金庸著 武侠小説「倚天屠龍記」を読み終えました♪

a0198131_0153968.png

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

重厚感ある装丁です
模様のある黒い紙でして 
全五巻を並べてみると 迫力のある感じが素敵です~♪


以下 ネタバレで簡単に感想 武侠ものが好きでない方には まったく意味不明の記事です





a0198131_0172523.png

射鵰三部作(「射雕英雄伝」「神雕剣侠」「倚天屠龍記(いてんとりゅうき)」)の
完結編の「倚天屠龍記」をやっと読み終えました♪
これもやはり楽しく読めました。

原作を未読で 先にドラマで射鵰三部作を観みたのですが、
ドラマだけで得た情報だけでは、よく分からない消化不良な部分はそれぞれにあって、
特に「倚天屠龍記(ドラマ)」は、それを強く感じていました。
ドラマではバッサリ変更&カットされていた原作の重要部分を読み 
モヤモヤしていた事が理解できて 納得できました\(^o^)/  
特に ドラマでカットされている郭襄&覚遠&張君宝のエピを知ることができて 
関係性がつながり本当にすっきりです(^_^)/ 


小説の無忌くんも やはり優柔不断で 長いものには巻かれるタイプでした。
特に女性はね(笑) 
主人公の無忌君にはヒーロー的なカッコよさはないのですが、
フラフラ男子の振り回されっぷりには、なぜかしら愛らしさもあり楽しめました。
女性たちがすごく強く主張する存在であることもあり 
女性たちの間でふらふらする無忌くんの姿にまったくイライラはしなかったのかもしれませんね。
ドラマではほとんど感じなかったカッコよさを 小説では時々は感じたのには驚きでした。
ですが、最終章になっても 「僕たち五人 みんなで一生一緒にいられたら どんなに愉快だろう」という<無忌君の究極の素直な願い>には さすがにあきれました(笑)

私は小昭が一番のお気に入りです♪


最後に疑問が一つありまして、
滅絶師太が周芷若に 屠龍刀と倚天剣の秘密を語る場面で
屠龍刀の中に兵法を 
倚天剣の中には「九真経」と「降龍十八掌掌法精義」を収めたと言っているのに
趙敏が周芷若から奪ったものは 「武穆遺書」と「九真経」 
話の流れからすると 周芷若が屠龍刀と倚天剣から取り出したものなので、 
「九真経」でなければと思うのですが…
「九真経」と「九真経」が所々で混乱しているような…
校閲も見落としたってことなのでしょうか…?
[PR]

by jiyong-xg | 2016-11-03 00:19 | 雑談  | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。