タグ:韓国ドラマ 時代劇 ( 29 ) タグの人気記事

韓ドラ「輝くか、狂うか」簡単に感想♪

a0198131_23402459.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」原題→빛나거나 미치거나 全24話
原作→ヒョン・ゴウン 
脚本→クォン・インチャン、キム・ソンミ 演出→ソン・ヒョンソク
キャスト
チャン・ヒョク→ワン・ソ役 太祖ワンゴンの第四子で皇后(第三夫人)の三男。 宮廷外で育つ
オ・ヨンソ→シンユル役 渤海最後の王女、青海商団を率いる
イ・ハニ→ファンボ・ヨウォン役  太祖の第四夫人の娘 ワンウクの姉 強い野望と権勢欲を持つ
イム・ジュファン→ワン・ウク役 太祖の第五子 息子の中で最も優秀で後継者と目されて育つ
イ・ドクファ→ワン・シンニョム役 執政 太祖の従弟、建国功臣
リュ・スンス→定宗(ワン・ヨ)役 高麗第三代皇帝、ワン・ソの同母兄
ナ・ジョンチャン→セウォン役 ファンボ家の護衛武士 ワン・シンニョムの手下
キム・レハ→ウンチョン役 ワン・ソを支える隠密組織の一員
シン・スンファン→キルボク役 ワン・ソの小間使い
ナム・ギョンウプ→太祖ワンゴン役 高麗初代皇帝
チ・スウォン→皇太后ユ氏 役 ワン・ソの母、太祖の第三夫人
ホ・ジョンミン→ヤン・ギュダル役 シンユルの兄
キム・ソニョン→ペンニョ役 青海商団
アン・ギルガン→カンミョン役 青海商団
チョン・ウシク→キョン役 青海商団 シンユルの護衛武士

時は高麗初期。皇宮に不幸を招くという破軍星の下に生まれた皇子ワン・ソ(チャン・ヒョク)は皇宮を追われ、金剛山で育つ。ワン・ソの父、ワン・ゴンは権力争いの絶えない皇宮を建て直すため、ワン・ソを呼び戻すが、自身は何者かに暗殺されてしまう。ワン・ゴン暗殺の犯人を追って中原の開封(ケボン)にやって来たワン・ソはその地で渤海最後の王女、シンユルに出会う。
―5年後、ワン・ソは腹違いの姉であり、豪族ファンボ家を母に持つヨウォンと結婚していたが、今も王建暗殺に隠された陰謀を追っていた。その頃、シンユルも青海商団を率いて高麗にやって来ていた。ワン・ソとの再会に胸をときめかせるシンユルだが、ワン・ソは彼女に気付かず、さらに彼が結婚していると知り、すっかり失望してしまう。一方、ワン・ソの妻ヨウォンは弟のワン・ウクを次期皇帝の座に就けるべく、密かに陰謀を巡らせていた。その先には死んだワン・ゴンの従弟で皇宮の支配者、ワン・シンニョムの姿があった。(HPより)

More
[PR]

by jiyong-xg | 2016-10-19 23:40 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

韓ドラ「朝鮮ガンマン」全体の簡単な感想♪

a0198131_23425292.jpg

韓国ドラマ「朝鮮ガンマン」조선 총잡이 全22話
脚本:イ・ジョンウ、ハン・ヒジョン
演出→キム・ジョンミン、チャ・ヨンフン
キャスト
イ・ジュンギ→パク・ユンガン(長谷川半蔵)役  武衛所の別将パク・ジナンの息子
ナム・サンミ→チョン・スイン役 訳官のチョン・ヒリョンの娘
チョン・ヘビン→チェ・ヘウォン役 行商団・京畿褓商の長チェ・ウォンシンの娘
ハン・ジュワン→キム・ホギョン役 開化を志す革命家 守旧派のキム・ビョンジェの息子(庶子)
ユ・オソン→チェ・ウォンシン役 行商団・京畿褓商を率いる 銃使い チェ・ヘウォンの父
チェ・ジェソン→パク・ジナン役 パク・ユンガンの父、武衛所の別将
オム・ヒョソプ→チョン・フェリョン役  チョン・スインの父、訳官
アン・ソクファン→キム・ビョンジェ役 ホギョンの父親 右議政 守旧派
イ・ミヌ→高宗(コジョン) 役 朝鮮王朝第26代王
イ・ドンフィ→ハン・ジョンフン役 左捕庁の捕校  パク・ユンガンの友人、
チェ・チョルホ→ムン・イルホ役 武衛所の副官  パク・ジナンの部下
キム・ヒョンス→パク・ヨナ役 パク・ユンガンの妹
チェ・ジェファン→サンチュ(佐藤) 役 山元商団の団員 パク・ユンガンの部下
大谷亮平 →金丸 役 長谷川半蔵と共に朝鮮へやってきた山元商団の団員
ユン・ヒソク→キム・オッキュン役  開化派 パク・ユンガンの命の恩人
ハ・ジウン→中殿ミン氏 役 高宗の正室
キム・ガウン→ジェミ役 ユンガンの使用人
キム・ウンス →山元 役 日本の豪商

