韓ドラ「イニョン王妃の男」

a0198131_2346060.jpg

韓ドラ「イニョン王妃の男」인현왕후의 남자 全16話 tvN
演出→キム・ビョンス、チョ・ロクファン
脚本→ソン・ジェジョン、キム・ユンジュ
キャスト
チ・ヒョヌ→キム・ブンド役  弘文館の校理
ユ・インナ→チェ・ヒジン役 売れない女優
キム・ジヌ→ハン・ドンミン役 韓流スター ヒジンの元彼
チョ・ダラン→キム・チョンス役 ドンミンのマネージャー
パク・ヨンリン→ユン・ナジョン役 有名女優
オム・ヒョソプ→ミン・アム役 南人派 右議政
チン・イェソル→ユン・ウォル役 妓生(キーセン) 昔キム・ブンドの妻に仕えていた侍女
チ・ナミョク→ハンドン役 ブンドに仕える下僕
ソ・ウジン→粛宗(スクチョン)役 朝鮮第19代王
キム・ヘイン→イニョン王妃役
チェ・ウリ→チャン・ヒビン役
ト・シガン→チャス 役 ミン・アムに仕える男
カ・ドゥッキ→チョ・スギョン役  ヒジンのマネージャーで友人

時は朝鮮王朝時代。王の命を受けて南人の動きを監視していた弘文館の校理キム・ブンドは、右議政ミン・アムらが企てたイニョン王妃の暗殺計画を阻止する。しかし、ミン・アムの刺客に命を狙われ、もはやこれまでと思った瞬間、現代にタイムスリップしてしまう。
一方、現代の韓国。 無名の女優チェ・ヒジンは、ドラマ「新 張禧嬪」でイニョン王妃役に抜擢される。そして、撮影現場でブンドと出会う。ドラマの関係者だと思っていたヒジンだが、何度か奇妙な出会いが続くうち、半信半疑ながらブンドの状況を理解し、彼を助けるはめになる(DVDより)

以下大きなネタバレなしの簡単な感想





すごく評判のよいドラマでしたが、噂通りに面白かったです!!
胸キュンや切なさを心行くまで楽しめました016.gif
意外だったのは タイムスリップを繰り返す点かな。
過去と現代 両方とも魅力的に描かれていました♪
最近見た韓国のタイムスリップドラマ(「シンイ信義」「Dr JIN 」「屋根部屋のプリンス」)の中で 
私はこのドラマが一番好きです!
a0198131_23495475.jpg

a0198131_23501318.jpg

a0198131_23504122.jpg

ユ・インナ演じるヒジンは、感情に素直で 情熱的 
イ・ユンナがキュートなヒロインを好演しています。まさにはまり役
a0198131_23512956.jpg

a0198131_23514520.jpg

a0198131_23521184.jpg

チ・ヒョヌ君演じるキム・ブンド( 弘文館の校理) 
冷静で頭が良くて、しかも武術もできて強いので 無敵ですよ(笑)
a0198131_23523339.jpg

この主人公カップルの会話がすごく微笑ましく可愛いの。タイムスリップものって、時代間のギャップを大きな笑いに仕立てる場合も多いですが、このドラマの場合あくまで会話でキュートな笑いにしているところがいいのです。タイムスリップしたキム・ブンドは、文明の進化に驚きはしても狼狽えることはなく 冷静に受け入れ分析し 案外スムーズに適応していくので、その頭の良さや、トラブルに巻き込まれても決して動じない姿は、何とも素敵♪
つまりは大きくコメディにしてないのが成功しているのです。キム・ブンドが素敵なままなのだ。
それにキム・ブンドが動じない男になったのは、生きてきた世界で苦難を経験しているからで、その言動に説得力もあるんですよね
ヒロインのヒジンがブンドにキュンとさせられる度に「 やり手(선수ソンス)だ」 というのですが 毎回納得してました♪ 
チ・ヒョヌ君 ブンドを素敵に演じています。時代劇マジックあり(笑)

a0198131_2353394.jpg

a0198131_23534899.jpg

胸キュンして 切なくて泣ける 可愛いドラマです
殿堂入りはしませんでしたが、大満足の☆5(満点は☆5 ☆5の中でも最高にハマったものは殿堂入りにしています)
まだご覧になっていない方ぜひどうぞ!
a0198131_23547100.jpg

