韓ドラ「野王 ~愛と欲望の果て~」

a0198131_23533188.jpg

韓国ドラマ「野王 ~愛と欲望の果て~」야왕 全24話
演出→チョ・ヨングァン、パク・シヌ 脚本→イ・ヒミョン
クォン・サンウ→ハ・リュ役
スエ→チュ・ダヘ役
ユンホ→ペク・ドフン役 ペクハクグループ会長の長男 アイスホッケー選手
キム・ソンリョン→ ペク・ドギョン役 ペクハクグループ会長の長女 ドフンの姉 
ソン・ジル→オム・サムド役 
イ・ドクファ→ペク・チャンハク役 ペクハクグループ会長:ドフンとドギョンの父
チャ・ファヨン→ペク・ジミ役 チャンハクの妹
イ・ジェユン→チュ・ヤンホン役 ダヘの義兄
イ・イルファ→ホン・アンシム役 
コ・インボム→チャ・シムボン役 ジェウンとハリュの父
クォン・ヒョンサン→ヤン・テクペ役 ハリュの弟分
コ・ジュニ→ソク・スジョン役 ジェウンの恋人 
チョン・ホビン→ソク・テイル役 スジョンの父 ソウル市長
大統領夫人にある買収疑惑がもたれ、大統領府に検察による家宅捜索が入る。そして、官邸に一発の銃声が響き渡った──。
12年前、装蹄師を目指して牧場で働くハリュ(クォン・サンウ)は、7年前に孤児院で共に過ごし、美しく成長したダヘ(スエ)と再会する。2人は程なく愛しあうが、決して人には決して言えない秘密を共有したまま時を過ごしていた。大学生となり就職活動を始めたダヘは、憧れの大企業の面接に行く途中、満員電車の中で大事な靴を片方失くしてしまう。だが、裸足で面接を終えた失意のダヘの前に、失くしたはずの靴を持った男が現れる。それは大企業の若き御曹司、ドフン(ユンホ)だった

以下 本当に簡単な感想





それって無理でしょう!それって有り?!とツッコミながらも 前半はかなり面白かったです
でも終盤の 特に大統領夫人になっていく過程には、
かなり無理を感じて 少しあきれてしまいました(>_<)
それに 復讐する男は クレバーで 冷徹でなきゃいけないと私は思うのですが、
このハリュって男 根本的に 人がいいんですね。
しかも愛の奴隷
だからそれが甘さになり 復讐もモタモタしちゃうのよね。
復讐される側のダヘは生き抜く力は上なのでね
こんなふうに 文句をいっぱいいっぱい言いながらも
続きが気になって最後まで見てしまいました。
無理を感じながらも視聴者を引っ張っていく力を持った作品でした。

悪事をたくさん働いたものの末路に不満があったので
私の満足度は ☆3↓(満点は☆5 ☆3は普通に面白かったということ)
心がヒリヒリするような 復讐劇というよりは 
ありえない~!!ツッコミながら観るエンタメな復讐劇 といったところでしょう。
[PR]

by jiyong-xg | 2014-11-18 23:53 | 韓ドラ ま~わ行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。