朝鮮王朝末期。時の王、高宗が支持する開化派の学者たちが謎の銃使いによって次々襲われ、武官のパク・ジナン(チェ・ジェソン)は王命により捜査に乗り出す。ジナンの息子ユンガン(イ・ジュンギ)は男装した娘スイン(ナム・サンミ)を銃使いと勘違い、さらに妙な縁から彼女の家に居候することに。はじめはユンガンに悪印象を抱くスインだったが、ユンガンに窮地を助けられ、互いに惹かれ合っていく。そんな中、ジナンが銃使いに殺され、ユンガンもスインの目の前で銃に倒れる。3年後、港を訪れたスインは、日本から商談のためにやってきた商人・半蔵に出会う。ユンガンに瓜二つの半蔵に驚くスインだが、半蔵の態度は冷たい。一方、半蔵は行商団・京畿褓商の長ウォンシン(ユ・オソン)と接触するが、その真の目的は腕に傷跡が残る銃使いを捜すことだった。(公式HPより)


韓ドラ「朝鮮ガンマン」観終りました♪


以下 なるべくネタバレないつもりで簡単に感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2016-09-02 23:43 | 韓ドラ た~は行 | Comments(0)

韓ドラ「火の女神 ジョンイ」簡単な感想♪

a0198131_23475054.jpg


韓国ドラマ「火の女神 ジョンイ」 原題→ 불의 여신 정이 全32話
演出:パク・ソンス、チョン・デユン 脚本:クォン・スンギュ 
キャスト
ムン・グニョン→ユ・ジョン役  分院の工抄軍 朝鮮一の沙器匠になることを決意し
イ・サンユン→光海君(クァンヘグン)役 朝鮮王朝第14代王・宣祖の次男
キム・ボム→キム・テド役 ユ・ジョンの幼なじみ
パク・コニョン→イ・ユクト役 イ・ガンチョンの息子で、分院の辺首
ソ・ヒョンジン→シム・ファリョン役 破器匠シム・ジョンスの娘 ジョンとテドの幼なじみ。商団で働く
チョン・グァンリョル→イ・ガンチョン役 分院の郎庁。朝鮮一の沙器匠だと自負 イ・ユクトの父
チョン・ボソク→宣祖(ソンジョ) 役 朝鮮第14代王、光海君の父
イ・ジョンウォン→ユ・ウルダム役 ジョンの養父 一流の沙器匠だったが、ガンチョンの策略により…
ハン・ゴウン→仁嬪(インビン)キム氏 役 宣祖の側室  信城君の母
イ・グァンス→臨海君(イメグン)役 光海君の兄
ピョン・ヒボン→ムン・サスン役 ウルタム、そしてジョンの陶芸の師匠
チョン・セイン→信城君(シンソングン)役 宣祖と仁嬪キム氏の間に生まれる
ソン・オクスク→ソン行首役 商団の行首  ファリョンを商団の中心的人物に育て上げる
ソン・ジル→シム・ジョンス役 ファリョンの父、分院の破器匠
チャン・グァン→イ・ピョンイク役 吏曹判書。仁嬪キム氏と共に信城君を王座に就かせようと画策する。
パク・ヒョンスク→オ・グッピ役 沙器匠の助役、練正として釉薬の配合を担当する
チャン・ヒョジン→マプン役 ガンチョンの護衛。ガンチョンに命でヨノクを斬り、数年後にウルタムを暗殺
ソン・ヨンギュ→コ・ドッキ役 分院の火匠として、窯の火を管理。破器匠のシム・ジョンスと親しい。

