カテゴリ:詠春( 3 )

中国ドラマ「詠春」40話最終回まで視聴終了♪簡単な感想♪

a0198131_1761210.jpg

中国ドラマ「詠春 The Legend of WING CHUN]
最終回まで見終わりました♪面白かったです。
謝霆鋒(ニコラス・ツェー)のファンの方はすでに見ている方が多いだろうし、
2012年の今このドラマの感想を知りたくて、私のブログにきてくださる方はいるのでしょうか?(笑)


詠春 The Legend of WING CHUN 2007年 中国 全40話
監督→成志超(チェン・ジーチャオ)   馮遠文(フォン・ユンマン)
脚本→チュン・シンユエン  武術監督→董瑋(トン・ワイ)
主要キャスト
洪金宝(サモ・ハン)→黃華寶(ワおじさんことウォン・ワボウ)役 
元彪(ユン・ピョウ)→梁贊(レオン・ザン)役 医者、詠春拳の継承者
謝霆鋒(ニコラス・ツェー)→梁壁(レオン・ビー)役 ザンの長男

冒頭あらすじ(HPより)
広東省仏山で医者をするレオン・ザンは、情に厚く腕も確かで人々から慕われていた。
彼にはレオン・ビー、レオン・チュンという二人の息子がおり、長男のレオン・ビーは自由奔放な性格で武術好き、しかもその人並みはずれた才能は天性のものだった。友のためならたとえ火の中水の中、どこへでも恐れずに飛び込むというくらい強い正義感の持ち主ゆえに、彼のまわりには遊び仲間が多い。その中には往々にして良からぬ輩もいて、彼らの悪影響を受けているのが玉に瑕だ。一方、二男のレオン・チュンは温厚で真面目な性格で、学問も良くできる。だが生来の病弱で武術などはもってのほか、と兄とはまったく違うタイプだった。そんな相反する性格の息子を持つレオン・チュンは、詠春拳の達人でもあった。彼は師から「詠春拳の継承者たる者は、智慧、仁愛、勇気、これらをすべて備えた人物でなければならない」という遺訓を言い渡されていた。二人の息子を見れば、どう考えても武術の素質ではレオン・ビーを跡継ぎにすべきだと思うものの、その放蕩息子ぶりはまさに我が身の若い頃を見るようで…。

以下ネタバレなしの感想&ネタバレ感想もあり(ネタバレ部分はネタバレと書いてあります)

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-01-15 17:18 | 詠春 | Comments(0)

中国ドラマ「詠春」27話まで視聴終了♪

                      
a0198131_0235652.jpg

中国ドラマ「詠春」27話まで視聴終了しての簡単なの感想♪
第13話あたりから物語が動き出し、いろいろあってレオン・ビー(謝霆鋒ニコラス・ツェー)が香港に行って、
ワおじさん(サモハンキンポー)と出会ってからは、なかなか面白くなってきました。
佛山と香港、それぞれの話の見せ方がいいみたいです。

このドラマはリタイヤはまったく頭に浮かびません。
主人公のビーは、優しさはあるけれど自分勝手で頑固者なので、素直にステキ~♪とは思えません。
けれどチラチラとトキメキのモトが見えるから、イラついたりはしません。
景色の良い主人公というのはやはり大きいのかな?(笑)
彼のアクションシーンはやはりカッコイイです
サブキャラの魅力も大きいかも。

アクションがメインのドラマと思い込んで見始めましたが、案外アクションシーンは少ないです。

以下特に詳しいネタバレはありません

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-01-12 00:35 | 詠春 | Comments(0)

中国ドラマ「詠春」を視聴開始♪12話までの感想

a0198131_0594793.jpg

中国ドラマ「詠春」を見始めました。
謝霆鋒(ニコラス・ツェー)は以前から知っていましたが、
実は演技する彼を見るのは映画「孫文の義士団」で初めてでした。
私の「孫文の義士団」の簡単な感想はこちら→☆☆☆
映画自体も面白かったし、この映画の彼はかなり良くて気になる役者さんになりました。
なので「詠春」楽しんでます♪
しかもニコラス・ツェーに元彪(ユン・ピョウ)
そして洪金宝(サモハンキンポー)と彼の息子の洪天照とかなり豪華なキャストです。

以下第1話あらすじと
   多少ネタバレの感想。ドラマ冒頭なので読んでも大丈夫だと思います♪

More
[PR]

by jiyong-xg | 2012-01-09 00:38 | 詠春 | Comments(0)