人気ブログランキング |

2012年秋スタートの日本ドラマと大河と朝ドラの簡単な感想



1012年秋スタートの日本のドラマはタイプの違うドラマがそれぞれに魅力的でかなり楽しめました♪

以下ごく短い感想です。



NHK大河ドラマ「平清盛」
大河らしい大河だったけど、挑戦している大河とも思えました。
角度を変えて考える面白さや想像する楽しさもあったし、
知りたくなる内容だったので非常に満足してます。
道半ばで逝く清盛と一門の滅亡という悲劇を描かねばならぬ最終回をどんな風におさめるのかがすごく楽しみでしたが、西行により一門の人々に清盛の思いが伝えられ、清盛の目指した世界が後の人たちに受け継がれていく姿も描かれていたので、思ったより清々しい思いで見終われました。
源氏物語にあこがれていた時子。「時子そなたこそがわしの紫の上じゃ」と清盛に言われた時子が泣く姿がすごく心に残ってます。
今回の低視聴率の影響で大河が軽いものにならないことを祈ります。



NHK連続テレビ小説「純と愛」
ものすごくハマッてるわけじゃないけど、何故かついつい見ちゃう・見たくなる不思議な魅力があります。
純粋な思いは時にひどく人を傷つけるなぁとも思ったりもしてみていますが、それでも早く元の純に戻ってほしいわぁ。

2012年秋に始まった日本のドラマで最終回まで見たドラマ

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」
チープでおバカな世界が大好きだった。でも後半少し笑えなくなったのも事実なので、「魔王の城」のほうが面白かったかも。でも第3弾も見たいわ



「薄桜記」
武士の生き様が悲しくも美しい物語でした。
本当に素晴らしかったです。堪能しました。
こんな時代劇また作ってねNHKさん!



「遅咲きのヒマワリ~僕の人生、リニューアル~」
失敗しながら葛藤しながら
最後はそれぞれにそれなりに一歩前進で、
ありえないような成功を描くことはなく
解決してないことも多いのがリアルで良かったです。
最終回ラストシーンがホント素敵でした053.gif ドキっとしたわ016.gif



「悪夢ちゃん」
奇抜な設定でしたが、考えさせられる内容でかなり面白かったです。
未視聴の方は是非!


「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん」
実はリタイアしようと思ったのですが
だんだん金田一二三男(木村拓哉)と模合謙吾(中井貴一)と二階堂彩矢(香里奈)の掛け合いが楽しくなったことと、金田一二三男を陥れた大屋敷統一郎(藤木直人)がどんどん焦っていく姿が妙に気になって不憫に思えて、彼の行く末を見守りたくなったので最終回まで見てしまった。
<あるわけねぇだろ、んなもん>って視聴者がツッコムのを見越して作ってあったので、
ツッコミながら気軽に楽しめました。



「ゴーイング マイ ホーム」
万人受けはしないだろうけどでも大好きでした。
第1話を見た時点ではそれほど魅力は感じなかったけど、
見ていくうちにじわじわ心に響いてきました。
極上なドラマだったわ。
派手な展開などはまったくないけれど、
優しくて クスッと笑えて じわっと泣けて…
<世界は見えるものだけで出来てるんじゃないんだよ>
見えないけど 確かにある 確かにいる 
目で見えないのもで満たされる心
これを再認識させてくれました。
最終回手の感覚で記憶がよみがえり涙するシーンで私も号泣




途中リタイアしたんですが一応録画してあるので
「ドクターX~外科医・大門未知子」はお正月にでも見ようかと思ってます。


「MONSTERS」
「大奥~誕生<有功・家光篇>」
「東京全力少女」
「結婚しない」
「ドクターX~外科医・大門未知子」


「高校入試」
「毒<ポイズン>」
「高校入試」
「パーフェクト・ブルー」
「好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~」
「レジデント~5人の研修医」
「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」


 

by jiyong-xg | 2012-12-28 00:35 | 日本のドラマ