16世紀後半、朝鮮第14代王・宣祖の時代。沙器匠(サギジャン)のイ・ガンチョンとユ・ウルタムは王命を受け、陶磁器製造所・分院(プノン)の最高官職・郎庁(ナンチョン)の座をめぐって勝負をする。宣祖は2人が作った茶器を気に入るが、仁嬪(インビン)キム氏とガンチョンの計略に陥ったウルタムは、無実の罪で分院から追放される。同じ頃、沙器匠の助役ヨノクは分院の窯の中で女児を出産。師匠のウルタムに娘を託し、この世を去ってしまう。ウルタムにジョンと名づけられた赤ん坊は、やがて陶芸よりも狩りや弓に夢中のおてんばな少女に成長する。ある日、ジョンは山の中で光海君と運命的な出会いを果たし、今まで感じたことのない胸の高鳴りをおぼえるのだった。そんな中、ウルタムは分院に戻る機会を得るが、ガンチョンが送り込んだ刺客に暗殺されてしまう。突然父を亡くして傷ついたジョンは、ウルタムを侮辱するガンチョンの言葉を偶然耳にし、沙器匠となって父の無念を晴らそうと決意する。それから5年後―。朝鮮一の沙器匠となるため、男装してテピョンと名を変えたジョンは、ひょんなことから光海君と再びめぐり合うが…。(HPより)

韓ドラ「火の女神 ジョンイ」観終りました♪
まずまず楽しめました。
私の満足度は☆3↓(満点は☆5) 
☆2か☆3でかなり迷いましたが 悩んだ結果下向き矢印付きの☆3↓になりました。

以下 多少ネタバレで簡単に感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2016-07-14 23:52 | 韓ドラ た~は行 | Comments(0)

韓ドラ「夜警日誌」全体の簡単な感想♪

a0198131_0231423.jpg

韓国ドラマ「夜警日誌」야경꾼 일지 全24話
演出→イ・ジュファン、ユン・ジフン
脚本→ユ・ドンユン、バン・ジヨン、キム・ソニ

キャスト
チョン・イル→イ・リン役 月光大君 先王の嫡統王子
コ・ソンヒ→トハ役 白頭山に住むマゴ族の娘
ユンホ→カン・ムソク役 王直属の武官。朝廷の実権者パク・スジョンの甥
ソ・イェジ→パク・スリョン役 パク・スジョン(領議政)の娘 恵民署で貧しい領民達の看護をしている
ユン・テヨン→チョ・サンホン役 先王に仕えた元“夜警隊”隊長 今は鍛冶屋
キム・フンス→キサン君役 現在の王 イ・リンの異母兄 
キム・ソンオ→サダム役 龍神イムギを崇拝する龍神族の族長
チェ・ウォニョン→恵宗役 イ・リンの父、先王
ソン・イウ→王妃ミン氏 役 イ・リンの母、恵宗の正室
ソ・イスク→チョンス大妃役 イ・リンの祖母
イ・ジェヨン→パク・スジョン役 領議政 パク・スリョンの父、カン・ムソクの叔父
コ・チャンソク→太っちょ政丞役 イ・リンの守護鬼神
イ・セチャン→ソン内官役 イ・リンの守護鬼神
カン・ジウ→ランイ役 イ・リンの守護鬼神
ユ・ダイン→ヨンハ役 マゴ族の巫女 トハの姉
ムン・ボリョン→モ・ヨンウォル役 梅蘭房の房主
時は朝鮮時代。人間界の支配を目論む龍神族のサダムが野望実現のために動き出した。平和な朝鮮の首都・漢陽は突然、闇に包まれ、おびただしい数の隕石が宮殿に落下。結界の破れた宮殿に悪霊たちが侵入し、恵宗王の息子イ・リン王子に襲いかかる。リンは夜警団のサンホンによって救出されるも、謎の病でみるみる衰弱していく。リンの命を救うため、恵宗王は、マゴ族だけが咲かせることができるという千年花を求めて白頭山に向かうが…。
(HPより)

以下簡単に感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2016-03-11 00:23 | 韓ドラ ま~わ行 | Comments(0)

