人気ブログランキング |

華ドラ「四人の義賊一枝梅」第17話まで視聴しました♪

a0198131_17251920.jpg

中国ドラマ「四人の義賊一枝梅」第17話まで視聴終了しました。
柴胡(チャイ・フー)の物語の終わりで区切って感想をアップすることにしたので、
正確には17話途中まで視聴です。



以下ネタバレで簡単な感想





毒薬事件解決にからめて三娘(サンニャン)が師太との過去の遺恨を乗り越える物語でした。
峨嵋派での出来事で歌笑(ゴーシャオ)は
三娘(サンニャン)がいかに自分を大切に思っているかを感じたと思うし、
多少は女として意識したのではないかしら♪
三娘は勝気だけど一途で可愛いので、がんばれ三娘!と応援したくなります。

<とりあえずバオ親子だけは救えた>という歌笑の言葉にほっとしました。
地下室に避難したのは一枝梅のメンバーだけだったので、
爆発の瞬間 バオさんはどうしたっけ?
存在を忘れられたのかと一瞬思いました。
お寺は広くて大丈夫だった ってことなのかな(笑)

シャオメイが言います
「この世のすべてが消える過程にあるんです
終わり そしてまた始まる
それが永遠に続いていく 世の常です」

散っていく命 生き残る命
善と悪で振り分けられるわけでない。
いったい何が違うのでしょう。 などと考えたりしています。







次は柴胡(チャイ・フー)の物語でした。
a0198131_0404644.jpg

急に娘を名乗る女の子・柴嫣(シャオイェン)が登場。
すっかり娘と信じたって事は、身に覚えはあるって事ですよね(笑)

a0198131_0423997.jpg

柴胡(チャイ・フー)人生でお風呂に3回しか入ってないほど風呂嫌い。
柴嫣に言われたら即行風呂に入りました。でも柴胡に花びら入りの湯船は似合わないなぁ(笑)

芻狗(チュ・ゴウ)を助けに行く時に
柴嫣と雙雙(シュワンシュワン)話した柴胡の言葉から
柴嫣の実父が自分だと彼が確信していると私は感じてしまったんです。
だから芻狗を実父と信じている娘が真実を知らなくてもただ幸せでいてくれればいいから、
あえて何も聞かずに、彼ら一家のために店まで開いてあげたと思っていたんです。 
雙雙(シュワンシュワン)からの真実の告白を聞いてすごくうれしそうな柴胡を見るまでは。
あまりにうれしそうな彼を見ていて
<そうだ!柴胡(チャイ・フー)なんだ。
単純でやさしくて素直で単純な彼はきっと深読みなんてしない 本能で動いていた>
という結論にいたりました(笑) みなさんどう思いました?

by jiyong-xg | 2012-09-09 00:45 | 四人の義賊 一枝梅