人気ブログランキング |

台ドラ「イタズラな恋愛白書」第12話まで♪

a0198131_22251095.jpg

台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書~In Time With You~(我可能不會愛你)」
オリジナルバージョン第12話まで視聴終了。

「我可能不會愛你」の世界に浸っております。
私がいかにこのドラマにはまっているかは、<自分のためのメモ>の細かさをみればわかるはず。
これがどれくらい時間がかかってるかは、ブログを持っている方にはすっかりバレテルと思うと、
かなり恥ずかしい(笑)

「イタズラな恋愛白書~In Time With You~」ってタイトルへの違和感はひどくなる一方で、
原題をそのまま訳せばよかったのにね。ホント残念(涙)

私はオリジナルバージョン(各話80~90分で全13話)で見ているのですが、
1話ごとに
最初に<老化の症状>の格言(?)で始まり、
最後に<大人の女性>の格言で終わるんですが、
連続ドラマですが各話それぞれにテーマがあってやんわり区切りがある作り方で、
それがとてもいいのですが、
日本の放送用の45分編集されたものでみると、見た印象多少変わるのかもしれないと思いつつ見てます。




以下 自分のためのセリフのメモ 感想ではありません(ネタバレ)





第11話
a0198131_22253077.jpg

<なぜこんな答えなの。考えてみた?確かに考えたわ。だけどそもそもこの答の問いは、成立
しなかった>
『誤解すんなよ。好きにはならない』
『ありがとう。光栄だわ』
<疑問が成り立たないのに答えを求められる?>
『最悪転学すればいい』
『部外者は黙ってて』
<やっとわかった。疑問さえ湧かない程又青と李大仁の関係が。どうかしてたのよ>

a0198131_22255525.jpg

「私も昔は美少女戦士になりたかった」
「なれたの?」
「しりたい?結局なれたのは、問題ばかり起こしてるちびまる子ね」

<見送りに行くべきかな?>
a0198131_22271820.jpg

「何で…」
大仁をパンチ
「もう隠し事はない」
「うそつき」
「出発は今日だと伝えただろ。シンガポールの住所も電話番号も」」
「私が好きって隠してた。私は当事者よ。なぜ黙ってたの。ずっと言わないつもりだった?なぜ好きになったの?なぜ私なんか…あんまりじゃないの」
「ごめん」

<ダメよ。このままじゃ失ってしまう。一番の友達を。だから まる子のようにとぼけさせて>

a0198131_22282220.jpg

a0198131_2228467.jpg

「どこだ」
「ごめんね。寝坊しちゃった」
「気にするな」
「丁立威が引き留めたから。でも友情は固いでしょ。だから私を責めないわよね」
「君は恋人を優先するタチだもんな」
「そんなことない。友達は大切にしてる。手続きは終わった?搭乗は?」
「15分に」
「…  ねえ知ってる?あなたは私の親友よ。この世で一番大切な友達だわ」
「今さら何だよ」
「そうね。言わなくても分かってる事だわ。だからこれが最後。もう言わないわ。じゃあね。」
「バイ」
<永遠にさようなら。元気で。この世界であなたのような人は二度と現れない。大切な大仁。私を許して。会う勇気がないの。大切なあなた。私を信じて。友情は愛情よりもずっと固い絆で結ばれてる>


シンガポール赴任を断る又青

a0198131_22294460.jpg

「なぜ彼がシンガポールにいるとダメなんだ?」
「同じ街にいたら会わないわけににはいかない」
「会えばいい」
「私を好きって分かったのにどんな顔して会える?気まずいわ」
「君にバレてると彼はしらない」
「でも彼の気持ちを知ってる。私が気まずい」
「ヘンリーなら大丈夫だろ?」
「別れたもの」
「ヘンリーがまだ君を好きなら気まずく感じる?」
「いいえ」
「どうして?」
「私は愛してない」
「ビンゴ」
「何が?」
「君の気持ちが問題ってことさ。仕事を諦めてまで距離を置く。答えは明白だろ」
「私が大仁を好きってこと?」
頷くニック
「自分の好きな人くらい分かる」
「君は怖がってるんだよ。本気っで愛してしまうから。だから愛さないようにした。でも彼の気持ちを知り、今までのガードが壊れてしまった」
<愛さないよう努力した。でも失敗したの 愛さないよう努力した だから愛さないようにした> 
a0198131_2230593.jpg

