人気ブログランキング |

關西無極刀」 18話まで♪

關西無極刀」 18話まで。
康国・安国・回鶻国の王子たちのお気楽な感じがなかなか良いです(笑)
沙里飛の生への執念には少し脱帽です。

以下思いっきりネタバレです。
ネタバレ厳禁な方は注意です。








「孩哥は兵に囲まれ自由に動けない状態だった」と好妹に話す智玄
智玄の怪我は一刀仙待ち伏せされ飛刀でやられたと聞かされる好妹。
王鉷宅を息子岫(しゅう)を連れて訪ねる李宰相。王鉷の娘王鶯と岫には縁談話が持ち上がっているようだが、岫を毛嫌いしている王鶯は挨拶にもいかない。
王鶯の気持ちは分かります045.gif

都に着いたニセ楼蘭王子。楼蘭国の使臣たちと王子は久しぶりの面会。
楼蘭国の使臣たちの一人があまりに雰囲気の違う王子に不思議がるが、他の使臣たちに王子は大人になったのだと説得され納得。
そりゃ偽者だし、漢語がぺらぺらだからね~。

王鉷夫人は夫の帰りを待っている。一足先に息子王準が帰ってくる。
王準さんかなり年だと思っていたら、
辺境の長官になって10年で嫁なしだそうで30代かしら?
ふけてるよね~♪

智玄は好妹に「都へ孩哥を探しにいけ」と言って亡くなる。
好妹を何とか守ってきた義に厚い男智玄が亡くなってしまった。
絶対好妹は簡単に誰かに騙されそうだ。

都では康国王子、安国王子、回鶻国王子、楼蘭国王子の歓迎式典開催で大賑わいです。

胡姫は胡姫酒楼で踊り子をしている。
胡姫は安達と康俊王子の姿を人ごみの中から眺める。

「都にいる傘屋の従弟が面倒を見てくれる。その家までの道はわしの馬が覚えている。決して人に道を尋ねるな」と智玄にかなり念押しされたにもかかわらず道を尋ねまくりの好妹。
しかも人に盗んでくださいって感じで無極刀を背負ってるし…。

胡姫は義父(康俊の叔父)に康俊の暗殺を命じられたこと、康俊を愛しているが義父には恩があり裏切れないと安達に打ち明ける。

辺境の地で10年がんばった王準。彼なりに自力出世を目指し楼蘭王子暗殺までした。苦しい心情を父に話します。
父王鉷はそんな息子に皇帝暗殺計画を打ち明けます。
この10年金を使い重臣たちを味方につけ帝位簒奪の準備は整った。
後は無極刀を手に入れば暗殺の好機が得られると。改めて無極刀の捜索を命じられる王準。
金を使って味方にしたってダメな気が…。

智玄の傘屋の従弟は火事で亡くなっていた。
好妹の背中の荷物を狙う男二人。
ヒロインはすごく可愛い普通の女の子。
でもそれだけではイマイチ盛り上がらない私です。

一刀仙な王鉷に智玄の死と好妹の生存を報告。

王鶯(おうおう)は眉児に四国の王子たちのそれぞれの魅力を語ります。本命は楼蘭王子。
孩哥は王鉷宅を訪ねる。
孩哥の姿を見かけ王鉷宅のまえまで追っかける好妹。「楼蘭王子の妻」と言ってしまって変な女と思われ追い払われる。一刀仙は「楼蘭王子の妻」と言ったという女が好妹ではと気付いて探す。
王鶯が楼蘭王子が本命って事が最後あたりで重要なんですよね。たぶん!

