<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

韓ドラ「美男<イケメン>バンド 」最終回まで視聴終了♪ 

a0198131_0393391.jpg

美男<イケメン>バンド  닥치고 꽃미남밴드  2012年tvN 全16話
スタッフ
演出:イ・グォン    脚本:ソ・ユニ
キャスト
イ・ミンギ→チュ・ビョンヒ 役【眼球浄化】リードボーカル
ソンジュン→クォン・ジヒョク役【眼球浄化】リーダー
エル→イ・ヒョンス役 【眼球浄化】ギター
イ・ヒョンジェ→チャン・ドイル役 【眼球浄化】ドラマー
ユ・ミンギュ→キム・ハジン役 【眼球浄化】ベース
キム・ミンソク→ソ・ギョンジョン役 【眼球浄化】キーボード
チョ・ボア→イム・スア役  ミューズ
チョン・ウィチョル→ユ・スンフン役 【ストロベリーフィールズ】リーダー
クァク・チョンウク→チョン・マロ役 【ストロベリーフィールズ】ギター
キム・ヒョンジュン→パク・ピョジュ役 【ストロベリーフィールズ】ベース
キム・ジョンミン→パク・ウギョン役
チョン・ジアン→チョ・ドミ役 スアの友人
キム・インソ→ユ・ヘリ役 スンフンの姉
マ・ドンソク→シウバ役 教師
世間から不良というレッテルを張られた6人の少年=“眼球浄化”のメンバーたちは、再開発による学区改編によりエリート高校に編入することになった。おカネもコネもなく、持っているのは夢と友情とスピリットだけの彼らは、理不尽な扱いに反抗しながらも自分たちなりの突破口を探し求めていく。
そんなある日、リードボーカルのビョンヒ(イ・ミンギ)は、スア(チョ・ボア)と出逢い、一目惚れ。“ミューズ=音楽の女神”として運命を感じるのだが…。(dvdより)

見ようと思っていたドラマがどれもこれもレンタル中で
何を見ようか?と悩んで振り返ると。
「美男<イケメン>バンド」が目に飛び込んできた。
a0198131_0402155.jpg

そう言えばこのドラマってイ・ミンギ君がちょっとだけゲスト出演していたよね~と思い出したら
彼の演技している姿を久しぶりに見たい!と急に思ってしまい
レンタル決定!
こんな理由で突然レンタルしたドラマなので、ほとんど何も下調べをせずの視聴。
「イケメンバンド」ってタイトルから自分で勝手に<ラブコメ>と思い込んでいました(笑)

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-27 00:46 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

韓ドラ「コーヒーハウス」視聴終了しました♪

a0198131_20401523.jpg

コーヒーハウス ~ 커피 하우스2010年SBS 全18話
監督→ピョ・ミンス 脚本→ソン・ジェジョン
キャスト
カン・ジファン→イ・ジンス役 小説家
パク・シヨン→ ソ・ウニョン役 出版社社長
ハム・ウンジョン→カン・スンヨン役 ジンスの秘書
チョン・ウンイン→ハン・ジウォン役 ウニョンの元婚約者
パク・ジェジョン→キム・ドンウク役 ブックカフェのマネージャー兼バリスタ
チョン・スヨン→オ・ヒョンジュ役 ウニョンの出版社の社員
アン・ギルガン→カン・ジンマン役 スンヨンの父、「宮殿カフェ」のマスター
キム・ジヨン→ ホン・ポンニョ役 スンヨンの祖母
キム・ミンサン→ カン・スンチョル役 スンヨンの弟
あらすじ
未来への展望もなく、時々やってくるお客さんにコーヒーを作って出すという カン・スンヨン(ハム・ウンジョン)の人生に、ある日、イ・ジンス(カン・ジファ ン)という奇妙な男が現れる。助けてくれた彼の親切に心から感動し、その後、彼が人気小説家であることを知り、好感度がさらにアップ!先輩の推薦からジンスの秘書になり、胸を弾ませ出勤するのだが、プロ意識のかけらもないスンヨンにジンスはイライラしっぱなし。
しかしそんなスンヨンにもたった1つ、ジンスが認める長所があった。それは彼女のド根性。どんなにジンスに怒鳴られてもメゲない超前向きかつノーテンキな性格は、徐々にジンスの心をほぐしていく。ジンスの小説を出版している会社の社長ソ・ウニョンは、ジンスの唯一の理解者であることを自負しながらも、ジンスとはいつもケンカばかり…(HPより)

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-26 20:44 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

2013年1月スタートの日本の冬ドラマ&大河の視聴状況




NHK大河ドラマ「八重の桜」
今年の大河は見やすいですね。
会津弁に慣れなくて聞き取れない部分もあったので、
第1回と第2回は字幕を出して見ていました(漢字が出ると分かりやすいので)
もう少し見てみないと自分好みかどうかはわからないけど、
綾瀬はるかちゃんはやはり可愛いし、
今年も一年大河を楽しめそう016.gif
(ちなみに大河は毎年必ず最終回まで完走します)

大河以外で2013年1月スタートの日本の冬ドラマの方ですが、今回は困ったわ。
平均的にどれも面白いので第1話&第2話を見た時点でリタイアを決められないです。
おかげで海外ドラマの視聴に時間をさけない状態です(笑)
最終的には今回も4本くらいまで減らしたいと思っていますが、さてどうなるでしょう?