a0198131_23542575.jpg



 
12話
「ここに住んでも飢え死にはしないわね 教えるのは好き?漢文の先生は?乗馬を教えるのもいいかもね ううん、働く必要はないわ 家宝を売れば一生遊んで暮らせるわよ 羨ましい人生だわ]
「そうか?」
「過去より現代の方がずっと楽しいでしょ?どう?」
「さあ」
「位が高くても王の一声で殺されたりするんでしょ?医学も遅れてるから出世しても長生きできない いいことないじゃない」
「まあ、そうかも。」
たき火を見つけたヒジン
「そうだ、お札を持ってるわ 火の中に投げたらもう帰れないわね。」
「…」
「投げようかな どう?」
答えないブンド
「いいってことね。本当に投げるわよ!えい!」
たき火に気付くブンド
「何をした!」
「言ったでしょ」 
自転車を下り たき火の方へ歩きだすブンド
「冗談よ」
「…」
「動揺したのね 帰れなくなるって 感情に任せて燃やさないように返すわ」と言ってお札を差し出すヒジン
お札を受け取りポケットに入れるブンド
☆このシーンすごく印象に残ってます
普段は子供っぽいとも思えるヒジンですが、大人の女性だな と感じたシーン
ブンドもそれを感じていたから ↓この下のシーンのセリフとなるわけですよね


13話(吹き替え)
キム・ボンドから電話に出るヒジン
「どこにいるの?」
「そなたの家だ」
「私の家?なぜそこへ?」
「お札を捜しにきた どこだ?」
「どうして?」
「そなたが持っている」
「もうないわ 燃やしたの」
「燃やした?」
「ええそうよ あなたが捜すと思ったから」
「時間がない どこだ?」
「燃やしたってば “実録”を見たのね あなたは行方不明になったでしょ お札を燃やしたからよ イニョン王妃が打ち首になったなら 向こうに戻れば死刑になるはずよ 行かせられないわ だから燃やした 単純だし頭が悪いからそれしか思いつかなかった 黙って燃やしてごめん でもしかたない あなたはもう朝鮮時代に帰りたくても…無理よ」
「そなたはまことに嘘が下手であるな」
「嘘じゃないってば」
「怒らず聞くがよい 頭の悪い者は好かぬ だがそなたは違う 私が思うに知識が足りぬだけで頭は悪くない」
「何よそれ」
「お札が半分に切れた時私は記憶を失い そなたは過去をやり直すことになった  切れただけでもそうなったのに燃えたらどんなことが起きると思う?何もないはずがあろうか?お互いを永遠に思い出せぬやもしれぬ 会っても互いに気付かずにすれ違うやも… そうと知りながら燃やすはずがない 大切に隠したはずだ」
「過大評価には感謝するけど あたしホントに頭悪いの ビックリするくらい馬鹿よ 学校でも有名だった 学年でビリ」
「見つけた!やはり頭は悪くない 学業は怠ったようだが」
「待って行かないでよ  行っちゃだめ 行ってみなさいよ二度と会ってあげないから お願い行かないで せっかく命が助かったのに こんなのひどいわ 責任を取るんでしょ?そう言ったじゃない?あの時言ったことは全部嘘だったの?お願い行かないで」泣いて話すヒジン
「私の話を聞いてくれ あの言葉は嘘ではないが5年前王妃様を命懸けで守ると誓った それなのに守るどころか私のせいで汚名を着せてしまった それを知りながらここで幸せには暮せぬ “人の道に背くな”と学んできた ゆえにすべての責任を取る 信じてくれ 必ずここに戻ってくる」


第15話
お札を書いてくれた住職が無くなったと知った
『お札が半分切れたことがありました その時かの地ではすべてが元に戻っていました。私の存在は消えて かの女人以外は私を忘れていた 故に気になるのです これを燃やしたらどうなるのか かの女人も私を忘れるのでしょうか かの女人は私を待っているのに、行くことができない たとえ何年かかろうと行けるものなら行きたい だが方法がない 待ち続け悲しむくらいなら私を忘れる方がいいのでは?』
ブンドは 札を眺め 寺で住職に話したことを思いまします
「これを燃やせば記憶が消えるのか?」

