クローズアップ現代「“いまを生きる”言葉 ~詩人・吉野弘の世界~」

a0198131_0444842.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
クローズアップ現代「“いまを生きる”言葉 ~詩人・吉野弘の世界~」

今回は吉野弘さんということで 録画しておいたもの今観終わりました。
久しぶりに吉野弘さんの詩に触れました。
やはりいいですね。





詩人になると決意した21歳の時に綴った文章が今回自宅の書斎から見つかったそうです。
一部が紹介されてました。

人間はその不完全を許容しつつ
愛しあふ事です
不完全であるが故に
斥(しりぞ)け合ふのではなく
人間同志が助けあふのです
他人の行為を軽々しく批判せぬ事です
自分の好悪の感情で人を批判せぬ事です
善悪のいづれか一方に その人を押し込めないことです

この文章を読んでハッとしました。
このところの報道のありかたを見ていると 怖いと感じることが多いのでね…。


吉野弘さんの詩を久しぶりにもう一度ゆっくり読んでみよう




知らない方為に「祝婚歌」「夕焼け」「生命は」をご紹介します


「祝婚歌」 吉野弘
二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

「夕焼け」 吉野弘
いつものことだが
電車は満員だった
そして
いつものことだが
若者と娘が腰をおろし
としよりが立っていた
うつむいていた娘が立って
としよりに席をゆずった
そそくさととしよりが坐った
礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。 
娘は坐った。
別のとしよりが娘の前に
横あいから押されてきた
娘はうつむいた
しかし
又立って
席を
そのとしよりにゆずった
としよりは次の駅で礼を言って降りた
娘は坐った
二度あることは と言う通り
別のとしよりが娘の前に
押し出された
可哀想に
娘はうつむいて
そして今度は席を立たなかった
次の駅も
次の駅も
下唇をキュッと噛んで
身体をこわばらせて---
僕は電車を降りた
固くなってうつむいて
娘はどこまで行ったろう
やさしい心の持主は
いつでもどこでも
われにもあらず受難者となる
何故って
やさしい心の持主は
他人のつらさを自分のつらさのように
感じるから
やさしい心に責められながら
娘はどこまでゆけるだろう
下唇を噛んで
つらい気持で
美しい夕焼けも見ないで


「生命は」吉野弘
生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命はすべて
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ
私は今日、
どこかの花のための
虻(あぶ)だったかもしれない
そして明日は
誰かが
私という花のための
虻であるかもしれない
[PR]

by jiyong-xg | 2015-01-28 00:46 | 雑談  | Comments(2)

Commented by のぶりんこ at 2015-03-13 21:18 x
こんばんは
パレアナ姉さんの別館メンバーの、のぶりんこです。

素晴らしい詩の世界をご紹介頂き、とても衝撃を受けました。

言葉で表現することが出来ない位の衝撃です。

この詩と巡り会えたことに感謝です。

上手にコメントがまとめられなくて申し訳ございません。

Commented by jiyong-xg at 2015-03-14 00:27
のぶりんこさん こんばんは♪
ご訪問&コメント ありがとうございます(*^^*)

私も初めて吉野弘さんの詩に出会った時衝撃を受けました。
人の弱さや痛みに寄り添ってくれる言葉は 何度も私を助けてくれました。
だから のぶりんこさんが ここにコメントをして下さった事が 本当に本当にうれしいですヾ(。>﹏<。)ノ゙

かなり自己満足なブログですが、お時間のある時 また遊びに来てくださったら 嬉しいです(^^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。