人気ブログランキング |

「THE MYTH 神話」 11話まで♪

「THE MYTH 神話」 11話まで♪_a0198131_1433716.jpg

「THE MYTH 」神話 11話まで♪
少しづつ小川が男っぷりを上げてきました。
でも基本は軽い.
よく言えばピンチでも希望を見つけるタイプです。
でも結構癖になる味わいのキャラになってきました。


現代と古代の話がうまい具合に交差して面白いです。
しかしツッコミ所は数知れず。

以下思い切りネタばれです。



9話
新しい登場人物 
笵喜良(はんきりょう)

石の机が割れて中から箱が出てくる。
窃盗団が奪い取りに乱入。
箱の奪い合い。警察のサイレンで窃盗団逃げ出し、箱の中のお宝は守った易大川。
☆しかしずっと思っていたが何故祭りの時の子供用のようなお面なのだろう?一気に安っぽくなるわ。
 案外ランの武術のスキルが高かった(驚)
 あと易ママが住居侵入を心配してましたが、器物破損と窃盗もですがな!とツッコム私。
 大川を心配し面倒見たがるランが気になる。

秦国
劉邦は労役のための人夫2人に逃げられる。
60年後だったら100歳超えていると落ち込むガオ・ヤオを料理の腕を活かせと慰める小川。
料理の神になってやるとガオ・ヤオ。
歴史に暗いガオ・ヤオにドラマで覚えたと歴史解説する小川。
「ドラマの内容って正しいのか?」とガオヤオに尋ねられた小川は「実際には勝手な創作も多い。真偽のほどは自分で確かめないと」と答える。
☆ここでの歴史解説シーン含めガオ・ヤオのシーンはかなりおバカで笑える。
 

逃亡者がでて困り果てていた劉邦のところへ小川がガオ・ヤオを伴い訪ねてくる。
天の助けとばかり二人を泥酔させ、逃亡した労役の人夫の代わりにしてしまう。
☆他の人夫の前では義理の弟を皆の為とはいえ騙す自分は犬畜生以下だと泣いてみるものの、
確実に小川を生きて帰れない長城の労役(ガオ・ヤオは官奴)まわしたり、目覚めた小川の前では役人の仕業と思い込ませる劉邦君。さすがだね!でも主人公だから死にませんけどね。

「THE MYTH 神話」 11話まで♪_a0198131_13592995.jpg

官奴のガオ・ヤオも要領悪いためひどい扱いになってます。
長城の建設現場に向かう最中の小川は倒れた男を助ける。
「俺も以前死人同然に扱われた。ある人が救ってくれてこうして生きてる。だから見捨てない」
☆呂素の死が小川を成長させたようです。良かった♪
 この助けた男の名は笵喜良(はんきりょう)どっかで聞いた名前と思って調べてみた。
 その説明を読んで思い出しのですがこの男と妻の物語はどこかのドラマで見た記憶があります。
 どのドラマだっけ?

空腹のあまり厨房で盗み食いのガオ・ヤオ。
役人が料理人を欲しがっていると知って自ら志願。あっさりOKの役人に連れて行かれ、手足を縛られ8日間卵の黄身のみ食べさせられる。小水も出なくなったガオヤオを見て「準備が整った。はじめろ」と命ずる役人。
☆きゃ~ガオ・ヤオやっぱり切られるのね(痛)040.gif

10話
新しい登場人物
胡亥皇子


宮中に上がって料理人になるには浄身が必要とばっさり切られるガオヤオ007.gif
笵喜良の働きが悪いと食事を食べさせない役人に1対1の勝負を挑む小川。
小川WIN。
この役人結構いい人。素直に勝った小川を褒めて労役免じて自分の下で兵になるように勧める。
断る小川に強要はせず、足かせも外させるように命ずる。



宦官になってしまったからには最高位を目指す決意のガオ・ヤオ。
しかし現実は一番の下っ端で殴られる日々。
しかしある日、単(ぜん)総管が胡亥皇子付きの料理人を探していた。
胡亥皇子が次期皇帝と小川から教えてもらっていたガオ・ヤオは自分から申し出て胡亥皇子付きの料理人となる。彼の作る料理が気に入った胡亥皇子。
ガオ・ヤオも世渡り上手ななって単(ぜん)総管への賄賂も忘れない。

現代
ダーチュアンには千年妖怪との会話で湯巫記に隠されていた地図を見つける。
☆ダーチュアンってばそれくらい自分でみつけてよ~。

ダーチュアンと易パパ・ランで湯巫記と地図の謎を解明中。
地図と湯巫記の内容は対応していると判明。
地図に書かれた湯巫訣という口伝が本の謎を解く鍵になりそうと説明。