ブンドは手紙を書く
<これはそなたと私のために綴った文だ 私がこの文のことを忘れ、またはこの文ですら消える定めやも知れぬが、私かまたはそなたか もしや忘れぬまま生きるやもしれぬどちらかの為に綴る文 私がこのお札を手にした時 その因果が何か知りたかった 始めは悲願を果たすことが“果”だと思い  次にそなたと出会い結ばれることが“果”であると思った 次は新天地で新たな人生を歩むことが“果”だと思った だが今になってようやく分かった。
 生き延びた事が“因” すべてを失うことが“果”であったことを 私の未来 私の名誉 私の信念 大切な人たち そしてそなたまで 一命を取り留めた代わりに何もかも失ってしまう 当然の道理かも知れぬ 何か一つは得られると思った私が愚かだった その代償はとてつもなく大きい そなたに会えぬこと以上につらいことがあるということを今悟った…>
~回想 ヒジンを抱きしめ『愛してる』という 回想終~
 <記憶 私たちの記憶>
~回想 ヒジンとの思い出 『恋人になったのが“因”なら “果”のほうは一体どうなっちゃうの?』ヒジンの言葉を思い出すブンド 回想終~
<2人の記憶、それは私が払うべき最後の代償>
公園で泣きながらブンドを待っているヒジン
<これからどうなるのかはわからない 互いを忘れて生きていくのか または忘れぬまま苦しみ続けるのか…>
びしょ濡れになって戻ってきたヒジンを心配するスギョン 
<望みが叶うなら 私はそなたを覚えていたい そなたを忘れて残りの人生を送るのは地獄であろうから… そしていつか そなたが そなたがこの文を読んでも 誰へ宛てた文であるか気付かぬことを願う>
筆を置き 文を畳む、懐から札を出し蝋燭の火で燃やすブンド

[PR]

by jiyong-xg | 2014-07-21 23:59 | イニョン王妃の男 | Comments(2)

Commented by ホッシーナン at 2014-07-22 22:28 x
ジヨン様 お久しぶりです♪
毎日のようにジヨンさんのブログにはお邪魔していたのですが、
お声をかけずにすみません…。

イニョン王妃の男、おもしろかったですよね~。
わたしも同時期にあったタイムスリップもの(屋根部屋の皇太子なんか)よりもとてもこのドラマのほうが気に入ってます。メインのカップルの話に集中できたのでよかったです❤

ドンミンのセカンドキャラにまったくもって食指が動かなかったので、(ヒロインとともに?)セカンドとメインで悩むという感じではなかったんですけどね~。ヒジンのマネとか、ユンウォルとかヨジャキャラがお気に入りでした。

BSのカットバリバリ版をみたので、ランキングはちょいと低めですが、時間があるときにもう一度見るべく、DVDをゲットしました(笑)。ヒジンは、ヅラはあまり似合ってなかったですよね~(笑)
Commented by jiyong-xg at 2014-07-23 20:52
ホッシーナンさん こんばんは♪
ご訪問&コメントありがとうございます(^-^)

イニョン王妃の男 本当に面白かったです❤
現代の部分では 皆基本的にはいい人で 
意地悪はあっても許せる範囲で
とにかく犯罪まで犯したりしないので 気分が害されることなく観れたのが良かったです♪
ドンミンは憎めない感じ(ちょっとおバカ)で可愛かったけど、
まったく邪魔はしなかったし(笑)
ホッシーナンさんの仰る通りに
メインカップルに集中できて どっぷり浸れたのが楽しめた理由だと思います♪

ヨジャたちのキャラよかったですよね!!同感です。
ヒジンのマネージャーのスギョンがお気に入りでした<(^^)
スギョンのあのシーンで締めくくったのがすごく気にいってます♪

私もホッシーナンさんのお宅にお邪魔して、
ネイル お菓子 スポーツに 日々のつぶやき 楽しく読ませて頂いています♪
お声をかけずに 読み逃げばかりで… <(_ _)><(_ _)>
またお邪魔しますね(^_^)/
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。