韓国ドラマ「武神」 全体の簡単な感想♪

a0198131_2343318.jpg

韓国ドラマ「武神」무신 全56話
スタッフ
脚本→イ・ファンギョン 演出→キム・ジンミン
キャスト
キム・ジュヒョク→キム・ジュン(金俊)役 
キム・ギュリ→チェ・ソンイ役 チェ・ウの長女
チュ・ヒョン→チェ・チュンホン 崔忠献役 チェ・ウの父。崔氏政権初代当主
チョン・ボソク→チェ・ウ(崔瑀)役 チェ・チュンホンの長男 ソンイの父 崔氏政権の2代目当主
キム・ソラ→チョン氏 役 チェ・ウの夫人で、ソンイの母
パク・サンミン→チェ・ヤンベク(崔良伯)役 奴隷出身だが、武芸の腕を買われて、都房(トバン)に仕える
ホン・アルム→ウォラ 役 キム・ジュンとは寺で兄妹のように育った仲
ホン・アルム→アンシム 役 キム・ジュンが大邱で出会った、ウォラと瓜二つの娘
チュ・ヒョン→チェ・チュンホン(崔忠献)役 チェ・ウの父。崔氏政権を打ち立てた武臣政権の当主
チョン・ソンモ→チェ・ヒャン(崔珦)役 チェ・チュンホンの次男
イ・スンヒョ→高宗(コジョン)役 高麗23代王。
イ・ジュヒョン→キム・ヤクソン(金若先)役 都房に仕えるチェ・チュンホンの側近。チェ・ウの娘ソンイを妻に
キム・チョルギ→キム・ギョンソン(金慶孫)役 キム・ヤクソンの弟で、将軍としてチェ・ウの側近を務める。
キム・ヨンピル→パク・ソンビ(朴松庇)役 チェ・ウの腹心
チョン・ホビン→ソン・ギリュ(宋吉儒)役 チェ・ウの腹心
パク・サンウク→イ・ゴンジュ(李公柱)役 奴隷出身の武官で、ソン・ギリュの部下
キム・ヒョク→マンジョン(萬宗)役 チェ・ウと遊女の間に生まれた庶子の長男
ペク・トビン→マンジョン(萬全)役 チェ・ウと遊女の間に生まれた庶子の次男
カン・シニル→スボプ役 キム・ジュンの師匠。幼いキム・ジュンを引き取って父親代わりとして育る
パク・ヘス→キム・ユヌ(金允侯)役 キム・ジュンの兄弟子。僧侶でありながら武術を好む
オ・ヨンス→スギ 守其役 高麗の僧統で、スボプの師兄
アン・ジェモ→イム・ヨン 林衍役 地方巡視中にキム・ジュンが仲間に引き入れる人物。キム・ジュンを父と慕う

舞台は13世紀の高麗。王と文臣貴族による朝廷は権力を失い、武力を背景とした武臣が政権の座に就いて約50年。権力闘争に勝利し武臣政権の頂点に立ったチェ・チュンホンは、自らの権力基盤である都房を 率いて国政を牛耳っていた。そんな中、都房の暴政に不満を抱いた僧侶たちが反乱を起こしたのをきっかけに、全国の寺院は大々的な弾圧を受けることになる。赤ん坊の頃に寺に引き取られ、僧侶見習いのムサンとして育てられたキム・ジュンは、チェ・ヤンベクの都房親衛隊に逮捕され、チェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢の子であると発覚してしまう。チェ・チュンホンの孫娘ソンイの助言で処刑を免れたキム・ジュンは、撃毬の腕前によって、チェ・チュンホンの長男でソンイの父であるチェ・ウの目にとまり、家臣として取り立てられる。折しも北方で大帝国を築いたモンゴルが高麗を侵略する中、武臣政権を継いだチェ・ウの信任を得て、側近として活躍するキム・ジュン。
やがてキム・ジュンは、世襲の崔氏政権を倒して、武臣政権の頂点に立つ。(HPより)


以下 ネタバレなしの簡単な感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2015-08-27 23:05 | 韓ドラ た~は行 | Comments(2)