孩哥は王子のフリはもう限界とに沙里飛への復讐を早く果たしたいと詰め寄る。
今王子の死がばれれば二つの国は戦争になり民が犠牲になる。「祖国の為に自分の使命を果たせ」などと上手いこと言い包められて、もう少し王子のフリをすることを受け入れる孩哥。
沙里飛の姿を確認したいと申し出る。
王鶯は楼蘭王子と話したくて父に声をかける。王子と話せてウキウキな王鶯でした。
王鉷に言い包められた孩哥に、父の3つの教え「正しい目、正しい手、正しい口」を言ってあげたくなりました。


好妹は背中の荷物を男二人にとられてしまう。
男たちは中身が刀でがっかり。
いくら可愛くても泣いてばかりのヒロインに少しイラつく私。

四国王子は勉強中。適当に答えた楼蘭王子の答えを深読みしほめる師匠。
授業が終わりみんなで胡施舞の店行くことになりますが、一人楼蘭王子は断ります。
三人でお店へ、康俊は踊り子が胡姫と気付く。久しぶりの再会。
「俺に会い来たのか」と自信満々な康俊でした。
王子たちのお気楽さが最高です037.gif

沙里飛のいる牢へ馬車で向かう孩哥と王鉷。
雨の中孩哥の名を叫び探す好妹。

変装している孩哥と王鉷。
牢では沙里飛は拷問を受けている。王鉷に「よくも騙したな。俺を利用したな」と叫びます。
「師匠を殺したのは飛刀。俺じゃない。一刀仙だ」と沙里飛は言いますがまったく信じない孩哥。
敵討ちは陛下の還暦祝いが済むまで待ってくれと孩哥に王鉷は頼みます。

瓜州に戻ってきた王準。夫の命乞いをする梅娘に「助けるかは全てはお前しだいだ」と言い寄ります。
王準に身を任せる梅娘。
梅娘は騙されてばかりですね008.gif

鎖で吊るされている「王鉷  復讐してやる」と叫ぶ。
そんな沙里飛に牢番は「王鉷の力を知らんのか。朝廷一の権臣だ。宰相の李林其以外 文武百官の誰もが王鉷にひざまずく」 と話します。
その言葉を聴いて沙里飛は牢番に一生遊んで暮らせる位の玉を渡し、血で書いた書状を李林其に届けさせます。
なぜ牢でそんな高価なものを隠しもっていられるのかが不思議なところです(笑)

王子暗殺とニセ王子について書かれた書状を読んだ李林其は声をだし笑う。息子に「贈り物の目録なの?」と聞かれ「「これはどんな宝よりも貴重な贈り物だ。これがあればお前の王鶯が手に入る。王鉷に縁談を持ち込む」と出かける。
李林其が息子が入れた烏龍茶が実は刻みタバコ入りのお茶と分かっても飲んであげたところはちょっと好きでした。でも不正を暴かず王鉷に縁談を持ちかけるって…。結局悪いのね~。

王鉷邸にやってきたニセ王子孩哥。王鶯が囲碁を教えると誘いますが、彼女に「王子に見えない」と言われて
「何だと。俺は王子だ」と声を荒げます。

質屋に飯代くらいの代金で刀を売る銅哥と鉄弟。
その刀が店で一番高価な宝剣を音もなしに一刀両断したことから、鍛冶屋に鑑定してもらう質屋の主人。
無極刀と判明。
この様子を聞いている役人が気になります。大金が舞い込むからこの人も刀を狙うのかしら?
銅哥と鉄弟は胡姫酒楼へ。
町で絹の傘を売る好妹。
その傘を買いたい胡姫。代金を持ち合わせていなくて好妹をつれて店に帰ります。
好妹は店で刀を盗んだ二人を見つけ詰め寄ります。
胡姫に「どうしたの」と尋ねられ「私の物を盗んだの」と答えます。
二人は濡れ衣と言い張ります。
「お願いだから返して。刀は父の形見です。お金は差し上げます。刀だけは返して」と涙を流し頼みます。
逃げ出す二人を捕まえる胡姫。
胡姫がカッコイイですね~♪

あと残り2話。どうやってまとめるのか楽しみです060.gif

by jiyong-xg | 2011-02-26 00:30 | 關西無極刀