すごく楽しみです♪

by jiyong-xg | 2013-09-10 00:10 | 根の深い木 世宗大王の誓い