2015年 日本の春ドラマ 視聴状況♪

a0198131_0375212.jpg

2015年 日本の春ドラマの視聴状況を書こう書こうと思いつつ
やる気が出なくてブログ放置していたら 観ていたドラマが2つ終了してしまいました(笑)
まずは観終わってしまったドラマ2本

a0198131_0154063.jpg

「64(ロクヨン)」 ピエール瀧 NHK
あらすじ
D県警の広報室と記者クラブが、加害者の匿名問題で対立する中、 時効の迫った重要未解決事件「64(ロクヨン)」の被害者遺族宅への警察庁長官視察が1週間後に決定した。わずか7日間しかない昭和64年に起きた、 D県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。 長官慰問を拒む遺族。当時の捜査員など64関係者に敷かれたかん口令。 刑事部と警務部の鉄のカーテン。謎のメモ。そして、 長官視察直前に発生した新たな誘拐事件は、 64をそっくり模倣したものだった・・・。(HPより)
久々に大満足した作品です。
脚本・演出・役者 全てが本当に秀逸で 素晴らしかった。
登場人物それぞれ抱える痛みある人生を想像して心が痛くなったけど、最終回その痛みがほんのり和らいで救われた。
最初はなぜ主演がピエール瀧さん?と思ったけど、彼演じる広報官三上が 存在のあり方にすごくリアルを感じたんですね。彼が役者が本業でなくて演技にスレていないことが良かったのかもしれない。
NHKさん視聴率など気にせずに作りたいドラマを作ってね~!





a0198131_016285.jpg

「She」 松岡茉優 
4月6日。秀英館高校が始業式を迎えたこの日、ひとりの女子高生が忽然と姿を消した。消息を絶ったのは、成績優秀で性格も良く、学園一の美女とウワサされる荻原あづさ(中条あやみ)だった。それから2週間、依然消息がわからないあづさを心配するあづさの母親と警察により、生徒たちの聞き取り調査が行われることになった。あづさの親友で、ジャーナリスト志望の西澤涼子(松岡茉優)は許可をもらい、その一部始終をカメラで撮影していく。
最初に呼び出されたのは、江藤美百合(清水くるみ)だ。美百合は始業式の日に屋上にいるあづさを見かけただけで、その時はいつも通りだったと話す。(HPより)

全5話楽しめました。ただ最終回の展開にはびっくりしたけど 納得できるような出来ないような収め方でしたね。涼子の信じたい真実は分かりますが、失踪したアズの自身の真実が余計に知りたくなりました。
それに子供を誘拐された両親を思うと ジャーナリスト志望なのに何も行動しない涼子にも疑問が湧きおこるなぁ~。いくら愛情深く育てても誘拐犯 犯罪者だしね…。
1話20分で全5話 色々なチャレンジのあるドラマが作られるのは非常にいいですね!


以下 ただ今視聴中のドラマ






a0198131_0173115.jpg

「かぶき者 慶次」 藤竜也×中村蒼×西内まりや NHK
NHKさん藤竜也様を主演で 時代劇を作ってくれてありがとう(^^)
お年を召されても艶やかな男の色気を発する藤竜也様にメロメロでございます。
子供たちの年齢を考えると祖父じゃん!と思えなくもないですが(笑)



a0198131_0174710.jpg

「天皇の料理番」 佐藤健×黒木華 TBS
素直に面白いと感じるとても観やすい作品ですね。
周りへの配慮も出来ずに料理への道に突っ走る篤藏と
健気で強くてやさしい妻・俊子 
黒木華ちゃん演じる妻が本当に本当に可愛いのよね~。




a0198131_018618.jpg

「アイムホーム」 木村拓哉×上戸彩 テレビ朝日
このドラマの木村拓哉君なかなか新鮮です。
いわゆるいつもの木村拓哉色をかなり消していて
記憶のない戸惑いみたいなものが伝わってきます。
テレビ朝日という場所が違う味わい彼をみせてくれてる感じがします。


a0198131_018267.jpg

「美女と男子」 仲間由紀恵×町田啓太 NHK
NHKが全20話のドラマを制作する勇気に感動しています。
韓国ドラマを意識して作られていると感じるのは私だけなのだろうか?
私は「花子とアン」で町田啓太君がお気に入りだったので
単純に彼目当ての視聴ですので、すごく気に入っている内容でもないのですが 確実に最後までみると思います(笑)






a0198131_0185296.jpg

a0198131_019929.jpg

a0198131_0193174.jpg

一応録画は続けていますので 気が向けば今後視聴するかもしれないドラマ
「Dr.倫太郎」 堺雅人×蒼井優×吉瀬美智子 日本テレビ
「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」 大島優子×北村一輝 TBS
「ようこそ、わが家へ」 相葉雅紀 沢尻エリカ 


1話&2話を見たけど ご縁が無かったドラマ
「天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-」 剛力彩芽 渡部篤郎
「不便な便利屋」 岡田将生 
「医師たちの恋愛事情」 斎藤工 石田ゆり子 
「ワイルド・ヒーローズ」 TAKAHIRO 
「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」 木村文乃 
「戦う!書店ガール」 渡辺麻友 稲森いずみ 
「恋愛時代」 比嘉愛未 満島真之介 
「三匹のおっさん2」 北大路欣也 泉谷しげる 志賀廣太郎 
「ドS刑事」 多部未華子 大倉忠義 
「京都人情捜査ファイル」高橋克典 松下由樹
 「アルジャーノンに花束を」 山下智久×栗山千明 TBS
「心がポキッとね」 阿部サダヲ×水原希子 フジテレビ
「山田孝之の東京都北区赤羽」
「REPLAY&DESTROY」山田孝之 林遣都





NHK連続テレビ小説「 まれ」とNHK大河ドラマ「花燃ゆ」も観てます
朝ドラと大河の視聴は長年の習慣なので最終回まできっと観ます(笑)
今回は両方とも批判を目にすることが多いのですね~(批判すること自体がが楽しい人も多いみたいだし…)
私は楽しく観ています。
特に「花燃ゆ」は 文の言葉が心に響いて結構泣かされることが多いです。
大河としては不満もありますが ドラマとして面白いです。
[PR]

by jiyong-xg | 2015-05-22 00:24 | 日本のドラマ | Comments(2)

Commented by 通りすがり at 2015-07-31 13:42 x
>批判すること自体が楽しい人
心理的にはわからなくもありませんが、あまり好ましくはないですね。
Commented by jiyong-xg at 2015-08-01 00:04
通りすがり様 こんばんは(^^)
心理的には私もすごく分かります。
でも大切な自分の時間を使って視聴するのですから、大切に観たいと思ってます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。