人気ブログランキング |

武侠ドラマ「大人物」第16話まで♪

a0198131_23415243.jpg

武侠ドラマ「流星剣侠伝  大人物」第16話まで視聴終了しました。
大怪我をする前の楊凡をもう少し具体的に丁寧に描いていたら、彼の変化がよく分かって面白いのになぁ~と思ってしまいます。面白く見ているだけにそこが少し残念です。

「簡単なものほど難しく感じられるものだ 道理ややり方も単純になるほど人は頭を悩ませる」
楚留香の言葉でつい考え込んでしまいました(笑)

以下ネタバレで簡単な感想





ドラマを見ながらダラダラと感想だけを書いたので、かなり読み苦しいです<(_ _)>

思思を守る為に楊凡が敵を倒し倒れてしまいました(赤い目の楊凡はちょっと怖かった(~_~;))
体をはって助けてくれた楊凡を本気で心配し看病する思思。
「当然の務めだよ」
「私は田家のお嬢様田思思の用心棒だから」
「約束するよ 私は死なない」
極めつけに贈り物をします。
「買ったの?」と問う思思に
「盗んだ」と答える凡
楊凡君キメル時はキメテマスヽ(^。^)ノ
思思相当嬉しいはずですよね。


燈籠祭りの日に襲われたのは、好児の仕業と思い込んでしまったんですね~楊凡は。
「過去は忘れた思い出したくもない 君を傷つけたなら今ここで謝る もう邪魔しないでくれ 今回のことは忘れるが次は容赦しない」
本来の楊凡はあまりはっきりものを言わない人という印象でしたが、今回はキッパリ決別宣言。
楊凡にすれば、以前の思思の誘拐は好児を疑っていたようですしね。仕方ないか…。
病気のこともあるので、私は好児がかなりかわいそうって思ってしまいましたが、やはり結婚というものは、じつに重いものなのですよ。



楚留香のお顔がようやく分かりました。
想像していた顔と違った…
飄々とした感じはあるけど、髪型もなんだか変だぞ(笑)


流星閣の留守を任された費無極。
任されると伸びるタイプらしい。なかなか行動的で良いですね。

烏鴉幇を退治してやる!と言い出した思思。
田福はお嬢様の安全を考えワザと偽情報を思思に教えたようにも見えるし、
楊凡の命令で田福がウソをついたようにも見えます。後者かな…。

水月古陣の中で「大師兄~」と叫ぶ烏蘭は可愛そうになってしましましたが、やはり彼女の片思いでしたね。

まさか柳風骨が江閣主のことを愛していたなんて、かなりビックリでした。
確かに江閣主は男の人の扱いがとてもうまいなぁ~と思っていたけれど、
風骨の気持ちがLOVEまでいっていたとは、江閣主は凄腕です(笑)
もっと活躍するかと思っていた柳風骨が、あっさり殺されてしまってなんだか残念です。


楚留香から話を聞いて柳青が雪山派を守る決意をしますが、
もともと自由人な彼が、掌門という立場が嫌だった上に、師匠に解骨釘を放たれたことで、師匠の真意をはかりかねていたって事かな。
このあたり烏雲子の気が暴走とかそれを治療する楚留香のエピソードは、言葉の説明でなくて回想シーンで見せて欲しかったなぁ。


偶然好児が倒れた現場に遭遇し彼女の病気を知る思思。
楊凡に好児に会いに行くように勧める思思。
「あなたが覚えていないのは分かるけど、いわば私の償いなの」
好児が楊凡との思い出書き記したもの読んだのかな。
思思のいろんな思いが伝わる一言です。

烏蘭の婚礼はやはり掌門争いで大騒動になりました。
「ここを去った時 一番弟子の自覚は?あなたが消えて大勢の人が傷つくことを考えた?あなたのような人に掌門の資格はない」烏蘭の言い分に妙に納得。
柳青は雪山派を去るとき大師兄として烏蘭にちゃんと説明すべきだったと思います。
烏蘭は楚楚の気持ちも見破っていました。
元達も殺されてしまって烏蘭ちゃんどうするの?

冰山雪蓮ですが、宝なのだからもう少しお金をかけて作って欲しかったなぁ。
造花そのものです(笑)

皆で楚留香の意見を聞きに水月古陣へ向かいますが、
楚楚は彼がもう外に出たこと知っているはずなのに、なぜ何も言わないんだろう?

by jiyong-xg | 2012-04-15 23:50 | 大人物