<親愛なる程又青 最高の夜景を見ながら一杯やらないか こうして俺は新しい生活を模索し始めた>
a0198131_22312810.jpg

<こうして私はいつもの生活を続けていた>


a0198131_22315317.jpg

グレースが部長就任
<なぜよりよって彼女なの?>
携帯を手にする又青
<相談する癖を直さなきゃ。頼っちゃダメ>


a0198131_22323299.jpg

a0198131_22344320.jpg

「また財布を?こうなることを予想した彼氏から、赴任前にお金を預かってる。安心してくれ。」
「彼氏じゃなの。彼は一番の友達なの」


「すまない嫉妬して」
「謝るのは私の方よ。仕事のことで不機嫌になってたの」
「俺に話してくれないか?」
「私をそりの合わない同僚を社長が部長に就任させたの」
「転勤を断ったからか?」
「私の決めた事だけど、やっぱり割り切れないの」
「嫌ならさっさと辞めればいい。靴を売っても先は見えてる」
「つまり私の仕事は先がないと?」
a0198131_22354383.jpg

【みんなわかってない。君は誰より仕事に対して真剣だ】
「仕事のしすぎだろ。辞めたあとに好きな仕事が見つからなくても充電中と思えばいい。給料は出す」
【君の哲学は、仕事から達成感を得ることだろ。違うか?】
「ても…」
「頑張りすぎだ。仕事で顔色をうががったり我慢するな 俺がいる」
【永遠に応援する】
「だから意味のない事で落ち込むな」
【頑張れ】
「安心して明日には元気になってる」 
【それでこそ君だ】
「安心したよ ずっと疑うところだった てっきり李大仁の件でふさぎ込んでると」
<世界中を騙せても自分はだませない。私はふさぎ込んでる。なぜなら一番の友達が恋しいから>


a0198131_22362375.jpg

「はっきり話したら?なぜその答えが需要なの?」
「あの日は飲みすぎたから聞き間違えもあり得るわ。勘違いで彼と気まずくなるのは嫌なの。会うのも恥ずかしいでしょ」
「気まずいのが嫌なら誤解だと思えばいい」
「どういう意味?」
「気まずくなくなるわ」
「マギー 李大仁は私にとって大切な友達なの。だからもう少しマジメに答えてくれない?」
「どうして?」
「現実を直視しない人に答える義理はないわ。どんなに気まずく感じようとあなたは思うはず“今の彼を捨てて大仁の元に走れない”そんなジレンマを味わって当然ね。あなたたちって最低だわ。意識してるくせに“親友”と言う関係を隠れ蓑にしてる。私たちのせいにして自分たちがお似合いだと見せつけてる。そして私たちが嫉妬しようものなら、心が狭いとか浅はかだとか、友情を尊重できないと非難するのよ。笑っちゃうわ。この日を待ちわびてた。なぜなら月に代わってお仕置きするためよ。さよなら程さん」


a0198131_22371064.jpg

a0198131_22373655.jpg

「李大仁 全部あんたのせいよ。グチを言う相手もいない」

a0198131_22382342.jpg

a0198131_22384925.jpg

a0198131_2243930.jpg

a0198131_22433495.jpg


a0198131_22445927.jpg


a0198131_22485460.jpg

『仕事が忙しい時俺に何かあったらどちらを選ぶ?』
「彼を選ぶに決まってるのに、すぐに答えられないなんて」

a0198131_14104350.jpg

「謝りに来たの。この前言われたことは認める。一部だけど勉強になった。プレゼントよ似合うと思うわ。その代りお願いがあるの。いいかしら?」
「何です?」
「アメリカ行きの便に乗務するCAの友達はいる?」

a0198131_22492576.jpg



a0198131_141147.jpg

マレーシアから桃園空港へ向かっていた飛達空港TU231便不時着のニュースです。
「彼がこの飛行機にこの便に乗ってるの どうしよう」

a0198131_14113396.jpg


a0198131_22512662.jpg

「程又青 結婚しよう 結婚してくれ」 「ええ喜んで」
a0198131_2256129.jpg


a0198131_22521349.jpg



a0198131_22523620.jpg

「李大仁です。伝言をどうぞ」
「私よ。お礼を言いたくて。ありがとう。私のために走り回ってくれて。いろいろと手を尽くしてくれた。ありがとう。私を愛してくれて」
大人の女性第11条 いつだって自分を救ってくれる美少女戦士がいる