韓ドラ「チャン・オクチョン」視聴終了 全体の簡単な感想

a0198131_23571068.jpg

韓国ドラマ「チャン・オクチョン」장옥정 사랑에 살다 全35話
演出→プ・ソンチョル 脚本→チェ・ジョンミ
キャスト
キム・テヒ→チャン・オクチョン(張禧嬪)役  粛宗の側室
ユ・アイン→イ・スン(粛宗)役 朝鮮第19代王 
ホン・スヒョン→仁顯王后(イニョン)役 粛宗の妃。ミン・ユジュンの娘
イ・サンヨプ→イ・ハン(東平君)役 王族
ジェヒ→ヒョン・チス役 オクチョンの仕立ての才能を見出した恩人のカン氏夫人の息子
ハン・スンヨン→チェ・ムスリ役 淑嬪(スクビン)チェ氏 粛宗の側室
ソン・ドンイル→チャン・ヒョン役 オクチョンの父の従兄弟 訳官 商人
コ・ヨンビン→チャン・ヒジェ役 オクチョンの兄
キム・ソラ→ユン氏役 オクチョンの母
イ・ヒョジョン→ミン・ユジュン役 仁顯王后の父 西人派
キム・ソンギョン→大妃キム氏役 粛宗の母
イ・ヒョチュン→大王大妃チョ氏役 仁祖(朝鮮第16代王)の継妃 オクチョンの後ろ盾
キム・ハウン→仁敬(インギョン)王后 役 粛宗の最初の正室
イ・ドンシン→キム・マンギ役 仁敬王后の父 西人派
チェ・サンフン→チョ・サソク役 大王大妃チョ氏の甥
ユン・ユソン→カン氏夫人役 芙蓉亭の女将 オクチョンの師匠 
イ・ヒョンチョル→福善君 役 
ペ・ジンソプ→ヒョンム役 イ・スンの親衛部隊
イ・ゴンジュ→ヤングン役 イ・スンの内官

韓服の仕立てで定評のあるオクチョン。だが母が両班チョ・サソク家の賤民であることが知られ、仕立ての依頼が途絶えてしまう。一方、王宮では世子嬪選びが始まる。世子イ・スンは偶然を装って世子嬪候補と出会うはずだったが、手違いで服の寸法を取りに来たオクチョンと出会ってしまう。そんな中で王・顯宗(ヒョジョン)が崩御し、スンが即位すると、大妃をはじめとする西人派と大王大妃率いる南人派の対立が激しさを増していく。押され気味の大王大妃は甥チョ・サソクに対策を依頼する。チョは美貌のオクチョンを使って王の心を取り込もうと目論み、オクチョンの叔父チャン・ヒョンもまた、彼女によって野望を達成しようとしていた。こうして針房の女官として入宮したオクチョンはスンと再会、二人は急速に接近していく…(HPより)

以下多少ネタバレで簡単に感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2015-04-10 00:24 | チャン・オクチョン | Comments(0)

韓ドラ「王女の男」全体の簡単な感想♪

a0198131_045657.jpg

韓国ドラマ「王女の男」공주의 남자 全24話
演出:キム・ジョンミン、パク・ヒョンソク
脚本:チョ・ジョンジュ、キム・ウク
キャスト
パク・シフ→キム・スンユ役 キム・ジョンソの末息子 成均館博士 宗学教授
ムン・チェウォン→イ・セリョン役 首陽大君の娘
ソン・ジョンホ→シン・ミョン役  シン・スクチュの息子 漢城府判官
ホン・スヒョン→敬恵(キョンヘ)王女役 第5代王文宗の娘
イ・ミヌ→チョン・ジョン役 敬恵王女の婿。キム・スンユ&シン・ミョンのとは友人 
イ・スンジェ→キム・ジョンソ役 キム・スンユの父 文宗の側近
チョン・ドンファン→文宗(ムンジョン)役 第5代王
キム・ヨンチョル→首陽大君(スヤンテグン)役 文宗の弟 イ・セリョンの父
イ・ヒョジョン→シン・スクチュ役 シン・ミョンの父 直提学
イ・ヒド→ハン・ミョンフェ役 
朝鮮王第5代文宗の治世。密かに王権簒奪を狙う文宗の弟、首陽大君は、 政略結婚を企み、文宗の腹心の部下であるキム・ジョンソに、娘のセリョンを彼の末息子、スンユに嫁がせたいと、縁談を持ちかける。スンユは、王族の教育機関に勤める新入りの講師。文宗の娘、敬恵王女の講義を担当する ことになった。しかし、王女とセリョンはいとこ同士。自分の縁談を知ったセリョンは、相手のスンユがどんな人物か確かめるため、王女に成り代わって
スンユの講義を受ける。ある日、暴走する馬に乗ったセリョンを偶然見かけて救い出したスンユは、彼女の無茶な振る舞いを諌めながらもその奔放さに魅かれていく。
しかし、その頃、朝廷では敬恵王女の婚姻についての話し合いが行われ、文宗が発表した婿は、なんとスンユだった。これに対し、スンユが王女の婿となることを何としても阻みたい首陽大君は、彼の殺害を目論む。(DVDより)