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-24 01:14 | 日本のドラマ | Comments(0)

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」見終わりました♪全体の簡単な感想

a0198131_15163631.jpg


「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」原題:摩登新人类 全30話
スタッフ
製作総指揮→湯晴晴(タン・チンチン)、韓媛(ハン・ユエンユエン)
プロデューサー→阮文雯(ルアン・ウェンウェン)
総監督→林玉芬(リン・ユーフェン)  監督→劉国輝(リウ・グオフイ)
脚本→咖啡因(カフェイン)郭世偉(グオ・シーウェイ)李翔(リー・シャン)査文瀟(チャー・ウェンシャオ)
撮影→甄漢賢(ジェン・ハンシェン)編集→張志強(ジャン・ジーチャン)
キャスト
胡歌(フー・ゴー)→謝非凡(シエ・フェイファン) 役
陳柏霖(チェン・ボーリン)→凌桀(リン・ジエ) 役
陳意涵(アイビー・チェン)→夏紅果(ホングオ) 役
姜超(ジャン・チャオ)→華仔(ホアザイ) 役
馬思純(マー・スーチュン)→温雪(ウェン・シュエ) 役
郭緯(グオ・ウェイ)→秦天 役
楊紫彤(ヤン・ズートン)→葉莎莎(イエ・シャシャ) 役
李媛(リー・ユエン)→沈蔷(シェン・チアン) 役
張鉄林(ジャン・ティエリン)→謝雷震 役
丛珊→凌蓮(リン・リェン)役 
傅羽嘉→花布 役
劉添月→白雨  役
孙敬媛→艾莲娜(アリーナ)役
張宇鵬→馬曲 役
王奇→王炘 役
居来→奥格(オーガ) 役
孙嘉一→艾达(エイダ)役
孙强→文森 役
郑炎今→苏岩 役
李昕岳→冰冰 役
簡単な人物紹介はこちら→☆☆☆ 
冒頭あらすじ
22歳の誕生日、夏紅果(シア・ホングオ)は大好きな雑誌“エル”と小さなバッグひとつだけを持って、生まれ育った百花村をこっそりと離れることに。エルの編集担当になるという夢を叶えるべく、都会に出ることを決心したのだ。同じ日、村には1人の青年がとある事件の担当弁護士としてやって来る。彼の名前は謝非凡(シエ・フェイファン)。エルを発行する有名ファッション雑誌グループの御曹司でありながら、家業をついでほしいという父の意に反し、弱者のために働く公益弁護士となった正義漢だ。誰にも見つからずに家を出ようと塀を乗り越えた紅果は、偶然下を通りかかっていた非凡の肩を踏み台にして、お詫びもそこそこに走り去ってしまうのだった。偶然にも2人はその日のうちに再会を果たすが、今度は紅果が非凡をスリの一味と勘違いして…。(dvdより) 
a0198131_15301931.png

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~(摩登新人类)」第30話(最終回)まで視聴終了しました。

More以下簡単な全体の感想(ネタばれなし)
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-18 00:26 | ハッピー・カラーズ | Comments(0)

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」第24話まで視聴終了♪

a0198131_0443193.jpg

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」(摩登新人类)第24話まで見ました♪
それぞれの恋心も熱を帯びてきて、
片思いが切ない展開です。

今回は陳柏霖(チェン・ボーリン)演じる凌桀(リン・ジエ)が、
自分の思いを我慢する姿に激萌えできたので超楽しかったです053.gif


以下ネタバレで簡単感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-12 01:02 | ハッピー・カラーズ | Comments(0)

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」第12話まで視聴終了♪

a0198131_22332440.jpg

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」(摩登新人类)
第12話までの見ても最初の頃の印象は変わらずに、
のんびり明るい雰囲気でストーリーが展開しています。
それぞれに恋心も芽生えだしてきてなかなか面白くなってきました。
メインのキャラの非凡(フェイファン)<胡歌>と紅果(ホングオ)<陳意涵>はわりといい子ちゃんなので
少し癖のあるサブキャラ達のほうが魅力的に思えます。
それに陳柏霖(チェン・ボーリン)が相変わらず可愛いです016.gif


以下簡単に感想(細かく内容には触れていませんが多少はネタばれしてるかも)

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-07 00:05 | ハッピー・カラーズ | Comments(0)

華ドラ「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」を見始めました♪

a0198131_15113914.jpg

このところ時代劇の視聴が続いたので現代劇を見たいと思っていて、
「イタズラな恋愛白書 」がすごく気になってはいるのですが全巻リリースまで少し時間があるので、
チェン・ボーリン(陳柏霖)繋がりでという安易な理由で「ハッピー・カラーズ ~ぼくらの恋は進化形~」を見始めました。
第4話まで視聴終了してます。

まずは人物紹介と冒頭のあらすじ

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-04 00:37 | ハッピー・カラーズ | Comments(0)

