人気ブログランキング |

映画「バタフライ・ラヴァーズ」

a0198131_044685.jpg

映画「バタフライ・ラヴァーズ」原題「武侠梁祝」「剣蝶」Butterfly Lovers 2008年 
監督→馬楚成(ジングル・マ)
武術監督→程小東(チン・シウトン)
キャスト
呉尊(ウー・ズン)→梁仲山 役 逍遙派大師兄
蔡卓妌(シャーリーン・チョイ)→祝言之 役:
胡歌(フー・ゴー)→馬承恩 役
庾澄慶(ハーレム・ユー)→草頭師叔 役
狄龍(ティ・ロン)→祝言之の父親 役
邵兵(シャオ・ビン)→鐵將軍 役 馬承恩の上司
冼色麗→銀心 役
熊欣欣→頭陀師叔 役 逍遙派武術科師父
李勤勤→言之の母親 役

良家の娘である祝言之(シャーリーン・チョイ)は、女人禁制の逍遥山で武術を学ぶべく男装して旅に出た。
道中の町で賊に襲われるが、通りすがりの男に救われ難を逃れ、ようやく逍遥山にたどり着く。
その彼女の前に現れたのは、町で彼女を救った男、梁仲山(ウーズン)だった。彼も逍遥山で修行をする身だったのだ。修行の日々を過ごす中で、二人の仲は次第に親密なものになっていくが、ふとしたことから彼女が女性であることが露見し彼の感情は恋へと変わる。そんな時、突如彼女の親元からの使者が訪れ、彼女に家へ戻るよう伝える。家に帰った彼女は両親から、幼馴染である馬承恩(フー・ゴー)との縁談が決まった、と告げられるのだが…(DVDより)

感想というより自分のための視聴記録です。
a0198131_23581313.jpg





この映画のもとになってる民間説話『梁山泊と祝英台』のことは少し知っていたので、
物語の展開はなんとなく分かっていたし、
武侠らしい男女の恋愛パターンテンコ盛りのお約束な展開で、
武侠ものを見慣れてるからすこし物足りないかも~と思いつつも、
呉尊(ウー・ズン)君がカッコよかったし、
まぁ楽しめたかな。
私としては胡歌(フー・ゴー)が嫉妬に狂う役ってのが新鮮でした。
ただちょっとこの役が悪役としては中途半端なのが不満です。
どうせなら極悪を役を演じる胡歌見てみたかったです~♪

ちなみに
ニッキー・ウー(呉奇隆)で同名の映画もありますし、
武侠ものではないけど何潤東(ピーター・ホー)の「梁山伯与祝英台」というドラマもあります。

by jiyong-xg | 2012-11-16 00:08 | 映画