韓ドラ「ドクター異邦人」簡単に感想♪

a0198131_23293465.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

韓国ドラマ「ドクター異邦人」原題:닥터 이방인 全20話
脚本→ パク・ジヌ 演出→ チン・ヒョク

キャスト
イ・ジョンソク→パク・フン役 天才胸部外科医 生き別れになった恋人ジェヒを探している。
パク・ヘジン→ハン・ジェジュン役 ミョンウ大学病院のエリート胸部外科長
チン・セヨン→ソン・ジェヒ役 パク・フンの初恋の相手
チン・セヨン→ハン・スンヒ役 ミョンウ大学病院の麻酔科医。フンの恋人ジェヒと瓜二つ
カン・ソラ→オ・スヒョン役 胸部外科医、ミョンウ大学病院理事長の娘 ジェジュンの恋人
チョン・グクファン→オ・ジュンギュ役 ミョンウ大学病院理事長 オ・スヒョンの父
キム・サンジュン→パク・チョル役 パク・フンの父 胸部外科医
チェ・ジョンウ→ムン・ヒョンウク役 ミョンウ大学病院 元胸部外科長
ボラ→イ・チャンイ役 脱北者  フンをヒョンと呼び慕う
パク・ヘジュン→チャ・ジンス役 北朝鮮工作員
チョン・ホジン→チャン・ソクジュ役 国務総理
チョン・インギ→キム・テスル役 ソクジュの警護員


1994年、韓国と北朝鮮の間に戦争勃発の危機が迫っていた。韓国の政治家チャン・ソクチュは、戦争回避のため韓国一の胸部外科医パク・チョルを北朝鮮最高指導者の手術のため派遣する。手術は無事に成功するが、ソクチュの裏切りによりチョルは息子のフンと共に、北に残されてしまう。父と同じ胸部外科医を目指し、平壌医大へ進学したフンは同じ大学に通うソン・ジェヒとの恋愛も順調で公私ともに充実した日々を過ごしていた。ある日、ジェヒにプロポーズしたフンは、ジェヒの父親の元に挨拶へ向かうが、そこにジェヒの姿はなかった。ジェヒは父と共に粛正され、収容所へと送られてしまったのだ。数年後、フンは胸部外科医として軍の医学研究所に勤務していた。そんな中、瀕死の状態のジェヒが運ばれてくる。フンはジェヒとともに脱北を図るが再びソクチュによって阻まれ、さらにジェヒとも再び引き裂かれてしまう。その後、フンは一人韓国へ戻り、ジェヒを探すための資金稼ぎのためにミョンウ大学病院で働くことに。そこへジェヒとそっくりな女医スンヒが現れる…。





医療ものであり 復讐劇であり スパイものであり 権力闘争もあり ラブロマンスもあり
それに クスッと笑えるシーンもあったしで 
いろんな要素が複雑に絡んだドラマで、
展開は読めないし
南北の問題 政治的な問題もあるので どうやって物語を終わらせるのか 着地点も気になり
かなりの勢いで一気に視聴しました
意図の読めない難さと
深く考えだすと つじつまが合っていないような所も多く
面白さと共に いつも 頭の中にハテナ?という疑問符があったように思います。
何度も繰り返し 手術で対決したり、
手術中に医師が故意に事故を起こしたりと
患者の命を軽く扱っていると感じてしまう表現に 嫌悪感まではいかないものの 不快な気持ちも湧いたりして 深く感情移入できない部分もありました。
でも 作品の勢いとか 
役者の魅力(イ・ジョンソク君の魅力)で 
それが気にならなくなるドラマでもあって
残念な所も多いけど 魅力もあるドラマでした。
私の満足度は ☆3(満点は☆5)

  

ヒロイン・ジェヒが魅力的でなかった。
2番手女子のスンヒの方を応援したくなりましたもん!
チン・セヨンさんの表現力不足もあるのかな?

最終回は ハッピーエンドで よかったけど
綺麗に終わったようで 色々スッキリしないことばかりで 
軽くモヤモヤしました。
でも 腹立たしさはないのが 不思議で 
観て良かったと思っているのでした、
 
[PR]

by jiyong-xg | 2016-09-12 23:30 | 韓ドラ た~は行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。