以下なるべくネタバレなしで書いたつもりの簡単な感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2014-10-04 00:10 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

韓ドラ「シンイ -信義-」視聴終了♪簡単な感想

a0198131_23402778.jpg

韓国ドラマ「シンイ -信義-」신의 SBS 2012年 全24話(33話版を視聴)
演出→キム・ジョンハク 脚本→ソン・ジナ 武術監督→ヤン・ギリョン
キャスト
イ・ミンホ→チェ・ヨン役 近衛隊長
キム・ヒソン→ユ・ウンス役 美容整形外科医
リュ・ドックァン→恭愍王(コンミンワン)役 高麗第31代王
イ・フィリップ→チャン・ビン役 典医寺の王の侍医
ユ・オソン→キ・チョル(徳成府院君) 役 高麗の貴族、元のキ皇后の兄
パク・セヨン→魯国公主(王妃)役 元の魏王の娘
シン・ウンジョン→火手引(ファスイン) 役キ・チョルの舎妹 火功の使い手
ソンフン→千音子(チョヌムジャ) 役 キ・チョルの舎弟、音功の使い手
ペク・クァンドゥ→ペ・チュンソク役 近衛隊の副隊長
キム・ジョンムン→オ・テマン役 近衛隊員
チョン・ユチャン→チュソク役 近衛隊員
ユン・ギュンサン→トクマン役 近衛隊員
カン・チャンムク→ドルペ役 近衛隊員
キム・ミギョン→チェ尚宮役 王妃付の尚宮 チェ・ヨンの叔母
イ・ビョンジュン→チョ・イルシン役 参理
パク・ユンジュ→徳興君役
キム・スヨン→トギ役 典医寺で薬草の管理
チェ・ジンソク→キ・ウォン役 キ・チョルの弟
チョ・インピョ→ク・ヤンガク役 キ・チョルの参謀

あらすじ(HPより)
西暦1351年、高麗時代。若き王、 恭愍王 コンミンワン (リュ・ドックァン)一行は、元からの帰国途中、刺客の襲撃に遭い、王妃が負傷してしまう。あらゆる病を治す天界の“神医(シンイ)"でなければ命は救えないという診断がくだされ、王の近衛隊隊長チェ・ヨン(イ・ミンホ)は神医を求めて天界へ繋がる “天門"に入り込む。だが、ヨンが辿り着いたのは、2012年のソウル。そこで、ひょんなことから出会った整形美容外科医のユ・ウンス(キム・ヒソン)を神医と勘違いしたヨンは、「必ず帰す」という約束のもと、彼女を連れて高麗へと戻る。ウンスは訳もわからぬまま王妃の治療をさせられ、あげく天門も塞がり、元の世界に戻れなくなってしまう。政界の権力を巡り、“神医"としてウンスを利用しようとする人々も現れ、たびたび危険にさらされるウンス。そんなウンスをヨンは命がけで守ろうとし、はじめはもとの世界に戻りたがっていたウンスも心が揺れていく…。

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-12-29 23:40 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

