人気ブログランキング |

韓ドラ「風の国」 36話(最終回)まで、簡単な感想♪

a0198131_1157.jpg

「朱蒙(チュモン)」見た後時間を置いてから見たほうが良いとの噂は聞いていたので、かなり時間がたってからの視聴となった「風の国」。そのお陰で「朱蒙」の世界を知りつつも世界を引きずることなく別物としてみることが出来てすごく楽しめました016.gif

建国の物語は波乱万丈ですから「朱蒙」はハマったし「風の国」より面白かったと思います
でもどちらが好きか?と聞かれれば…


以下ネタバレあり













間違いなく「風の国」です。
それはたぶんムヒュルが人間味溢れる人物だったから。
憎しみが生きる原動力だった時代もあるし、
実際にヨジンを誘拐しながらも、ヨジンやユリ王人柄に触れ当惑したり、
最終回までイジの事をわりと信じてたりするし(笑)

すべてにおいて正しい主人公もいいですが、ムヒュルは私はかなり共感できて魅力的でした。



そして望むものをすべて手に入れてないところ、そこがなんとも好きです。


あとユリ王のキャラが私はかなり好きだったのでそれもあるかも…。穏やかで思慮深く自分を分かっているからこその悩める感じがたまらなかった♪




a0198131_125071.jpg

トジンはかなり可哀想、だから大好物なキャラ。
あの悲しそうな瞳を見る度ぎゅっと抱きしめたくなりました(笑)
トジンにあまりに冷たいヨンが嫌いだったのかな?



他の敵役たちもただ憎たらしいだけでなく共感できる部分もあったのでそれもこのドラマの好きなところです。
たとえばイジ。ヨンに対してヒドイことをしますが、仕方ないかも…と同情する気持ちは持ちました。


                  マロの最後は辛いのでこの可愛いシーン
a0198131_131667.jpg

「私はこれまでただ一人に仕えてきた。終生その方のために生き、そして戦った。力が及ばず醜態をさらしたが、私は最後までその方に忠誠を尽くす。これ以上辱めるな。早く殺せ。私の王はただ一人。
ムヒュル太王だけだ。」
マロは本当にかっこよくなりましたよね。最後の方はマロオチしてました!
かれの壮絶なラストシーン。私も号泣してしまった。
このシーン登場人物たちの泣き方の違いが興味深かった。
最終回酒を飲みながらマロを思って子供のように泣くチュ・バルソがとっても愛おしかった。

マロの死で号泣したせいなのかヒロインのラストシーンはすっかり冷めてしまって…。
ヒロイン・ヨンが好きでなかったこともあるかもしれませんが…。
だぶんキャラも役者さんも両方という二重苦(汗)。
これはセリュ姫やヘアブがかっこいいのもあるし、ヨナの可憐さには負けてるし…。周りのキャラが最強だったからしかたないかも(フォローのつもり)


このドラマ戦闘シーンもアクションシーンもすごく興奮出来て大満足でした。
ソン・イルグクssiはやっぱりいいですよね016.gif053.gif016.gif053.gif016.gif053.gif

「母上に会いたいか?」
「はい」
「私も会いたい。
「お前の母上がお前に残した言葉がある。お前は太王になる。あの山のように強く民に尽くす立派な太王になれと。なれるかな」
「はい父上。でもどうしたら立派な太王になれますか?」
「それは… 風のようになるんだ。目には見えないがこの国のどこでも常に民のそばでそよぐ。
 疲れた民の汗を乾かし、穀物を育てる雨を降らせ、時には敵を圧倒する恐ろしい突風にもなる。
  そんな太王だ。ホドンお前はそんな太王になれるか?」
「はい父上。必ずなってみせます」

風を感じたドラマだった。

いつも思うがラストシーン音楽が流れるところでオフショットシーンを流すのは止めてほしい…。

「幻の王女 チャミョンゴ」も少し間をおいてみたいです♪

☆5です



風の国〜The Land of Wind~
바람의 나라
2008年KBS  全36話
監督→カン・イルス
脚本→チョン・ジノク・パク・ジヌ
原作者→キム・ジン

風の国〜The Land of Wind~ キャスト
ソン・イルグク  →ムヒュル (無恤) 役高句麗第3代王、ユリ王三男
チョン・ジニョン →ユリ王役 高句麗第2代王 ムヒュル父、
チェ・ジョンウォン→ヨン役 扶余のテソ王の甥タクロクの娘
パク・コニョン  →トジン役  扶余の黒影(フギョン) 扶余の王族の親は謀反人

キム・ヘリ    →ミユ役 ユリ王の2番目の高句麗王妃  ヨジン母
イ・ジョンウォン →ヘミョン役 ユリ王の二男で太子 ムヒュルの兄、
イム・ジョンウン →セリュ姫 役 ユリ王の長女 ムヒュルの姉
キム・ヘソン   →ヨジン役 ムヒュルの異母弟、ミユの息子、ユリ王の四男
キム・ジョンファ →イジ役  高句麗王妃 ムヒュルの正室 沸流出身 

オ・ユナ     →ヘアブ役  壁画長
チャン・テソン  →マロ役 ムヒュルの幼なじみで部下
キム・ジェウク  →チュ・バルソ役 ムヒュルの部下
パク・サンウク  →クェユ役 ヘミョンの側近、武将
イ・シヨン    →ヨナ役 ヨジンの侍女
キム・スンウク  →アンスン役 ミユの弟、ヨンダム城主
キム・ミョンス  →クチュ役 高句麗の大輔

キム・サンホ   →マファン役 奴隷商人
キム・ウォニョ  →コンチャン役 マファンの手下

キム・ビョンギ  →サンガ役 沸流の首長 諸加会議の最長老、
キム・ギュチョル →ミョンジン役 サンガの側近
チョン・ソンモ  →ペグク役  高句麗の右輔、サンガの養子

ハン・ジンヒ   →テソ王役 扶余の王
パク・ジョンハク →サグ役  扶余の財部早衣、
ソン・ビョンホ  →タクロク役 扶余 外使者 ヨンの父、

by jiyong-xg | 2011-05-06 01:16 | 韓ドラ あ~さ行