人気ブログランキング |

『倚天屠龍記』(いてんとりゅうき)2集まで♪

『射鵰英雄伝』『神鵰侠侶』に続く、"射鵰(しゃちょう)三部作"の最終章『倚天屠龍記』(いてんとりゅうき)を見始めました。

やっぱり武侠ドラマ大好きなのでたのしいで~す058.gif

なんと言っても私の素敵爺こと于承惠様が出ていらっしゃるだけでもう満足。
                       ちなみにお写真はこちら↓
『倚天屠龍記』(いてんとりゅうき)2集まで♪_a0198131_21282937.jpg



アクションシーンも多いしこれぞ武侠ドラマって感じでウキウキです。
2話までは屠龍刀をめぐるトラブルの中で主人公の両親となる二人の出会いまでかな016.gif

自分が原因なのに相手に謝らせる最強キャラ殷素素(いん・そそ)さん
『倚天屠龍記』(いてんとりゅうき)2集まで♪_a0198131_21341546.jpg




『レッドクリフ』で存知の方も多い臧金生さん演じる金毛獅王が無茶苦茶でしかも大暴れで~す。
『倚天屠龍記』(いてんとりゅうき)2集まで♪_a0198131_21311667.jpg



ドラマのPVです



以下思い切りネタばれしてます。










第1集 崑崙三聖 災いを呼ぶ宝刀 龍門鏢局 ニセ道士 瀕死の兪岱巌(ゆ・たいがん)

<無断で山を離れしもの鉄桶担ぎの罰を科す>
少林寺僧・覚遠(かくえん)の弟子の少年・張君宝(ちょう・くんぽう)は美しい鳥(鳳凰?)の後を追う。
☆かなり残念な鳥のCG…。以前よりはマシかな。
このレベルのCGってことですね。これ以降はCGには期待しないで視聴します。
まっ元々期待してないけど。中国ドラマはおおらかな気持ちで視聴ですね(笑)

君宝を追いかける覚遠は「崑崙三聖(こんろんさんせい)」こと何足道(か・そくどう)と出会う。
囲碁と剣の腕前を比べる。何足道は覚遠の見事な内功に対局せず負けを認める。
次は剣で戦う二人。君宝は師匠を助ける。
負けを認めた何足道は尹克西(いん・こくせい)からの伝言として「経典は皿の中にあり」という謎の言葉を残し去っていく。
☆冒頭から戦うシーンです♪大好き
「経典は皿の中にあり」は「経書是在油中」らしい。皿と油。どうやら苦心の末の翻訳らしい。

この事で張君宝は勝手に武術を身に付けて使ったことが少林寺の高僧たちにバレて捕らえられそうになる。(密かに武芸を習った者は殺すのが掟)覚遠は張君宝を背負い逃げ出した。

時は流れ、張三豊(ちょう・さんぽう=張君宝)は武当(ぶとう)派を起こし90歳を迎えていた。
張三豊の三番弟子・兪岱巌(ゆ・たいがん)は武当山に帰る途中に海沙派(かいさは)と天鷹教(てんようきょう)の争いに巻き込まれ屠龍刀を持った男を助ける。
彼は「武林の頂点。 宝刀屠龍 天下に号令せば 従わざるなし」と叫び毒により死ぬ。
偶然に宝刀・屠龍刀(とりゅうとう)手にした兪岱巌(ゆ・たいがん)は持ち帰り師匠に相談することに決める。
兪岱巌は天鷹教の毒針で受け屠龍刀を奪われる。
鷹教教主の娘・殷素素(いん・そそ)は武当派の弟子を殺して恨みを買いたくないと武当山へ送り届けたいと兄を説得。
殷素素(いん・そそ)は龍門鏢局に兪岱巌を武当山の武当派掌門・張三豊に引き渡すことを金2千両で依頼。龍門鏢局の頭領である都大錦(と・だいきん)が自ら10日以内で運ぶ事が条件。
4月9日までに送り届けられなければ龍門鏢局は皆殺しだと脅す。
この仕事を引き受け武当山へ向かう龍門鏢局の都大錦。
殷素素(いん・そそ)もこっそり後をつける。

