人気ブログランキング |

2012年春の日本のドラマの簡単な感想♪

野菜作りも私の趣味。
ゴールデンウィークに植えた野菜たちの収穫が始まりました。
トマトを収穫すると トマトを触った手のひらや指先にトマトの香りが移ります。
この香りがたまらなくいいのです。
きゅうりは手袋をして収穫しないととげが痛いほどです。
買ってきた野菜では出来ない経験です。
自分のイメージアップ(笑)はここまでにしてドラマのお話。
「プンニョンマンション」の続きがレンタルできなかったので、
映画を数本見たり、別の韓ドラを見始めたり、
録画してあった「鍵のかかった部屋」をイッキ見したりしてました。

2012年春期の日本のドラマ 結局最終回まで視聴したドラマはこの5本でした。
「リーガル・ハイ」
「ATARU」
「もう一度君に、プロポーズ」
「37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~」
「鍵のかかった部屋」





2012年春の日本のドラマの簡単な感想♪_a0198131_0412731.jpg

「もう一度君に、プロポーズ」は切なかったです。
膜下出血で夫との出会いからの5年間の記憶を失った妻。夫婦が改めて絆を取り戻すまでのお話。
意地悪な人もいないし、夫も妻も他の人に心が揺れることもなかった。
ゆっくりじっくり相手を思いやるが展開がなんだか心地よかったです。
こういうやさしいドラマを見ると日本のドラマも最高!と思ってしまいます。

2012年春の日本のドラマの簡単な感想♪_a0198131_0421347.jpg

「リーガル・ハイ」
今期の中では一番気に入っていました。
法とは?正義とは 笑いながらも結構真剣に考えてしまいました。
最終回のオチ サオリさんの真実 あまりのバカらしさにあきれながらも爆笑。
でもよく考えると価値観というものの個人差をあらわしているのでは!と思えました。
とにかく 堺雅人さんがよかったわ~。
続編みたいなぁ。

「ATARU」
とにかく細部にまで小ネタをちりばめられていましたね。
笑えましたね~。
事件を解き明かす面白さもあり
でも能力 障害 病気 個性 いろいろ考えさせられるドラマでもありました。

「鍵のかかった部屋」
ブラックなラストはいいですね~♪楽しめました





あと「平清盛」と「梅ちゃん先生」も楽しんでいます。
「平清盛」は第2部に入って若干見やすくなってきました。
世間の評判はよろしくないけど私は結構好きです。
いままでまったく分からなかったマツケンの魅力が最近分かってきました。
瞳にウソがないの。
それに時々小学生の男の子がみせるような笑顔をするんですよね。それがとっても可愛い。
小雪さんの気持ちがようやく分かったわ(笑)

「梅ちゃん先生」
梅子は大学病院の医者ではなく、町医者になっていくようですね。
クスッと笑えて、温かいドラマ。 
朝ドラらしいヒロイン像 ちょっとオヤジ目線で梅ちゃんの可憐さを可愛い~と思ってみています。

by jiyong-xg | 2012-06-30 01:03 | 日本のドラマ