華ドラ「宮廷の諍い女」全体の簡単な感想

a0198131_2342471.jpg

中国ドラマ「宮廷の諍い女(原題:後宮・甄嬛伝)」全76話
あらすじ(HPより)
1722年、 9人の皇子たちによる皇位を巡る争い“九王奪嫡"の末、愛新覚羅・胤禛(あいしんかくら・いんしん)が康熙帝の後を継いだ。それは清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開けと同時に、皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあった…
皇后と側室の華妃が勢力を二分する後宮に、甄嬛(しんけい)が秀女として宮廷入りする。そこでは華麗に着飾った側室たちが、皇帝の寵愛を巡る暗闘を繰り広げていたのであった。華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠に、甄嬛はその類まれな智慧で立ち向かっていく。甄嬛の辛く激しい人生の扉が、今、開かれる―。(全76話)

以下 メインキャストの紹介と
特に大きなネタバレなしの全体の簡単な感想











a0198131_2354255.jpg

孫儷(スン・リー)→甄嬛(しん・けい)役 
吏部尚書である甄遠道の娘。自分の意思とは逆に秀女に選出され、沈眉荘(しん・びそう)らと共に後宮入りする。後宮で平穏に暮らすことを望むが、皇帝から寵愛を受けることで、皇后や華妃を始めとする側室から嫉妬され、諍いに巻き込まれていく。(HPより)
☆孫儷(スン・リー)さんの圧倒的な美しさと演技力は見もの
彼女の存在がこのドラマに真実味を深めさせており、男たちの思い行動を納得させるのです。






a0198131_23562388.jpg

陳建斌(チェン・ジェンビン)→雍正帝役 康熙帝第四皇子
“九王奪嫡”(9人の皇子たちによる皇位を巡る争い)の末 康熙帝の後を継いだ清の第5代皇帝。
☆スン・リーさんが好きな女優さんだったのですごく見たかった「宮廷の諍い女」
でも「宮廷女官若㬢」にハマった私  ニッキー・ウー版第四皇子(雍正帝)と混同したくなくて、視聴するのを我慢していました。
実際に観てみて萌な気持ちがなくなるまで待って良かった!と思いました。
このドラマにおいて 雍正帝はうっとりするような美形がやってはいけないんだ!と最後まで見るとこのキャスティングにずごく納得。
私は陳建斌さんは「三国志」を見てすごく魅力的な俳優さんだと思ってますよ!!←必死にファロー(笑)







a0198131_2357576.jpg

李東学(リー・トンシュエ)→果群王 役 康熙帝の第17皇子
☆このドラマでもう一人の重要人物ですね。唯一のトキメキ担当でしょう。彼の尽くすさまは 乙女心を打ちます!! 





a0198131_23583424.jpg

斕曦(ラン・シー)→沈眉荘(しん・びそう)役 
甄嬛が“姐姐(お姉さん)”と慕い 常に甄嬛の味方となる女性 家柄も良く、宮廷入りするための教育をされていた 甄嬛と一緒に宮廷入りし、いち早く皇帝の寵愛を受けるが、そのことで華妃の怒りをかう。(HPより)




a0198131_2359560.jpg

陶昕然(タオ・シンラン)→安陵容(あん・りょうよう)役
秀女選出の日に甄嬛と沈眉荘に助けられ、以降二人を姉と慕い、姉妹として共に宮廷で助け合うことを誓う。しかし甄嬛、沈眉荘が続けて皇帝の寵愛を受ける姿を見て焦りを感じ、また家柄の低いことで他の側室から辱めを受けるなど 徐々に悲観的なる(HPより)




a0198131_003773.jpg

蒋欣(ジャン・シン)→華妃(かひ)役
雍正帝が即位する際に手助けした年羹堯の妹で、兄の権力を背景に後宮で皇后と勢力を二分する。皇帝の寵愛を独占する為には、敵と見なせば卑劣な手段で容赦なく相手を潰しにかかる。(HPより)






a0198131_081834.jpg

蔡少芬(エイダ・チョイ)→皇后 役 
雍正帝の正室で、名は烏拉那拉(ウラナラ)・宜修。雍正帝の皇后であった純元皇后の妹。(HPより)             






