韓ドラ「キルミー、ヒールミー」 全体の簡単な感想♪

a0198131_23271661.jpg

韓国ドラマ「キルミー、ヒールミー」킬미, 힐미 全20話(全25話版にて視聴)
脚本→チン・スワン、演出→キム・ジンマン、キム・デジン
キャスト
チソン→チャ・ドヒョン役 スンジン財閥の御曹司 好青年だが、実は“多重人格”という秘密を抱えている
ファン・ジョンウム→オ・リジン役 新米精神科医 リオンの双子の妹 ドヒョンの主治医
パク・ソジュン→オ・リオン役 リジンの双子の兄 覆面ベストセラー作家“オメガ”
オ・ミンソク→チャ・ギジュン役 ドヒョンの又従兄弟、IDエンターテインメント社長
キム・ユリ→ハン・チェヨン役 IDエンターテインメントチーム長 ギジュンの婚約者、ドヒョンの初恋の相手
キム・ヨンエ→ソ・テイム役 ドヒョンの祖母、スンジングループ会長
シム・ヘジン→シン・ファラン役 ドヒョンの実母
コ・チャンソク→ソク・ホピル役 リジンの指導教授
チェ・ウォニョン→アン・グク役 ドヒョンの秘書
パク・ジュンギュ→オ・テオ役 リジン&リオン兄妹の父
キム・ヒジョン→チ・スニョン役 リオン&リジン兄妹の母
キム・イル→チャ・ヨンピョ役 ギジュンの父
キム・ナウン→ユン・ジャギョン役 ギジュンの母

アメリカで静かな生活をおくるスンジン財閥の御曹司チャ・ドヒョン(チソン)。お人好しで誰にでも好かれる性格だが、実は多重人格という家族にも明かせない秘密を抱えていた。ある日ドヒョンは別人格の一人であるセギの仕業により、いつの間にか韓国へ向かう飛行機の中へ。その帰国途中で覆面小説家のオ・リオン(パク・ソジュン)と精神科の研修医であるリジン(ファン・ジョンウム)兄妹に出会う。その後、ドヒョンはリジンと再会するが、その時ドヒョンはセギの人格に切り替わり、なんとリジンに告白してしまう!セギの行動が全く記憶にないドヒョンと、めまぐるしく変化する彼の様子に混乱するリジン。やがて、リジンはドヒョンが多重人格であることを知り、ドヒョンはリジンに自分の主治医になって欲しいと依頼する。多重人格になった原因を探り始める二人。そこには…(HPより)

韓国ドラマ「キルミー、ヒールミー」を観終りました♪
以下ネタバレなしのつもりで 簡単に感想





a0198131_23273140.jpg



解離性同一性障害に悩む人の物語なので、
主人公が過去に何か深刻な問題を抱えていたことは想像できるし、
物語が進む中で やはり深刻な事が明らかにされていくのですが、
コミカルシーンも所々にあるので 重すぎず とても観やすかったです。
段々と明かされていく真相も 二転三転し 驚きもあったし、
心に響く素敵なセリフも多く 
全体に優しさと思いやりが溢れているので  
重いお話であるにもかかわらず 心温まるドラマとなっていました。
おススメできるドラマと思います。

チソンさんの演技も素晴らしかったですね
私は演じ分けという所より  
微妙な感情の変化が伝わる演技に
何度もウルっとしました。
ファン・ジョンウムさんは 好きな女優さんとは言えないですが、
でも魅力的な女優さんではあって 今回もとてもよかったと思いました。


☆4か☆5かで悩みましたが、
最後のほうで ちょっと説明不足&都合よすぎと思ったり
妙にだらけた様な印象もあり
ほんの少しだけ残念さもあったので
私の満足度は☆5でなく  
☆4↑(満点は☆5)
☆5に近いという意味で上向き↑付きです







  

解離性障害を持つ人々は、おそらく私たちが人生で出会う中でもっとも純粋で、
しかも人の痛みに対する感受性の強い人たちでもあるのだ
と とある記事に書いてありましたが、
この物語を観て納得し すごく心が痛みました。
なので 
深刻な現実を思うと このドラマをラブコメディと言ってしまうことにかなり違和感はあります。


 
[PR]

by jiyong-xg | 2016-07-21 23:35 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。