12話
a0198131_2257359.jpg

a0198131_2258395.jpg

a0198131_2258251.jpg

誰かが喜びの笑顔に包まれる時、どこかで涙を流している人もいる。そして傷ついている人も。そして心が落ち着かない人も そうよ 私は受け入れた。彼を愛しているから だから李大仁を想うことはできない つまり李大仁を愛するなんてあり得ない
老化の症状 第12条 独り言を言わないと頭が整理できない  
そうよ 大仁を愛さない 彼は大切な大切な友達だから

a0198131_2303060.jpg
 
a0198131_2312096.jpg

a0198131_23237.jpg

「計画って?」
「お前は天邪鬼よ いつも私の希望と逆を選ぶ 丁立威との復縁をあえて反対せず、わざと“結婚しろ”とも言った そうすれば私に反抗して本当の気持ちに気付くと…」
「本当の気持ち?」
「お前にふさわしい相手は大仁ってことよ」
「まったく まだ大仁にこだわるつもり?ふさわしいも何も…」
「まだ分からないの?お前のわがままに付き合えるのは大仁しかいない 何も言わなくても分かってくれる 大仁は家族みたいなもの あの偏屈な母親だってお前を気に入ってるわ」
「丁立威をを愛してるの」
「愛にもいろいろあるでしょ よく聞きなさい 自分で気付いてない愛だってある 程又青 自分の心に問いかけて 大仁を愛してる?私には分かってる あんたは大仁を愛してるってね だけど…」
「母さん 自分の悪い癖を知ってる?」
「どんな癖?」
「期待や妄想を現実にしようとする」
「妄想?母親には娘の心が分かるの」
「分かってない」
「本気なの?」
「プロポーズだって受けたのよ」
「考え直せば?」
「母さんってば」
「お前がいいなら構わないけど それから結婚したら家を借りるのか買うのか決めたの?」
「向こうの両親に会ってからよ」
「反対されたら?」
「あ~」
「大仁は1人で海外よ 結婚を知ったら傷つくかも」
「安心して もう彼女がいる」
「そうなの?」
「ええ」
「やっぱり私の妄想?お前が分かってるならいいけど」
「本当の娘の心が?ウソよ ただの妄想だわ 丁立威でいいの? 当たり前よ 彼を好きだから大仁は愛せない 李大仁は好きにならない あの子が彼女かしら?それとも彼女になる予定の友達?」

a0198131_2334521.jpg

「部長はいい男なのにあの女性は男の趣味が悪いのね?」
「悪くはないけど、直感を大切にしてる でも直感はただの錯覚かもしれないんだ 物思いにふける彼女が美しく見えても、本当は胃痛かも だから俺の想いもただの錯覚かもしれない そんな理由で一番の友を失えば一生自分を恨む。だから彼女にずっと言ってきた “君を愛さない”って」
「そんなに部長がバカとは思わなかった」
「大バカだ」
「いつも考えてる事があるの もうすぐ世界が滅亡するとして1人に電話できるとしたら誰にかけるか?」
「林凱(リン・カイ)だろ?」
「いつか答えが林凱じゃなくなった時、私は自由になれる 部長は?最後の言葉は誰に?何て言う?」
<程又青 俺の人生に君がいてよかった>
「言わなくても分かる」

a0198131_2343497.jpg

立威の祖母の願いで急に式の日取りがきまり大忙しの又青


a0198131_2355240.jpg

「又青姉さんから反応があったはずよ」
「反応?」
「あなたの気持ちによ 全部話したわ じれったいもの 彼女に説教したけど、逆に感謝されたわ でも連絡もしないなんて 一体どういうつもりなの?」
<電話もないわけだ 結婚式の日取りさえ直接つたえようとしないどうりで…避けるはずだ>

a0198131_2363078.jpg

「彼女に知られた」
「何を?…好きだってこと?」」
「だから俺は失った“一番の友達”も 平安、俺の二の舞になるな 

a0198131_2364885.jpg

「同窓会をさぼる口実は?」
「“休暇がとれない”悪くないだろ」
「まあね でも本当にいいの?」

a0198131_237441.jpg

a0198131_238591.jpg


a0198131_2383815.jpg

「夫婦ってのは一方が歌い手となり、もう一方が伴奏者になる でもお前と丁立威は2人してマイクを奪い合ってるそれじゃダメ」
「私が譲ればいいの?」
「譲ってどうなる?結婚式だけだと思ったら大間違いよ 10年20年30年この先ずっと譲り続けるなんて、耐えられる? いいかい?幸せな結婚は譲る事じゃない。自然に相手のすべてを受け入れることなの お前が歌いたい時に丁立威が喜んで伴奏する。お父さんなんて今日は私が不機嫌だと分かったから、ドラマで気兼ねなく泣かせようと先に眠った あうんの呼吸よ だからよく言うでしょ 結婚する前に確かめなさいと どれだけ相手を愛してるかじゃない その相手とどんな人生を送っていくかをね」



a0198131_23111626.jpg

a0198131_01015100.jpg

a0198131_0104286.jpg

a0198131_011172.jpg


a0198131_2312086.jpg

a0198131_2313160.jpg

【結婚することになったわ 誰かに聞いた?丁立威と結婚するの 賭けた10万元早く用意してね 特に用はないけどそれだけ伝えたかったの じゃあね】
a0198131_23132051.jpg

