人気ブログランキング |

中国ドラマ 「創世の龍 ~李世民 大唐建国記~」

a0198131_2322157.jpg

創世の龍 ~李世民 大唐建国記~
2010年春に見た華流ドラマ「皇帝李世民」は唐が建国してからのお話でした。
その後韓国ドラマ「テジョヨン」を視聴。
このドラマには李世民が登場するのですが、韓国人の目線で作られているのでもちろん散々な扱い。
「テジョヨン」を見たことで再び李世民がすごく気になり、
「創世の龍 ~李世民 大唐建国記~」を見ることにしました。
このドラマは、隋王朝崩壊の過程から建国の過程、
李世民が皇帝になり国として安定するまでを描いています。



全体の感想です。
多少ネタバレしてます。厳禁な方は注意してください。








a0198131_0718100.jpg


2005年 中国  原題 開創盛世
監督:王文傑(ワン・ウェンジェ)
 
沈暁海(シェン・シャオハイ) →李世民 役
鮑国安(バオ・グオアン)   → 隋の煬帝 役
孫菲菲(スン・フェイフェイ) →月容公主 役 煬帝の娘
文治(リィゥ ウェンジ)→李淵 役   唐初代皇帝
張子健(ジャン・ズジェン-)→李建成 役 李淵の長男
楊冬 (ヤン・ドン)  →  李元吉 役 李世民弟
侯勇 (ホウ・ヨン)→魏征 役
張元栄 →長孫無忌 役    
王偉   →蕭禹  役 
張国生 →-屈突通 役    
李旗山 →王世充 役    
薩仁高娃→蕭皇后 役    
李振起 →-李密 役    
包海竜 →秦叔宝 役    
宋暁娜 →長孫皇后 役    李世民正妻
宋松  → 張婕妤 役    
夏天  →薛仁 役

栄華を極めた隋王朝も乱れ始め各地で反乱が相次いでいた。そんな中、巡幸中の皇帝煬帝の危機を宰相李淵の次男李世民が救い頭角を現す。その後李世民は父に挙兵を決意させ隋王朝を討ち李淵は618年に唐王朝を興す。隋滅亡とともに李世民と隋の公主・月容の恋も引き裂かれる。
戦で実績を上げていく李世民。苦悩の果てに決意をし皇太子となり、そして皇帝となる。中国史の中でもっとも偉大な皇帝の一人といわれる李世民の物語。





主人公を演じた役者さんの容姿は好みでなかったのが残念なところでしたが、
主人公は英雄らしくカッコよくて、見やすく楽しめる作品でした。


李世民は実兄と実弟を討って皇太子になるのですが、
実の兄弟を討ってまで自分が生き残る道を選ぶ事に納得できるストーリー展開なのかが
楽しみの一つでした。
弟は最初から駄目な人物として描かれていますが、
兄・李建成は最初の頃李家の長子として一家を守る良い人物で、
良い人だった兄が嫉妬と疑心暗鬼でだんだん変わっていく過程が丁寧に描かれていたので
こういう描き方もありということで、何とか納得できるものになっていたと思います。
とはいっても兄弟を殺す主人公を綺麗に書きすぎですが…。


隋や唐の家臣たちも個性豊にそれぞれの立場でいろいろ狡賢く画策する姿が面白かった。
特に魏征と封徳彝はなんだかとってもお気に入りでした。
この魏征と封徳彝の李世民の関係の違いが面白いです。
諫言ばかりする魏征。世民の気持ちを先読みし心に響く言葉を見つけようともがく封徳彝。
封徳彝の臨終後に耳元で語った「そちを信頼していたぞ。朕とて人の子だ。賛辞を嫌うわけがない。そちの賛辞が内心うれしかったのだ」という台詞。彼の病死後家臣たちの前で封徳彝を重用した気持ち正直に語るところが妙に心に響きました。
皇帝にとっての真の忠臣、良臣とはなにかドラマ見つつ考え、
そして自分自分にとっての信頼できる人物…っていったい何だろう?… と考えました。
「恐れず真実を語ってほしい。朕が過ちを犯したときこそ戒めて欲しい」この台詞が耳に残っています。

053.gif恋の話ですがこのドラマで世民はドラマ冒頭にはすでに結婚しているので(笑)
月容との恋はこの時代だから成り立つって事です(笑)。
隋の頃の李世民は月容公主の気持ちを利用している感じが少しありますが、まだ十代って事でOKかな(笑)
月容の生き抜く力たくましさはいいですね。世民に対しての気持ちの変化も見所でした。
そうそうラブシーン♪ わざわざ月容を馬に座らせてからの動く馬上でのラブシーン。なかなか手の動きが私のツボだったのでリピしてしまいました。でも馬上の撮影大変だったろうな。
世民とは常に仲がよい正妻さんは、このドラマでも皇后らしく賢夫人でした006.gif

「創世の龍」を見た後で「皇帝李世民」を見ればすごく楽しめただろうと後悔です。順番は大切ですね~。と言ってもいまさらもう一度「皇帝李世民」を見る気力はないです。
2010年夏ハマっていた韓ドラ「テジョヨン」で散々な扱いだった李世民。
「創世の龍」ではもちろん英雄
韓国ドラマにおける李世民、中国ドラマにおける李世民、
その扱いの違いを楽しめる日本に生まれてよかった~と心底思っています。

見やすいドラマでした。私はかなり大好きです。
評価は☆4↑(満点は☆5 ☆4↑は☆5に近いという意味です) 



2010年11月視聴

by jiyong-xg | 2011-02-28 00:11 | 創世の龍~李世民大唐建国記~