<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年秋スタートの日本ドラマと大河と朝ドラの簡単な感想



1012年秋スタートの日本のドラマはタイプの違うドラマがそれぞれに魅力的でかなり楽しめました♪

以下ごく短い感想です。

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-28 00:35 | 日本のドラマ | Comments(2)

気になる華ドラ 9

ここ最近いいろいろドラマについて検索していると、
韓ドラのみ視聴してあらすじや感想を書いていたブログ主さんたちが華流ドラマを見始めていると感じます。みなさん少し韓ドラにあきた部分もあるのでしょうね。
視聴本数も増えてきて多少は慣れてきたとは言っても
華ドラいまだに驚かされることも多くてとても新鮮です。
未経験の方ぜひ華ドラの世界へいらっしゃいませヽ(^o^)丿

とは言っても韓ドラでしか味わえない感動もあるので韓ドラもやめられません(笑)



日本で発売されている(もしくは発売が決まった)華ドラで気になる作品を書き出しておきます。
心揺さぶられる作品に出会えますように(^^)

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-21 00:44 | ドラマ(エンタメ)に関する雑談 | Comments(2)

華ドラ「上海 激動の1937」視聴終了♪

a0198131_06148.jpg

中国ドラマ「上海 激動の1937」原題→刀锋1937 全39話 2005年 中国
監督→郭靖宇(グオ・ジンユー)
キャスト
孫紅雷(スン・ホンレイ)→鄭樹森(ジョンシュセン)役
寇世勛(コウ・シーシュン)→龐德(パンドゥ)役
葉童(イップ・トン )→喬譙(チャオチャオ)役 
張定涵→虞傢茵(ユー・ジャイン)役
錢勇夫→虞中和(ユー・チョンフー)役
王檸→秦善寶(チン・チャンバオ)役
江濤→黃旭初(ホアン・シーチュ)役
楊志剛→区十四(シースー)役
陳松→曹操(ツァオツァオ)役
達達→許步奎(四姉)役
由立平→劉景臣(リウ・ジンチェン)役
海一天→唐維特(タン・ウェイト)役
丁凱→饅頭(マントー)役
傅晶→謝蕊生(シエ・ルイセン)役
王烈→馬永吉(マー・ヨンジー)役
a0198131_064581.jpg

あらすじ
1930代、戦争の足音が忍び寄る混沌とした上海。
性格は臆病だが監獄の看守として採用された鄭樹森(ジョン・シュセン)は、就任第一日目殺人犯で死刑囚の龐德(パンドゥ)と出会う。その後2年の間、鄭樹森(ジョンシュセン)は密かに龐德(パンドゥ)を援助し友情をはぐくんでいた。だが二人の友好は、龐德(パンドゥ)の死刑執行という形でついに終わりを告げる。
鄭樹森(ジョンシュセン)は、彼の遺言に従い、彼の恋人である青雲閣の喬譙(チャオチャオ)を足抜けさせた。その後二人は龐德(パンドゥ)の墓参りに訪れた。すると冥福を祈る二人の前に、なんと龐德(パンドゥ)本人が現れる。組をつぶされ、濡れ衣をきせられた復讐と上海での覇権奪回のため龐德(パンドゥ)は鄭樹森(ジョンシュセン)を仲間に引き入れ刺客にしようと考える。
だが平穏な暮らしと安定した収入だけを求める彼は、決して首を縦には振らなかった。だが運命は、彼をいやおうなく平凡な幸せから引き剥がし、やくざ同士の坑争の世界に放り込む。・・・(dvdより)

以下簡単な感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-20 00:17 | 華ドラ あ~さ行 | Comments(0)

華ドラ「画皮~千年の恋」第34話(最終回)視聴終了♪全体の簡単な感想

a0198131_083330.jpg

中国ドラマ「画皮~千年の恋」
監督→高林豹(コー・ラムパウ) 脚本→劉浩良(ラウ・ホーリョン)
キャスト
薛凱琪(フィオナ・シッ)→小唯(シャオウェイ) 栩栩(シュシュ)役
陳怡蓉(タミー・チェン)→佩蓉(ペイロン) 役
李宗翰(リー・ゾンハン)→龐勇(パン・ヨン)役 
凌瀟粛(リン・シアオスー)→王生(ワン・シェン) 役
呉映潔(ウー・インジエ)→夏冰(シア・ビン)夏役
董易晋(ドン・イージン)→小易(シャオイー)役冰(シア・ビン) 夏冰(シア・ビン) 
楊冪(ヤンミー)→小紅(シャオホン) 役
羅家英→夏迎風(インフォン)役 
慼玉武→龍雲(ロン・ユエ)役
辛芷蕾→素素 役
周子揚→ 余直 役
那家威→高翔 役
胡胜锋→夏侯向 役
高恒→荆平 役
高海→荆安 役
杜十五→琳琳 役
邱晔→韵韵 役
李贵玉→小柔 役
中国ドラマ「画皮~千年の恋」は怪奇ファンタジー時代劇です。
冒頭のあらすじと人物紹介はこちらをクリック →「画皮」を見始めました
とても面白かったです。
妖怪というもの通して人間のおろかさや残酷さを感じ、
価値観の違いを認め合うことや信じるってどういうことなのかとか
いろいろなこと考えさせられました。
多少中だるみを感じたのですが終盤は切なくてかなり泣いてしまいました。
(妖怪が人を殺すので全体的には重いことも多いですが、クスっと笑える休憩シーンもちゃんとあります)