【李大仁考えたことある?自分の花嫁がどんなドレスを着るか あなたの性格ならシンプルなのが好きよね。早くあなたの花嫁は見たいわ】
a0198131_23135475.jpg

【隠してくれてありがとう でなきゃ好きになってた そしてあなたもすぐに気付くのよ 私は可愛げがなくて自分勝手で愛想の尽きる女だって 結局私って自己中心的すぎるのね。そして愛する人も他の女のほうが愛おしいと気付いて私から離れるのよ。だからよかったわ あなたが…“一番の友達”で】
a0198131_23141620.jpg

a0198131_23144126.jpg

【ねえ李大仁 ビール飲んでるの あなたの分は花にあげたわ 私会社を辞めるべきかな 靴の販売って先の無い仕事なの?】
a0198131_2315498.jpg

【シンガポールも雨が降ってる?】
    
a0198131_0111824.jpg



「もしもし もしもし」
「…」
「あなたなの? ビールを飲みたい?」
「程又青ね?」
「あなた誰?」
「本当に丁立威と結婚するの?」
「誰なの?」
「やめるなら今のうちよ」


「平安 俺だ 戻ることにした やっぱり直接祝福するべきだろ」
 “一番の友達”だからな “世界の終り”と思って 毎日を懸命に生きないと だから一緒に頑張ろう 」
a0198131_23191724.jpg




a0198131_23193734.jpg
  
「実はブルドック組は解散の危機だった 白猫組は知らないよな?副委員長と俺たち大ゲンカになったんだ。委員長と辛蒂が絶交した日に」
[約束したでしょ 16人の心を団結させると 言い渡しておくわ あんたとは今から友達じゃない]
[俺はただ…君は優秀な女子だよ 誤解すんなよ 好きにはならない 絶対無理だな]
a0198131_2324223.jpg

「殴るなよ」
「何してる」
「仲間だろうが」
「裏切られてみるか?」
「何のことだよ」
「やめろって話し合おうぜ」
「汚いマネしやがってなぜ傷つけた」
「何がだ」
「とぼけるな」
「汚いだと?」
「そうだ」
「勝つためだろ」
「恥ずかしくないのか?」
「裏切ったのは盧辛蒂だろ」
「お前のせいでな」
「大叢(ダーツォン)や美男(メイナン)だって同罪だ」
「ふざけるな」
「当然同罪だ」
a0198131_23341311.jpg

【“友達”って何だ。つるんだり 苦楽を共にする仲間だが、犯した過ちを正すのも友達だろ。それでも俺と友達でいるかはお前らの両親次第だ】
「その瞬間、副委員長から後光がさしてたんだ。だけど年をとり大人になるまで気付かなかった。愛は友情よりすばらしい 委員長なら分かるだろ」
a0198131_232598.jpg

「こめんね あの頃は嫉妬してたうえに、絶交されてたわ だからわざとこれを渡さず、結局そのままに」
テープを又青に渡す辛蒂
「これは?」
「プレイヤーも調達した」


程又青独身最後のパーティーの会場に到着した大仁
「みんなは?」
「お帰りに」
「お開き?」
「そうです」


a0198131_23255155.jpg

たぶん僕は君を愛さない 
愛さないよう努力する
そうすれば大好きな君と離れなくて済むから
あまりに傲慢な君
あまりに完璧すぎる君
嫌いだと思い込めば永遠に君のそばにいられる
絶対に君を好きなってはいけない
決して心を奪われてもいけない
君の含み笑いさえ励ましになる
朝目覚めてから夜眠りにつくまで ほほ笑みかけないでくれ
君を好きにはなれないから
自由になろうとしても君の影は消えない
僕の足かせになれるのは君だけ
結局僕は抜け出せない 君を密かに思い続けることから
a0198131_23263579.jpg

【彼氏から赴任前お金を預かってる 安心してくれ】
【彼氏じゃないの 彼は一番の友達だわ】

「まだいたんですね さっき外に男性が」

a0198131_23271238.jpg

「李大仁 李大仁 なんでこうなるの 李大仁 どうしてくれるの これじゃ結婚なんてできない」

大人の女性第12条 最低でも2冊通帳を持つ 1冊は積み立てた貯金 もう1冊は長年培った友情だ     



ひと言 感想
男子のしかけたこと裏切った辛蒂とのことは
又青にとってかなりのトラウマだったんだと今回あらためて思いました。
プライド高き彼女が、
傷つけられた相手に傷ついた自分をみられた時に言われた「好きにならない」 は重いですね。
彼女は傷ついたとも思われたくないでしょうし…
完璧でいたい彼女のその後の生活が想像できました。

by jiyong-xg | 2013-06-22 00:38 | イタズラな恋愛白書1&2