華ドラ「封神演義」 

a0198131_0385145.jpg



原題:   封神榜
製作年: 2006年 全38話
監督:金国釗(ジン・グオジャオ)
DVDレンタル視聴

劉徳凱(リウ・ドーカイ)→姜子牙 元始天尊の弟子 後の周の丞相
馬景濤(マ・ジンタオ) →殷の紂王 
範冰冰(ファン・ビンビン)→妲己 冀州候・蘇護の娘 紂王の寵妃。狐狸精にとり憑かれている。
→西伯侯・姫昌役
関礼杰→伯邑考役 姫昌の長男 妲己とは許婚の仲
周杰 →姫発 役 姫昌の次息
唐国強→元始天尊 役 姜子牙と申公豹の師父。  
苗海忠→申公豹 役 師は南極仙翁 
→通天教主
萧兵 →南極仙翁 役
午馬→商容 役 殷の宰相
許還山→聞仲 役 殷の太師  
金巧巧→姜皇后 役 紂王の皇后 
郭凱敏 →比干 役 紂王の叔父 心臓を抉られ死亡
鄭斌輝→黄飛虎 役   曾詩梅→子嫺 役    杜志国→蘇護役
許還山→聞仲役     郭凱敏→比干役     蕭兵→南極仙翁役
韓棟→楊戬役      李子杆→雷震子役    冼色麗→哪吒役

以下ネタバレなしの簡単な感想
[PR]

# by jiyong-xg | 2011-01-28 00:39 | 封神演義  | Comments(0)

韓ドラ「妻の誘惑」視聴しました♪

最初の投稿が「妻の誘惑」になろうとは自分でも驚き005.gifですが、今日視聴終了しました。

SBS 全129話 2008年~2009年
監督:オ・セガン
脚本:キム・スノク
放送を録画したものを視聴(カット版)

チャン・ソヒ     → ク・ウンジェ(ミン・ソヒ) 役 妊娠をきっかけにギョビンと結婚
ピョン・ウミン    → チョン・ギョビン役      ウンジェの夫、建設会社社長
キム・ソヒョン   → シン・エリ(ミシェル・シン) 役両親の死後ク家で育つ。メイクアップアーティスト
イ・ジェファン → ミン・ゴヌ役   ミン女史の養子 建築設計士
キム・ヨンゴン → ク・ヨンス 役  ウンジェの父、クラブ歌手
ユン・ミラ   →ユン・ミジャ 役 ウンジェの母、
チェ・ジュニョン  → ク・ガンジェ役   ウンジェの兄 クラブ店員
キム・ドンヒョン  → チョン・ハジョ役   ギョビンの父、建設会社会長
クム・ボラ     → ペク・ミイン役    ギョビンの母
ソン・ヒア     → チョン・スビン 役  ギョビンの妹
オ・ヨンシル    → チョン・ハヌル役  ギョビンの叔母、
チョン・エリ    →ミン・ヒョンジュ役   ゴヌの養母、美容店オーナー
チェ・ヨンイン   →ミン・ソヒ役     ミン・ヒョンジュの娘、
チョン・ユンソク  →チョン・ニノ役   ギョビンとエリの息子

More
[PR]

# by jiyong-xg | 2011-01-28 00:13 | Comments(0)

はじめに

ドラマ鑑賞は私の真剣な趣味です053.gif
映画より断然ドラマが好きな私です。

韓流ブームに乗って始まった韓国ドラマ視聴。
なんとなく見た台湾ドラマ。台湾ドラマが気に入り、ついには中国ドラマに手をだし。
そして武侠ドラマにハマリました。

今は韓ドラ、華ドラ、アメドラ、そのときの気分で選んで作品を見ています。
そしてもちろん日本のドラマ見ています。

好きなジャンルは時代劇。中でも武侠ものは大好きです016.gif
主に華韓ドラマの感想を中心に日韓米ドラマの話題も取り混ぜながら書いていきたいと思います。

私の 満足度を☆で示しますが、
あくまでも私の満足度 好みをあらわしたものです。
世間の評判とはかなり違う場合があります。
☆2を付た作品でも世間の評判のかなりいいものも多いです。

☆1   何とか完走したドラマ 
☆2   楽しめた部分もあったドラマ
☆3   楽しめたドラマ&知らない世界が認識できて興味深いドラマ
☆4   かなり楽しんだドラマ
☆5   かなりハマって楽しんだドラマ
殿堂入り 評価としては☆5と同じなのですが、その中でも特に私好みのドラマに付けてます。 
       だからある意味ではお勧め作品ではありません。



私のブログなので私なりのルールがあります。
読んでいただいて ご理解のほど よろしくお願いします

基本 ドラマについて楽しくお話できればいいんです
でも びっくりするような方も時々いらっしゃいます。

初コメントで 挨拶もせずに いきなり親しげに話しかけるような方は苦手です。
挨拶は大切です。
あからさまな誹謗中傷していないコメントでも、
私が お返事に困るような はてな?なコメントや
不快に感じたコメントは
申し訳ないですがコメント認証しません(お返事をしないということです)
そのことが原因で 非常識な言動をするようになったら 出入り禁止にいたします。

政治や歴史認識や宗教に関するディープなお話はご遠慮くださいね。

基本 ブログのコメント欄でのやり取りしかいたしませんので、
さして交流もないのにいきなりメールアドレスを書き込まれても  
困ってしまうので メールでの返事はいたしません


私はネタバレは基本的にはNGなので、未視聴のものに関して詳細なネタバレなコメントは
避けていただけるようにお願い申し上げます。<(_ _)>


私から話す分にはいいのですが、私の個人的なこと(家族 職業等) に及ぶ質問はお答えしません。


コメントでの交流もないのに 突然のいろいろなお願い事 
また 勧誘目的のコメント お断りします。
(私のブログに来て絶対コメントください or 入手方法・視聴方法を教えて or アドバイスください or調べてください or 相談にのってください or アンケートに協力して などなど) 



記事とコメントの内容が関連していることを希望します。
もちろん 話の流れでの脱線は構いませんよ~♪ OKです。
でも 自分の主義主張を一方的に話したり あまりに記事と違う話が続く場合 
申し訳ないですがコメント認証しないこともあります(お返事をしないということです)
コメントで使われる単語(言い回し)が私ルールで不適切と感じた場合 非公開コメント扱いにする場合もあります(内容がOKならばお返事はします)
誹謗中傷するようなコメントではないけど 返事に困るようなコメント(考えても考えても返答に困るコメントです)は認証いたしません(お返事をしないということです)


外国語でのコメント書き込みは 
語学が堪能ではないので お返事はしません 
すみません<(_ _)>

困ってしまうようなトラブルが時々起ってしまうので、
こんなにいっぱいお願いすることになってしまっています。 
でも実は 上に書いたお願い事の何もかも全部ダメ!という訳ではなくて
OKな場合も多いのです(ほとんどの場合はOKと言ってもいいのかも)
つまりは 信頼できる!と思えるような交流ができていればOK  ということです。



色々書きましたが ようするに
ドラマについて楽しくお話をしましょう!

ってことです(^^)
[PR]

# by jiyong-xg | 2011-01-27 01:05 | はじめに | Comments(2)