人気ブログランキング |

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」を見始めました♪

a0198131_15113914.jpg

このところ時代劇の視聴が続いたので現代劇を見たいと思っていて、
「イタズラな恋愛白書 」がすごく気になってはいるのですが全巻リリースまで少し時間があるので、
チェン・ボーリン(陳柏霖)繋がりでという安易な理由で「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」を見始めました。
第4話まで視聴終了してます。

まずは人物紹介と冒頭のあらすじ





a0198131_0175762.jpg
謝非凡(シエ・フェイファン) <演じるのは 胡歌(フー・ゴー)>
25歳 男 弱者のために働く公益弁護士 
有名雑誌「エル」の発行する出版社・香榭の会長を父にもつ御曹司。
出版の仕事で成果を出したら弁護士事務所の運営資金を出すという父の提案を受け入れ香榭で働き出す。
正義感がつよくて優しい
行動力はあるが、恋にはもうひとつ強気になれない様子。
大学時代は後輩の温雪(ウェン・シュエ)に好意を持っていた。
まったく違う出版の仕事に戸惑う日々。
そういえば胡歌(フー・ゴー)の現代劇って初めてかも。
彼って何歳か知らなかったので調べてみたら1982年9月2日生まれでした。







a0198131_020278.jpg
凌桀(リン・ジエ) <演じるのは 陳柏霖(チェン・ボーリン)>
男 26歳 テレビ局勤務 
女好きなチャラ男君。女性とは深く付き合わないみたい。 
今のところ仕事ができる男かは不明。

陳柏霖(チェン・ボーリン)が可愛いぞ053.gif
女性が大好きなチャラ男の設定ですが、妙に可愛くて(笑)
そういえば彼って何年か前に日本の連ドラ出ていましたよね。
やたら瞳が印象的な子がいるなぁ~と思って調べたら陳柏霖(チェン・ボーリン)だったのよね。その当時は名前は知っていても顔と名前が一致しなかったっけ。
その後映画を1本見たと思うけど、久しぶりの陳柏霖(チェン・ボーリン)にかなり注目な私(笑)







a0198131_0214681.jpg
夏紅果(シア・ホングオ)<演じるは陳意涵(アイビー・チェン)>
女性、22歳 あこがれの雑誌「エル」で働きたいと百花村から都会へでてきたが、世間知らずでだまされてばかり。
天真爛漫 善良 恋愛経験なし
ぬいぐるみに名前をつけて話しかけるような女の子。
他人とは違う視点を持っているのが彼女の魅力とも言えます。
計算女子ではないのだけど、今後その天真爛漫さが鼻につかなきゃいいけどと私は少し不安。












a0198131_023420.jpg
温雪(ウェン・シュエ) <演じるは馬思純(マー・スーチュン)>
女性、22歳 テレビ局勤務 
優秀で完璧主義でなんでも自分でやりたいタイプの女性
「男はバカな女が好き」とつぶやく温雪(ウェン・シュエ)のほうが夏紅果(シア・ホングオ)よりも気になるわ。















a0198131_0245169.jpg
華仔(ホア・ザイ)<演じるは姜超(ジャン・チャオ)>
男性 24歳  大家(親に買ってもらったマンションを管理している)
料理上手 情に厚いとってもいい人 
葉莎莎(イエ・シャシャ)に好意を寄せている
















a0198131_026026.jpg
葉莎莎(イエ・シャシャ) <演じるは楊紫彤(ヤン・ズートン)>
女性、23歳 モデル(今は落ち目)欲に正直 野心旺盛
どうやら彼女はこのドラマのコメディ担当みたい。
欲に正直だけどトライすることや人の視線を恐れない。
めげないのが可愛いかも













a0198131_0284817.jpg
瀋蔷(シェン・チアン) <演じるは李媛(リー・ユエン)>
女性、26歳 カメラマン   
一見クールそうですがやさしい女子






















a0198131_029187.jpg
秦天 <演じるのは郭緯(グオ・ウェイ)>
男性 22歳 ミュージシャン 
アイドル路線で売りたい事務所に反発。
いまのところ登場シーンが少なくまだキャラがつかめないです

















冒頭あらすじ
22歳の誕生日、夏紅果(シア・ホングオ)は大好きな雑誌“エル”と小さなバッグひとつだけを持って、生まれ育った百花村をこっそりと離れることに。エルの編集担当になるという夢を叶えるべく、都会に出ることを決心したのだ。同じ日、村には1人の青年がとある事件の担当弁護士としてやって来る。彼の名前は謝非凡(シエ・フェイファン)。エルを発行する有名ファッション雑誌グループの御曹司でありながら、家業をついでほしいという父の意に反し、弱者のために働く公益弁護士となった正義漢だ。誰にも見つからずに家を出ようと塀を乗り越えた紅果は、偶然下を通りかかっていた非凡の肩を踏み台にして、お詫びもそこそこに走り去ってしまうのだった。偶然にも2人はその日のうちに再会を果たすが、今度は紅果が非凡をスリの一味と勘違いして…。 


8人の男女の青春群像劇で、
登場人物はそれぞれに人生の転機の時期で変化の中なのですが、
劇的というよりはわりとのんびりした雰囲気がありながら語が進んでいます。
4話でようやくメインの人物が全員登場し大雑把に人物紹介が終わったところで、
ググッと心惹かれるような展開はまだですが、
今の心境としては、
楽しめそうかも~♪と期待を持てている そんな感じです。

by jiyong-xg | 2013-01-04 00:37 | ハッピー・カラーズ