人気ブログランキング |

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」第24話まで視聴終了♪

a0198131_0443193.jpg

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」(摩登新人类)第24話まで見ました♪
それぞれの恋心も熱を帯びてきて、
片思いが切ない展開です。

今回は陳柏霖(チェン・ボーリン)演じる凌桀(リン・ジエ)が、
自分の思いを我慢する姿に激萌えできたので超楽しかったです053.gif


以下ネタバレで簡単感想




a0198131_0454859.jpg




いつもからかっていた紅果(ホングオ)に特別な思いが湧いてきた凌桀(リン・ジエ)
その紅果(ホングオ)は優しくていつも助けてくれる非凡(フェイファン)が好き。
その非凡(フェイファン)は大学の後輩の温雪(ウェン・シュエ)にずっと片思い
そしてその温雪(ウェン・シュエ)は同僚の凌桀(リン・ジエ)が好き

陳柏霖(チェン・ボーリン)君がかなりお気に入り状態なので
彼演じる凌桀(リン・ジエ)の行動や切ない表情にかなり萌萌してはいるのですが
彼が恋する女の子・紅果(ホングオ)に時々イラっとしているから
萌萌心がすぐ冷静になってしまいドハマリできないんです。
凌桀(リン・ジエ)の前であくまでも無邪気なんだもん!
それにそれに
紅果(ホングオ)は
御曹司のコネで入社。
その御曹司と恋愛スキャンダル。
何かと男子どもが庇ってばかり。
職場にこんな女の子が途中入社してきたら、ちょっとイラッとしませんか?
意地悪してしまう編集部の先輩女子エイダの気持は納得できるもの~。
(でもエイダがデザイン画を隠したのはファッション誌の編集者としてはかなりダメだと思うけど)
よく考えると可愛い女の子へのただの嫉妬です(笑)

紅果についてこんな風にウダウダ考えていたら
23話の最後で紅果へのイラつきを忘れて
凌桀(リン・ジエ)に激萌えできるシーンが!
「ここにいると非凡に迷惑をかける」
「奴のために帰るのか 俺のことは?華仔や沈蔷仲間たちのことを考えたか? みんな心配するぞ」
「一日中泣くのを我慢してたのに あなたのせいよ なぜ行かせてくれないの?」

☆凌桀はボロボロなく紅果を抱きしめるけど

この後非凡の姿が凌桀(リン・ジエ)の視界に入るとすっと体を放すよね~(凌桀に萌)
a0198131_0204695.jpg

それでこの後紅果をどちらが送って帰るかでもめて、
紅果が非凡についていきたいという表情で凌桀(リン・ジエ)を見つめるんです。
凌桀が紅果の気持ちを察して手を放すシーン (凌桀に激萌)
切なかったわ~(涙)
このシーンを見れたのでこの作品は満足です(笑)



a0198131_0484234.jpg

かなり切ない感じの温雪(ウェン・シュエ)
凌桀(リン・ジエ)を守りたいが故に悪者になる彼女。
でも心が定まった彼女の行動はかなり男前でした。
凌桀の復帰の為局長を説得する姿はカッコよかった♪




華仔(ホア・ザイ)の行く末がかなり心配。
不動産詐欺に友達を巻き込み
しかもお金を非凡から借りている状態なのに
会社を休んで莎莎(シャシャ)とチャット三昧
自力で何も解決できてないのに
プロポーズするからと指輪買ったりレストランの貸切したりと散財。
80后だからなのだろうか??
これでいいのか華仔君!


最近は韓華ドラマも見慣れてきてあまり感じなくなってきてたんですが、
このドラマ所々にすごく異文化を感じます~。
分かりやすい例が23話24話の非凡(フェイファン)の会見後の世間の反応。
日本のドラマではこんな風にあからさまに否定する展開にはならないですよね。
海外ドラマを見る楽しみのひとつは異文化を感じることであります。




以下それぞれに思いを語る登場人物たちの言葉
a0198131_1123143.jpg


「人を愛する瞬間は漠然としてるけど普通予兆があるものよね
その1いつも同じ疑問を繰り返し考える
その2些細なことが気になり 相手が異性と一緒だと落ち着かない
その3気が付くとその人ばかり目で追ってる
その4想像力が豊かになる」


「誰かを好きになると自由を失う 喜怒哀楽さえさえも制御不能 彼が笑うと私も嬉しい
彼が落ち込むと私も憂鬱に 彼が私の心のリモコンを操作してるみたい」


「愛する人は愛してくれない」


「愛ってなんだ?」
「分かってる 愛は焼餅と同じだ いい匂いに誘われて一口食べるともっと食べたくなる 一生食っても飽きない」


「そんなに私は傲慢?誰のためにここまで…」
「何だよ 誰の為だ? 俺なんて言うなよ」


「あいつを好きじゃないならその気にさせるな」



「誰に何を言われようと 私はあなたが好き 自分の方法でいつかあなたを振り向かせる」



「局長はあなたを認めてるわ もう一度話してみる」
「局を離れるのはつらい でも分からないんだ 自分が何をしたいのか 人生に目標がない」
「欲しいものはないの?」
「あるけど考えるのが怖い 常に何かが足りない人生だから」
「別の何かで補えないの?」
「できるさ でも見つからない」


「どうしよう 非凡を助けたいのに」
「非凡非凡非凡非凡 いい加減にしろ 非凡のことしか目に入らないのか?勝手にしろ」
「何なのよ」
「任せて」

「男女の間に友情なんて成立しないの 愛するか愛さないかよ」
「そのとおり 二者択一だ」

「温雪(ウェン・シュエ)!非凡を助けてあげて」
「私にどうしろと?」
「思いつめるんじゃないかと心配なの 話を聞いてあげて」
「なぜ私に頼むの?」
「彼が好きなのはあなただからよ」
「そういう理由なら断るわ」
「なぜ?友達でしょ」
「確かにいい友達だし大切な先輩でもあるけど愛してない 彼が必要としてるのは友情じゃなくて愛よ でも私はあげられない」
「このままだと体を壊しちゃうわ 助けてあげて」
「非凡のことが好き?」
「好きよ」
「だったら私に頼らないで あなたの愛をあげるチャンスだわ」
「彼さえ幸せなら私は満足なの」
「悪いけど私も自分の愛をつかみたいの」
「私も愛をつかみたい」


「デートしたい?」
「やめとくよ」
「私が申し込むわ」
「悪いけど…」
KISS
「ごめん 応えられない」
「待ってるわ あきらめない 今日からは追いかけるのは私の方よ」

by jiyong-xg | 2013-01-12 01:02 | ハッピー・カラーズ