易ママが加わる。
湯巫訣を読んだ易ママは驚く。
易ママ邸へ移動する4人。
易ママの実家で代々受け継いできた一族の秘密が隠された文章を見せる
「喜怒憂思悲恐驚五行は天然と交わる。双生は下って金丹を鋳じ、図安の伏虎は木本を主る」
湯巫訣と同じ。
2千年分の直系の家系図を見せ、「五行者」のうち「金行者」の子孫であること打ち明ける易ママ。
祖先から伝わる宝の指輪が宝箱の凹と同じで扣龍鍵(こうりゅうけん)鍵とわかる。
残り四家の指輪があれば宝箱が開くと判明。

宝箱を手に入れている窃盗団はこの会話もしっかり盗聴中
謎の黒づくめの男とルオ・ラー。謎の男は窃盗団仲間らしい。

地図と口伝を頼りに残る四行者を探すことに。
地図から図安の位置をさぐる4人。

古代秦国
笵喜良の新婚の妻の名「孟姜女」と知り驚く小川は、
「誰でも知ってるさ。涙で長城を崩壊させた女だよ」と話す。

どこかの部族に襲われる小川たち。
人殺しはしないと刀は使わなかった小川は戦いの中身を守るためついに人を殺してしまう。
結局小川たち労役人は図安の捕虜となる。
図安にある石碑に「小川ここに参上」と書き記す小川。
☆もう少し戦いの中で人を殺してしまった小川の心中を描いて欲しかったな。
「小川ここに参上」って書くように小川のピンチにあってもどこかユーモアをもった行動(軽いといえば軽いけど)結構好きです。気分がシリアスになった後ほっと出来る。

現代
図安らしき場所にやってくる4人。
石碑発見「図安」の文字。

11話
新しい登場人物
龐(ほう)10話から登場ですがようやく名前が判明。小川のと1対1で戦った秦役人
図安の玉漱姫


「図安」石碑に2千年の風化を感じる現代の簡体字で書かれた「小川に参上」の文字
☆もう少し「現代の簡体字で書かれたって事」に驚いて突き詰めて考えても良さそうな気が…。

村人の話から「伏虎妖怪」と呼ばれるほこらがありそこは以前は「伏虎村」という地名だったと判明。
ほこらを守る老人に会いに行く。
先回りしていた盗賊団はほこらを守る老人を脅していた。
そこにと易ファミリーとランかやってきてバトル。村人の応援で盗賊団は逃げ出す。
☆またまたお面でバトル。画面がアホに見える。
 しかもいつもつめが甘く逃げ出す窃盗団の皆さん。
 しかしランは強いな♪
 易ママと易パパの呼吸が合ってきたようですね♪

ほこらの老人が木行者の子孫と判明。
木家の2行「図安の伏虎は木本を主る。丈夫と当帰は土から生まれる」という2行から、一行目は自分の一族 2行目は別の一族を示していて5家の子孫が集まれば湯巫訣が完成すると判明。
しかし盗賊団と戦っている時に燃えた地図。その燃えた部分が次の一族のヒントだった。
そして木家の先祖伝来の指輪も見つかり二つ目の鍵発見。

離婚の時、易ママが小川を引き取り、易パパが大川を引き取る。
母に引き取られた弟が羨ましかったと本心を話す息子に易ママも事情を話す。
ほこらの像には頭部がなく虎を踏んでいる理由を木行者の子孫のおじいさんに聞く易パパ。
はるか昔このあたりにあった図安という国の話を始める老人。
☆現代と古代の話の進行の仕方が実にうまいですね。

古代図安
捕虜となった小川と秦国人。
図安の玉漱姫の成人の儀式にて秦国人の奴隷たちは図安の神にささげられることになる。
反対する玉漱姫だったが、儀式は行われる。
奴隷は閉じ込められ虎がはなたれる。
「THE MYTH 神話」 11話まで♪_a0198131_14352111.jpg

「THE MYTH 神話」 11話まで♪_a0198131_14354736.jpg

小川の虎の装飾品のパワーで虎も退散し何とかその場では命は助かる捕虜たち。
夜中脱走を試みるも図安の将軍にすぐみつかる小川と捕虜たち。
「THE MYTH 神話」 11話まで♪_a0198131_14361828.jpg

☆相変わらずピンチでも撮影する小川ですが、
「首謀者は俺だ。彼らは見逃せ」という小川。ほんと随分男っぷりが上がってきたわ016.gif
 

by jiyong-xg | 2011-03-07 00:58 | THE MYTH 神話