韓ドラ「根の深い木」視聴終了。全体の簡単な感想♪

a0198131_23474659.jpg


韓国ドラマ「根の深い木~世宗大王の誓い~」 뿌리깊 은 나무 全24話
キャスト
ハン・ソッキュ→世宗(セジョン)役 イ・ド  朝鮮第4代王
ソン・ジュンギ→青年時代のイ・ド役
チャン・ヒョク→カン・チェユン役 元の名はトルボク   兼司僕(キョムサボク)
シン・セギョン→ソイ役 元の名はタム   広平大君(クァンピョンデグン)付きの女官
ペク・ユンシク→太宗(テジョン) 役 イ・バンウォン 朝鮮第3代王
チョ・ジヌン→ムヒュル役 内禁衛将
ソ・ジュニョン→広平大君役  イ・ドの五男
ヒョヌ→ソン・サンムン 集賢殿(チッピョンジョン)の学士
キム・ギボム→パク・ペンニョン役 集賢殿の学士
ユン・ジェムン→カリオン役 
イ・ジェヨン→チョ・マルセン役 
チョン・ソンファン→ファン・ヒ役 領議政
ハン・サンジン→シム・ジョンス役 集賢殿の直提学
クォン・テウォン→チョン・マルリ役 集賢殿の副提学
パク・ヒョックォン→チョン・インジ役 集賢殿の大提学
チョン・ジェホ→イ・スンジ役 集賢殿の学士 校理
アン・ソクファン→イ・シンジョク役 右議政
ソン・オクスク→トダム役 泮村(パンチョン)の首長
キム・ジョングク→チョン別監役 カン・チェユンの上司
イ・スヒョク→ユン・ピョン役  チョン・ドグァンの護衛武士の息子
キム・ギバン→チョタク役 兼司僕 カン・チェユンの親友
シン・スンファン→パクポ役 兼司僕 カン・チェユンの同僚

1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗イ・ドが即位したが、軍権を中心に実権は前王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていた。王権強化のため有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑する。シム家の使用人の息子のトルボクは、幼なじみのタミと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。月日は流れ、1446年。イ・ドが父を殺した張本人と思い込んでいたトルボクは、カン・チェユンと名を変えて、イ・ドへの復讐を胸に武官として宮中に勤務する。その頃、宮中では、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起こっていた。イ・ドから直々に事件捜査を任されたカン・チェユンは、その過程で王権を牽制する秘密組織"密本"との闘争に巻き込まれる一方、文字創製事業の中核を担う女官で、幼い頃の記憶により口がきけないというソイが、タミであることに気付く。(HPより)

a0198131_23523939.jpg

観終わりました。
殿堂入りにはならなかったけど ☆5です
(☆5=満点です。☆5の中でもドハマリしたものを殿堂入りにしています)
展開が読めなくてドキドキで、
役者さんもそれぞれに素晴らしくて、
アクションも良いし、
知的好奇心もくすぐられ
素晴らしい作品を出会えてよかったと思います。
またご覧になっていない方は是非とお勧めします。

このドラマ 難解な部分のあるのでノーカットで見ることをお勧めします
ハングルの成り立ちを描くので 韓国語で日本語字幕で見ることをお勧めします


以下ネタバレで短い感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-09-19 23:58 | 根の深い木 世宗大王の誓い | Comments(0)

韓ドラ「根の深い木」見始めました♪第6話まで

a0198131_084615.jpg

華ドラに萌えつきた夏が過ぎて 
ただ今韓ドラ愛がmaxなので引き続き韓ドラ祭り続行決定♪
「ブレイン」に続き何を見るか悩んだのですが、長編ではなく20話前後の時代劇がいいなぁ~と思い
思い出したのが見た方の多くが絶賛する「根の深い木」
私も「根の深い木」の世界を体験することに決定!
a0198131_091174.jpg

韓ドラ「根の深い木」キャスト
ハン・ソッキュ→世宗セジョン(イ・ド)役 朝鮮第4代王
ソン・ジュンギ→青年時代のイ・ド役
チャン・ヒョク→カン・チェユン役 元の名はトルボク   兼司僕(キョムサボク)
シン・セギョン→ソイ役 元の名はタム   広平大君(クァンピョンデグン)付きの女官
ペク・ユンシク→太宗(テジョン) 役 イ・バンウォン 朝鮮第3代王
冒頭あらすじ
1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗イ・ドが即位したが、軍権を中心に実権は前王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていた。王権強化のため有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑する。シム家の使用人の息子のトルボクは、幼なじみのタミと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。月日は流れ、1446年。イ・ドが父を殺した張本人と思い込んでいたトルボクは、カン・チェユンと名を変えて、イ・ドへの復讐を胸に武官として宮中に勤務する。その頃、宮中では、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起こっていた(HPより)

以下感想というよりはつぶやきです

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-09-10 00:10 | 根の深い木 世宗大王の誓い | Comments(0)