弟子七人により張三豊(ちょう・さんぽう)90歳の長寿の祝いが開かれる日。
帰りの遅い兪岱巌(ゆ・たいがん)を心配し仲の良い五番弟子の張翠山(ちょう・すいざん)が迎えにいく。
期限に武当山の山門に着いた龍門鏢局の都大錦は、張三豊の1番弟子・宋遠橋(そう・えんきょう)に兪岱巌(ゆ・たいがん)引き渡す。怪力で指の形のついた礼金を受け取る都大錦。

兪岱巌(ゆ・たいがん)を引き取ったのは武当派の偽者一団(一番偉い人は汝陽王らしい)
兪岱巌は屠龍刀(とりゅうとう)を捜す彼らに手足砕かれる。
助けに入った殷素素(いん・そそ)もまた毒針を受ける。

龍門鏢局を見つけた張翠山(ちょう・すいざん)は張三豊(ちょう・さんぽう)90歳の長寿祝いに彼らを誘う。6人の兄弟子に会ったという都大錦の言葉から兪岱巌(ゆ・たいがん)が偽者武当派に連れ去られたことが判明。急ぎ捜す龍門鏢局と張翠山(ちょう・すいざん)
張翠山は兪岱巌を見つけ武当山に運ぶ。

龍門鏢局の都大錦が受け取った礼金についていた指の形の跡から小林派の金剛指と推測。 
龍門鏢局の都大錦も小林派なので彼らを疑う張翠山。否定する都大錦。
金剛指は門外不出の絶技で身に付けている物は少ないから「憶測は禁物」と武当派掌門・張三豊。

張三豊の治療を受けても兪岱巌(ゆ・たいがん)命が助かるかどうかは一月待たなければ分からない。
四肢が砕かれているため助かっても寝たきりは確実。

張翠山(ちょう・すいざん)は師兄の敵討ちを誓う。

七番弟子の莫声谷(ばく・せいこく)と二番弟子の兪蓮舟(ゆ・れんしゅう)は師匠の命で龍門鏢局を守るため臨安へ向かう。
張三豊は空に文字を書く。
「武林の頂点 宝刀屠龍 天下に号令せば 従わざるなし 倚天 出でずんば 誰か鋒を争わん」
☆師匠の後ろで真似てる張翠山がなんとなく可愛いです。

第2集 広がる遺恨 湖畔の出会い 魔教と屠龍刀 金毛獅王 船は孤島へ

真相を究明しろとの師匠の言葉を受け出発する張翠山
龍門鏢局vs張翠山
謝礼金を隠していた都大錦にこの金で不幸な民を救え!と張翠山
☆師兄LOVEな張翠山は真相究明でなくいきなり襲ったのか?
師匠は莫声谷と兪蓮舟(ゆ・れんしゅう)に龍門鏢局を守るため臨安へ向かわせたのに?
殷素素(いん・そそ)は張翠山が危ないと心配そうな様子。一目ぼれ?
そういう私も張翠山がちょっといいかもと思っていたりする(笑)

師匠のいる少林寺に助けを求める龍門鏢局の都大錦

龍門鏢局を訪ねる張翠山。
中に入ると家の者も少林寺の者も含め龍門鏢局は皆殺し。
少林寺の僧・円音と円業は張翠山が犯人と決め付ける。
現場を見ていたという少林寺の僧・慧風(えふう)。「身なりが同じ」ことを理由に張翠山が犯人と決めて話す。近づいてよく見たら顔が違うと気づいた途端に何者かに暗器で殺される慧風(えふう)
張翠山の仕業と思い込み襲いかかる円音と円業。
張翠山のピンチに暗器が飛んできて僧の目に突き刺さる。
これもまた張翠山が犯人と思い込み少林寺に報告に帰る円音と円業
龍門鏢局皆殺しの濡れ衣を着せられる張翠山。

琴の音に心惹かれ湖畔へ歩いていく張翠山。
☆珍しく男装しているのに女性と気づくのね。

その女性が殷という名としり師兄を龍門鏢局に託した人物と気づき礼をいう張翠山。
張翠山の質問が続く。
殷素素「恩か仇か 区別は難しい」
☆仇だよね?でもまあ殺されそうになるのは助けたっけ。ほんとに区別はむずかしい。

師兄が襲われたいきさつを聞くと
殷素素「そのことは残念に思っています。お気の毒に」

龍門鏢局皆殺しの件も尋ねる。
殷素素「都大錦との約束です。武当山までの護送中少しでも不手際があれば…」
暗器で怪我を負わされ許せなかったので屋敷の中の人も少林派の人々も全部殺したと告白。