中国ドラマといえばCGに期待できないのですが、
このドラマに関しては出来る範囲内で上手に見せているなと思いました。

ドハマリとはいえないんですが物語の内容はすごく好みなのですよ。
☆5↓か☆4↑かすごく悩みました。
追記
最初は☆5をつけていたこのドラマ ですが
視聴からしばらくして 他の作品との評価のバランスを考えると☆5ではないと思い
☆4にさげることにしました。(満点は☆5です)



以下ネタバレで簡単に最終回の感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-07 00:25 | 画皮 千年の恋 | Comments(2)

韓ドラ「シンデレラのお姉さん」視聴終了♪全体の簡単な感想

a0198131_2345348.jpg

韓ドラ「シンデレラのお姉さん」신데렐라 언니  KBS 全20話
脚本→キム・キュワン   演出→キム・ヨンジョ
キャスト
ムン・グニョン→ソン・ウンジョ役
チョン・ジョンミョン→ホン・ギフン役
ソウ→ク・ヒョソン役 ウンジョの義妹
テギョン→ハン・ジョンウ役
イ・ミスク→ソン・ガンスク役 ウンジョの母
キム・ガプス→ク・デソン役 ヒョソンの父 デソン都家社長
カン・ソンジン→ヤン・ヘジン役 デソンの義弟
チェ・イルファ→ホン会長役 ギフンの父、ホン酒家会長
コ・セウォン→ホン・ギジョン役 ホン会長の長男
ナ・ギョンミン→ホン・ギテ役 ホン会長の次男
ソ・ヒョンチョル→チャン役 ガンスクの同棲相手
冒頭あらすじ
ウンジョは、常に男にすがりながら生きる母親ガンスクのもと育ち、人を信じられなくなってしまった。ある日ウンジョは最低の生活に耐えかね、酒乱の男と共にくらしていた母ガンスクを連れて逃げ出す。
ガンスクは町中であることをきっかけに、少女ヒョソンと出会う。
ヒョソンは酒造所のお嬢様であると知ると彼女の父親デソンを誘惑、ついには妻の座に収まるのだった。
ガンスクから呼び寄せられ一緒に住み始めたウンジョだが…(HPより)


見たいなぁと思いつつも手を出せずにいた韓ドラを見ようと思い立ち、ぱっと頭に浮かんだ「シンデレラのお姉さん」を見ました。このドラマ興味はあったのですがムン・グニョンちゃんが苦手でなんとなく見そびれていたんですよね~。

以下簡単な感想です(ネタバレなし)

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-06 23:19 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(2)

華ドラ「画皮~千年の恋」第32話まで♪

a0198131_028564.jpg

中国ドラマ「画皮~千年の恋」第32話まで視聴終了♪
泣いちゃいました007.gif
素素の切ない想いに
佩蓉(ペイロン)の決断に
泣いちゃいました(特に32話で)
物語が終盤入ってから妖怪たちの行動を通して、
人間という動物について根本から考えさせられたりしています。
愛 価値観 本能 理解 理性 トラウマ いろんな言葉が頭の中をグルグルしてます。
そして32話最後 自分の予想を超える展開にびっくりです。
(中国ドラマはオープニングとエンディングで激しくネタばれなので、今回も見ないで視聴しています。ネタバレなし状態の視聴なので驚けたような気もしています)
最終2話がたのしみです。



以下ネタバレです。

a0198131_037945.jpg


More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-03 00:33 | 画皮 千年の恋 | Comments(0)

華ドラ「クィーンズ 長安、後宮の乱」

a0198131_23281946.jpg
中国ドラマ「 クィーンズ 長安、後宮の乱」
原題:母儀天下 
2008年 中国 全33話
監督:ホアン・ジェンチョン「大秦帝国」
脚本:チャン・キウイン
出演:袁立(ユアン・リー)1972生 → 王政君 役
黄維徳(ビクター・ホァン)1971生→蕭育 役
桑葉紅(サン・イェホン)1985生→傅瑤(ふよう)役
スン・シー、 レン・トンリン、トン・リーヤー、グオ・チェンニー、
レン・シューメイ、ジャン・シュエ、チョウ・チン
a0198131_0274984.jpg


a0198131_1112017.jpg


前漢王朝の栄華の時代から衰退の時代にかけて、朝廷内の激しい権力闘争のなかを生き抜いた歴史のヒロインが王政君(おうせいくん)。没落貴族の家に生まれ、一介の家人子(下級女官)から皇太子妃となり、さらに皇太后から太皇太后へ、王政君が歩んだ波乱の生涯が描かれる。

そうそうこのドラマを見たきっかけは、時代劇でのビクター・ホァンが好きというミーハーな理由だけです♪
a0198131_1234738.jpg


女性の一代記なので ある程度年齢を重ねた1972年生まれの女優さんがヒロインを演じている為
ドラマ冒頭の王政君がまだ若い頃は 見た目にさすがに初々しさはないんですよね。
だから皇太子の寵愛をめぐる戦いなのにイマイチ気持ちがノレナカッタというのが正直ありました(笑)
でも後宮ドロドロものとしては面白かったです。
後宮が舞台なので女子の衣装や髪型がホント豪華で 見ていて楽しかったですよ。

ドロドログチャグチャな後宮ものがお好きな方には お勧めです。
☆3↑(満点は☆5 ☆3↑は ☆4に近い☆3という意味です。私の中で合格点は☆3です) 





以下ネタバレで簡単な感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-02 23:03 | クィーンズ 長安,後宮の乱 | Comments(4)