韓ドラ「幻の王女チャミョンゴ」視聴終了♪全体の簡単な感想

a0198131_23251447.jpg


韓ドラ「幻の王女チャミョンゴ」자명고 2009年SBS 全39話
監督→イ・ミョンウ   脚本→チョン・ソンヒ
キャスト
チョン・リョウォン→チャミョン(プク) 役 楽浪国の王女(第一夫人モ・ハソの娘)
チョン・ギョンホ→ホドン役 高句麗の王子
パク・ミニョン→ラヒ役 楽浪国の王女(第2夫人ジャシルの娘)
ムン・ソングン→ ムヒュル(大武神王)役 高句麗第3代王、ホドンの父
ソン・ヒョナ→ソン・メソルス役 大武神王の第一王后
ユン・ジュサン→ソン・オック役 ピュリナ族首長  ソン・メソルスの父
キム・ガヨン→ヨラン役 ムヒュルの妹
イ・ハヌィ→ウナル役 高句麗の右大臣 ヨランの夫
イ・ヨンボム→ウルドゥジ役 高句麗の左大臣 ホドンの教育係
ユン・ソヒョン→テチュ役 ホドンの部下
パク・チョンウ→チュバルソ役  高句麗 
ホン・ヨソプ→チェ・リ役 楽浪国王、チャミョンとラヒの父
キム・ソンリョン→モ・ハソ役 チェ・リの正妃 チャミョンの母
チ・ソンウォン→トンゴビ役 モ・ハソの侍女
イ・ミスク→ワン・ジャシル役 チェ・リの第2夫人 ラヒの母
コ・スヒ→モ・ヤンヘ役 ワン・ホルの妻
イ・ジュヒョン→ワン・ホル役 楽浪の将軍 ワン・ジャシルの弟
パク・ヒョジュ→チソ役 ジャシルの侍女
チョ・ギョンフン→ホゴク役 楽浪郡の太守の重臣
イ・ウォンジョン→チャチャスン役 技芸団の団長
チョ・ミリョン→ミチュ役 チャチャスンの妻
ヨ・ウクファン→イルプム(ヘンカイ) 役 チャミョンの義兄

冒頭あらすじ
時は西暦18年、漢の支配下にある楽浪。太守ユ・ホンの悪政に民の不満は募り、朝鮮族の将軍チェ・リとワン・ゲンは兵を挙げ朝鮮国を復興させることを計画する。そんな中、チェ・リの2人の夫人は出産を迎え、天文官チャムクはチェ・リの娘が楽浪を滅ぼすと予言、太守はチェ・リに産まれてきた娘を殺すよう命じる。そして、夫人たちは共に、同じ日、女児を出産。わが子を王にしたい第二夫人ワン・ジャシルの画策により、第一夫人モ・ハソが産んだ女児が殺されることに。だが、抵抗するハソに焦ったジャシルは女児の胸を簪で突き刺す。そして、チャミョン(自鳴)と名づけられた女児は、乳母の幼い息子イルプムと共に船で海に流されるのだった。
 一方、領土拡大に燃える高句麗の王ムヒュル(大武神王)は、肥沃な楽浪の地を手に入れることを望んでいた。そんな父の思いを聞いたホドンは、幼いながらにいつか楽浪の地を父に献上することを誓う。だが、ムヒュルの第一夫人メソルスは、自分を邪険にする夫への不満と寂しさからホドンに嫉妬、憎しみを抱くようになる。そして西暦29年。ワン・ゲンとチェ・リはついに太守を討ち、楽浪国を再建する。だが、夫を王座に就かせたいジャシルは、王座への野望を抱く兄ゲンを暗殺。これを知ったチェ・リはジャシルに憤慨しつつも、王となることを決意する。そんな中、楽浪が欲しいムヒュルはチェ・リに、息子ホドンと楽浪王女ラヒの婚姻を申し入れる。
 さらに5年後、海に流されたチャミョンとイルプムは、技芸団の団長夫婦に拾われ、プクとヘンカイと名づけられて元気に育っていた(HPより)

時代的に続きなので
韓ドラ「風の国」視聴後少し間をおいてからと見ようと思っていた「幻の王女チャミョンゴ」
結局見そびれてしまっていました。
<気になっていたけどなんとなく見そびれたドラマを見るぞ!企画>の第2弾としてこのドラマをチョイスしました。
以下多少ネタバレで簡単な感想

a0198131_23262331.jpg


More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-02 23:40 | 韓ドラ ま~わ行 | Comments(0)

皆様に感謝(簡単な去年の統括)

あけましておめでとうございます

1月末でブログも3年目に突入。
読んでくださる方を楽しませるというより
激しく自己満足なブログになっておりますが、
こんな私のブログに訪問してくださる方&コメントしてくださる方がいることが本当にうれしいですし
とても感謝しています。


例年通り韓流と華流を行ったり来たりしながら稚拙ながらも感想を書いていきたいと思います
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

More以下簡単な去年の統括
[PR]

by jiyong-xg | 2013-01-02 00:32 | ドラマ(エンタメ)に関する雑談 | Comments(4)