人気ブログランキング |

武侠ドラマ「七侠五義」を見始めました♪

a0198131_23484513.jpg

武侠ドラマ「七侠五義」原題:「七侠五義人間道」を13話まで視聴終了しました♪
ざっくりいえば
北宋の賢臣・包拯(ほうじょう)が彼を信じ集まる者たちと共に
正義の心を持って悪を裁き事件を解決する姿に権力争いが絡まっている感じの物語。
なかなか良くできていて面白いですわ~016.gif

まずは簡単に登場人物紹介

大きなネタバレはないように書いたつもりです~♪







a0198131_23492288.jpg
包拯(ほうじょう)さん 実在した方です♪
公平無私・清廉潔白な名裁判官 
正義の為なら権力を恐れず民を思ういい人
演じるは萬梓良(アレックス・マン)








a0198131_23511644.jpg
展昭(てんしょう) 
義に厚いしメチャメチャ強い!
お上を信じていませんでしたが、包拯(ほうじょう)と出会い気持ちが変わっていきます。
演じるは趙文卓(チウ・マンチェク)
趙文卓なのでさすがにアクションシーンも
かなり良くてキマッテマス!





a0198131_23541825.jpg
白玉堂(はく・ぎょくどう)
父の仇を討つことを心に決めている男
わが道を行く感じのお方です。
演じるは王同輝(ワン・トンフイ)






a0198131_23545580.jpg
蕭璟(しょうけい)
遼の出身貸金業をしているお嬢様。
もめごとの現場に現れてはおせっかいをするお転婆で元気な娘
助けてくれた展昭に一目ぼれし追いかけまわしてます。
演じるは徐麒雯(シュー・チーウェン)
彼女何かで見たと思ったら、
「織姫の祈り」で 主人公の友人の小梅(シャオメイ)をやってた女優さんでした。





a0198131_23572780.jpg
龐吉(ほうきつ) 宋の太師 
兵権を握る先帝から宋に仕えた重臣
劉太后の覚えもいい。
演じるは寇振海(コウ・ジェンハイ)

帽子(なんて名称なのかしらない)の飾りが横に長~いのが宋の役人の衣装の特徴みたいですね~。
ちょっと虫っぽく見える(笑)







a0198131_2358423.jpg
龐涛(ほうとう) 龐吉の息子
演じるは郭鵬












a0198131_00646.jpg
陳琳(陳公公) 若き皇帝のおそばに仕える太監
このお方はかなり頭脳派のようです。
皇帝への忠誠心はあるようですが、
皇帝を上手くコントロールして
自分の意に沿うよう動かしているようです。
演じるは秦焰(チン・イエン)







a0198131_0337100.jpg
若き皇帝仁宗 
陳公公の手の中で転がされてる感有の皇帝。
経験不足ではあるが
聞く耳と自分で考える頭はある様子
演じるは霍政諺(フオ・ジェンイエン)











a0198131_061687.jpg
劉太后 仁宗の母
演じるは傅芸偉(フー・イーウェイ)










a0198131_084813.jpg
盧方(ろほう)(別名 苦配軍) 
10年前の事件の生き残りで敵討ちを誓う男
演じるは劉衛華(リウ・ウェイホァ)








a0198131_013436.jpg
韓彰 盧方の義兄弟 鍛冶職人
演じるは陳楚翰(チェン・チューハン)










a0198131_0143999.jpg
徐慶 盧方の義兄弟 酒楼の主人
演じるは隋抒洋(スイ・ユーヤン)











a0198131_015735.jpg
蔣平 盧方の義兄弟 医者
演じるは陳笑非(チェン・シャオフェイ)














事の発端は10年前 隣国の遼に捕虜になった宋の民が
白長老の先導で逃げだし宋に帰郷しようとします。
宋の国までもう少しという所で、迎えに来たはずお宋軍によって皆殺しにされてしまいます。
10年後宋の都・開封では夜な夜な幽霊が現れ騒動になり夜の街は静まり返っていた。
そんな時 包拯(ほう・じょう)は新しい“開封府尹”として開封に着任するところから物語が始まります。

この幽霊騒動を調べるうちに、
包拯(ほう・じょう)人柄がだんだんと伝わり人々の信頼を得始めます。
まずは展昭(てんしょう)が包拯を助けるようになっていきます
そして10年前の事件の生き残りたちは、真相を明らかにし犯人の裁いてくれるのは、
包拯(ほう・じょう)しかいないと信じるようになっていきます。
皇帝 陳公公 劉太后 龐吉 などのいろんな思惑がからまって
事件の簡単解決といかないところが面白かったし、
若き皇帝が老齢な臣下や母に操られながらも
だんだん意思をもって行動していく姿描かれていて結構面白い。
13話までは義に厚い男たちが包拯(ほう・じょう)を信頼し尊敬し心服していくまでの姿を描いていると言ってもいいと思います。

13話まで見た印象
登場人物たちは全員とは言いませんがいたって真面目で、
今の所笑っちゃうようなとんでもない武器や武術とかは出てこないので、
思っていたよりはずっと真面目で重さもある作りでした。
真面目な時代劇にちょっと派手なアクションシーンって感じで、
武侠ドラマといっても実にいろんなタイプのドラマがあるものだとこのドラマを見て思ってます。

でも一応笑える部分もあって、主にお転婆娘の蕭璟(しょうけい)がその担当。
蕭璟(しょうけい)は展昭(てんしょう)に一目ぼれ
元気な彼女とお堅い展昭(てんしょう)のやり取りは可愛くて楽しいです。
蕭璟(しょうけい)はかなりハチャメチャですが、私は結構かわいいなぁ~と思えています。
チウ・マンチェクなので、アクションシーンも良いです。

今のところはかなり楽しめています016.gif


13話途中でこの事件は一応解決で、次の事件へ解決へと続いていきます。

by jiyong-xg | 2013-05-17 05:18 | 七侠五義