自分に濡れ衣を着せた理由も尋ねると
殷素素「当ててみて」ととぼけて上着を脱ぐと中は張翠山と同じ服装。
毒の塗られた少林派の梅花鏢(ばいかひょう)を見せる。
☆ニセの武当派も彼女も相当なコスプレ好きね。

「少林派は武林の名門だ。毒の暗器を用いるなど聞いたことがない」と張翠山
20日前に負ったというその腕の傷で毒が全身に回るのももうすぐで、小林僧の遺体からは毒消しは見つからず腕の怪我は治らないと殷素素(いん・そそ)
. 張翠山は自分の内力で毒を搾り出してあげると約束。
☆皆殺し女が怖くないのか?

もう一度同じ格好をした理由を尋ねる。
「同じ格好をすればあなたに会えると思ったから」
「私は犯人に間違われたのですよ」
「悪気はなかったんです」
皆殺しを問い詰められ言い訳する殷素素(いん・そそ)。
何千何万いる小林派を暗器に当たったからと皆殺しにしたと説教する張翠山。
☆説教した時点で彼女にかなりの興味がアリって事ですね。

その説教にカチンときた殷素素「あなたは高潔な方で私は非道な女なのね」と侮辱したとご立腹。
「全部あなたのせいよ そもそも兪岱巌を護送しなければ武当山で賊に襲われることもなかった。あの時あなたが早くきていれば… 死ぬのは私の勝手よ」と逆切れの素素。
「こんなわがままな娘は初めてだ」張翠山
治療を受けさせたいなら「非道だとなじった」事を謝れと素素
適当に謝る張翠山をみてまたまたご立腹な素素は誠心誠意心から謝れと謝罪のやり直しを求める。
☆まじめに謝り直す張翠山クンは結構可愛いです。
早く謝らないから胸まで痛くなったとあまり可愛げなく甘える素素を治療する張翠山。
もうすでに尻にしかれてる?

屠龍刀のお披露目が王盤山島で開かれると聞いた張翠山は師兄の襲われた手がかりが得られるかもと彼女についていく。

莫声谷と兪蓮舟は鏢局に着くがときすでに遅く…。戻って師匠に報告することにする。

天鷹教(てんよう)による屠龍刀のお披露目は始まる。
邪派の者ばかりあつまっている。
☆どう考えてもトラブル必至。このお披露目は止めた方がいいけど

天鷹教教主の殷天正の変わりに彼の娘・殷素素が紫微堂堂主として挨拶する。
屠龍刀が人々の目の前で披露される。

金毛獅王こと謝 遜(しゃ・そん)が屠龍刀を奪いにやってきて大暴れ。
屠龍刀を手に入れ「すばらしい まさに名刀だ。この屠龍刀おれがもらっていく。文句があるか?」
金毛獅王なりの理由で海沙派や巨鯨幇など悪者退治。
☆こういう暴れん坊はたのしいね!

張翠山は謝 遜に自分が勝ったら願い事を叶える約束で手合わせを願い出る
師匠を真似て岸壁に字を刻む張翠山
「武林の頂点 宝刀屠龍 天下に号令せば 従わざるなし 倚天 出でずんば 誰か鋒を争わん」

書道で武芸を表す張翠山感心して負けを認める金毛獅王。
張翠山は屠龍刀を持ち帰る代わりに皆を許してほしいと願うが聞き入れない金毛獅王。
殷素素と張翠山に布で耳を塞ぐように言ってから驚異的な威力で叫ぶ金毛獅王

殷素素と張翠山は縛られ船底。

屠龍刀を狙う輩から刀と身を守るため孤島にむかう謝 遜
自分の居場所を知られると困るから殷素素と張翠山を開放する気はなく孤島に連れて行く予定。

「もし刀の秘密が解けない場合は?」と張翠山に問われた謝 遜は「その時は一生俺と島で過ごすことになる。美男と美女 意気投合しているようだ。島で夫婦となって子を産み育てれば幸せになるぞ」

28歳のとき敬愛していた人物に裏切られ両親と妻子を失ってからは人を信じないと二人の釈放は認めない謝 遜
仇を討つため屠龍刀を奪った謝 遜。

逃げ出す策を考える二人。

by jiyong-xg | 2011-03-28 21:45 | 倚天屠龍記