華ドラ「金蘭良縁」全体の簡単な感想♪

a0198131_0441869.jpg

中国ドラマ「金蘭良縁」原題→金玉良縁全45話
企画原作→桐華(トン・ホァ)
プロデューサー→霍建華(ウォレス・フォ)
監督→黄祖权(ファン・ズーチュェン)
脚本→金媛媛(ジン・ユエンユエン)


a0198131_045744.jpg

キャスト 画像付きのキャストはこちらをクリック→☆☆☆

霍建華(ウォレス・フォ)→金元宝(きん・げんぽう)役
唐嫣(ティファニー・タン)→玉麒麟(ぎょく・きりん)役
黄明(ホアン・ミン)→顧長風(こ・ちょうふう)役
貢米→江暁萱(こう・きょうけん)役
王 陽→柳文昭(りゅう・ぶんしょう)役
王婧娈→柳倩倩(りゅう・せいせい)役 
鄔君梅(ヴィヴィアン・ウー)→柳如月(りゅう・じょげつ)役



a0198131_0455815.jpg




明王朝の時代。皇太后の推薦で、良家である金家と江家の婚姻がとりおこなわれることになった。しかし金家の一人息子、金元宝(ウォレス・フォ)はこの結婚に乗り気ではない。また婚約者である江家の娘、江暁萱には好きな男性がおり、彼女は式の前日に逃げ出してしまう。そんな時、変わり者だが男気あふれる旅芸人の娘・玉麒麟(ティファニー・タン)は養母である王慧蘭の実の息子を探す手助けをするため、金家に潜入。しかし、ひょんなことから失踪した江暁萱の身代わりとなって、金元宝と結婚してしまうことになってしまい…(HPより)

中国ドラマ「金蘭良縁(原題:金玉良縁)」全45話観終りました~♪




a0198131_0463126.jpg

トータルとしては 楽しめた作品と言っていいかも♪
a0198131_0465394.jpg

a0198131_047654.jpg

前半は 
お茶目で まっすぐで 苦労した分生き抜く力があるヒロイン・玉麒麟(ぎょく・きりん)と
知性はあるし、仕事はできるけど お坊ちゃま育ちで世間知らずな所もある主人公・元宝クン 
この2人のでこぼこした関係がどんどん深まっていく感じが 
とても可愛らしく思えて ドンドン視聴が進む感じでした。
ただ後半に入ると 悪役に惑わされたヒロインが
かなり勝気な言動をしてしまうのですが 
騙されているからしかたない!と思っても 
その言動にイライラしてしまいまして、
気持ちがちょっとダウンな視聴になりました。
悪役が悪行をしてしまう理由が深く描かれていないので
同情できないこともあり 意味なく暴走系になったと感じてしまったのも要因かも
a0198131_0472564.jpg

それと 
主人公の金家の御曹司・金元宝は 二十歳そこそこの若者なのですね。
でもそんな金元宝を演じたのが霍建華(ウォレス・フォ)さん
彼は1979年生まれなので 落ち着いた大人の男としての魅力が出てしまっているんですね。
主人公の金家の御曹司・金元宝クンは若さ故の行動も多くてね。
その若い情熱が見どころのドラマなので
十分大人の俳優 霍建華(ウォレス・フォ)さんが 
成長途中の若者を演じている事に どうしてもちょっとした違和感があって最後まで馴染めなかったんです
たぶん ドラマにのめりこんでいれば きっと気にならないのかもしれませんが…
若さがまぶしいような年齢の男優さんだったら もっとドキドキ出来たかもと思ってしましました。
<霍建華(ウォレス・フォ)さんに苦手意識があるわけではありません。いい役者さんと思ってますよ!>



a0198131_0474961.jpg

a0198131_048743.jpg

結婚から逃げ出したもう一人のヒロイン 江暁萱(こう・きょうけん)
玉麒麟(ぎょく・きりん)とはタイプが違う強さのある女性
彼女の成長物語は上手く描けていたように思います。
彼女に恋した長風クンの一途さ良かった 彼はまっすっぐで そこが魅力のいいやつだった♪


a0198131_0492768.jpg

長編のわりに登場人物は少な目なので 観やすいです。
最終的には「金玉良縁」のタイトルがぴったりな終わりかたなので
気持ちよく観終わることが出来ました。


私の満足度は 前半は☆4後半は☆3
トータルで☆3↑(満点は☆5 ☆3↑は ドハマりはしなかったけ かなり楽しめた作品という意味)
ヒロインの元気さが可愛い(キュート)と感じられれば 楽しい作品と思います。


a0198131_050092.jpg

[PR]

by jiyong-xg | 2015-12-31 00:55 | 華ドラ あ~さ行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。