カテゴリ:根の深い木 世宗大王の誓い( 2 )

韓ドラ「根の深い木」視聴終了。全体の簡単な感想♪

a0198131_23474659.jpg


韓国ドラマ「根の深い木~世宗大王の誓い~」 뿌리깊 은 나무 全24話
キャスト
ハン・ソッキュ→世宗(セジョン)役 イ・ド  朝鮮第4代王
ソン・ジュンギ→青年時代のイ・ド役
チャン・ヒョク→カン・チェユン役 元の名はトルボク   兼司僕(キョムサボク)
シン・セギョン→ソイ役 元の名はタム   広平大君(クァンピョンデグン)付きの女官
ペク・ユンシク→太宗(テジョン) 役 イ・バンウォン 朝鮮第3代王
チョ・ジヌン→ムヒュル役 内禁衛将
ソ・ジュニョン→広平大君役  イ・ドの五男
ヒョヌ→ソン・サンムン 集賢殿(チッピョンジョン)の学士
キム・ギボム→パク・ペンニョン役 集賢殿の学士
ユン・ジェムン→カリオン役 
イ・ジェヨン→チョ・マルセン役 
チョン・ソンファン→ファン・ヒ役 領議政
ハン・サンジン→シム・ジョンス役 集賢殿の直提学
クォン・テウォン→チョン・マルリ役 集賢殿の副提学
パク・ヒョックォン→チョン・インジ役 集賢殿の大提学
チョン・ジェホ→イ・スンジ役 集賢殿の学士 校理
アン・ソクファン→イ・シンジョク役 右議政
ソン・オクスク→トダム役 泮村(パンチョン)の首長
キム・ジョングク→チョン別監役 カン・チェユンの上司
イ・スヒョク→ユン・ピョン役  チョン・ドグァンの護衛武士の息子
キム・ギバン→チョタク役 兼司僕 カン・チェユンの親友
シン・スンファン→パクポ役 兼司僕 カン・チェユンの同僚

1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗イ・ドが即位したが、軍権を中心に実権は前王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていた。王権強化のため有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑する。シム家の使用人の息子のトルボクは、幼なじみのタミと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。月日は流れ、1446年。イ・ドが父を殺した張本人と思い込んでいたトルボクは、カン・チェユンと名を変えて、イ・ドへの復讐を胸に武官として宮中に勤務する。その頃、宮中では、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起こっていた。イ・ドから直々に事件捜査を任されたカン・チェユンは、その過程で王権を牽制する秘密組織"密本"との闘争に巻き込まれる一方、文字創製事業の中核を担う女官で、幼い頃の記憶により口がきけないというソイが、タミであることに気付く。(HPより)

a0198131_23523939.jpg

観終わりました。
殿堂入りにはならなかったけど ☆5です
(☆5=満点です。☆5の中でもドハマリしたものを殿堂入りにしています)
展開が読めなくてドキドキで、
役者さんもそれぞれに素晴らしくて、
アクションも良いし、
知的好奇心もくすぐられ
素晴らしい作品を出会えてよかったと思います。
またご覧になっていない方は是非とお勧めします。

このドラマ 難解な部分のあるのでノーカットで見ることをお勧めします
ハングルの成り立ちを描くので 韓国語で日本語字幕で見ることをお勧めします


以下ネタバレで短い感想

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-09-19 23:58 | 根の深い木 世宗大王の誓い | Comments(0)

韓ドラ「根の深い木」見始めました♪第6話まで

a0198131_084615.jpg

華ドラに萌えつきた夏が過ぎて 
ただ今韓ドラ愛がmaxなので引き続き韓ドラ祭り続行決定♪
「ブレイン」に続き何を見るか悩んだのですが、長編ではなく20話前後の時代劇がいいなぁ~と思い
思い出したのが見た方の多くが絶賛する「根の深い木」
私も「根の深い木」の世界を体験することに決定!
a0198131_091174.jpg

韓ドラ「根の深い木」キャスト
ハン・ソッキュ→世宗セジョン(イ・ド)役 朝鮮第4代王
ソン・ジュンギ→青年時代のイ・ド役
チャン・ヒョク→カン・チェユン役 元の名はトルボク   兼司僕(キョムサボク)
シン・セギョン→ソイ役 元の名はタム   広平大君(クァンピョンデグン)付きの女官
ペク・ユンシク→太宗(テジョン) 役 イ・バンウォン 朝鮮第3代王
冒頭あらすじ
1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗イ・ドが即位したが、軍権を中心に実権は前王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていた。王権強化のため有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑する。シム家の使用人の息子のトルボクは、幼なじみのタミと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。月日は流れ、1446年。イ・ドが父を殺した張本人と思い込んでいたトルボクは、カン・チェユンと名を変えて、イ・ドへの復讐を胸に武官として宮中に勤務する。その頃、宮中では、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起こっていた(HPより)

以下感想というよりはつぶやきです

More
[PR]

by jiyong-xg | 2013-09-10 00:10 | 根の深い木 世宗大王の誓い | Comments(0)