a0198131_0994.jpg

張暁龍(チャン・シャオロン)→温実初 役 侍医  甄嬛の幼なじみで 想いを寄せている 後宮入りした甄嬛を支える人
☆私は彼好きでしたよ~♪




a0198131_01013.jpg

簡単に言ってしまえば、
清朝雍正帝の御代 後宮入りした漢族の娘・甄嬛の波乱に満ちた半生を描いた物語
聡明ではありますが初な女の子が いくつもの試練を乗り越え、
強くてしたたかな女になっていく姿が描かれています。

a0198131_011868.jpg

見る前は全76話という長さが怖かったのですが、
見てみたら、
<このドラマ長!>とか<まだ終わらないの~!>とか 一回も思わなかったです。
序盤はちょっと我慢がいるかもしれません
 ←つまりは「若㬢」と違って絵的にカッコいいと言えない陳建斌版雍正帝になれるまで(笑)
でも後半にいけばいくほどに盛り上がります
私は続きが気になって気になってどんどん視聴 後半はドハマリと言ってもいいかも
乙女な胸キュンを与えてくれるような 深いキャラ堕ちを私はしませんでしたが
それでも
情に苦しむ人々の もの悲しさと哀れが 残酷に美しく細やかに描かれていて、
史実とフィクションが上手く混ざり合った←上手く帳尻を合わせてるかな(笑)
とっても質の高いドラマと思います。
a0198131_0115287.jpg

人物設定が計算されていて、それぞれの言動に説得力がありますし、
細やかに感情を描いているので 残忍なことを仕出かす人を心底憎めないんです。
重いけど 適度に軽やかに仕上がっている 
残忍だけど 最低限の上品さは失われない そこが最大の魅力かな と思います


私のこのドラマの満足度は 殿堂入りです
(最高は☆5 ☆5の中でも非常に満足したものは 殿堂入りにしています) 
胸キュンなトキメキは思ったより無かったけれど それでも迷うことなく殿堂入り!!にします
今 華流ドラマ マイベストを選ぶとしたら 上位に必ず食い込むと思います。

嫉妬と陰謀渦巻く怖いお話でもあるので、後宮ものが苦手な方はやはり駄目かもしれないけど、
でもぜひチャレンジしてほしい 華流時代劇ドラマの名作と思います
a0198131_0123540.jpg


甄嬛传演员表
孫儷 →甄嬛 役  
陳建斌→愛新覚羅•胤禛 役 雍正帝
蔡少芬→皇后 役 孝敬憲皇后烏拉娜拉氏
劉雪華→皇太后 役 孝恭仁皇后烏雅氏、雍正帝生母
李天柱→蘇培盛 役 総管太監
蒋欣 →華妃 役 
李東学→果郡王 役 愛新覚羅•允礼 康熙帝十七子
陶昕然→安陵容 役 鸝妃
斕曦 →沈眉荘 役 恵妃
張暁龍→温実初 役 太医院太医
藍盈瑩→浣碧 役 果親王側福晋、甄嬛の妹
孫茜 →崔槿汐 役 甄嬛侍女、蘇培盛対食
戦菁一→流朱 役 甄嬛陪嫁丫鬟
張雅萌→斉妃 役 三阿哥生母
楊梓嫣→敬妃 役 敬貴妃
陳思斯→曹貴人 役 温宜公主生母
萬美汐→欣常在 役   
熱依紮→葉瀾依 役 寧嬪葉氏
李宜娟→端妃 役  純愨皇貴妃耿氏
趙秦→富察貴人 役  
唐婷→祺貴人 役 
譚松韻→淳貴人 役 
李佳璇→麗嬪 役   
毛暁彤→瑛貴人 役  
穎児→夏冬春 役 
郭宣→茂嬪 役 貞嬪
何亞男→康常在 役  
崔漫莉→余鴬児 役 余答応
楊淇→孟静嫺 役 果親王側福晋
劉岩→舒太妃 役  果親王生母
王文傑→愛新覺羅•弘歷 役 雍正帝第四子、乾隆帝
鄔立朋→愛新覺羅•弘時 役 雍正帝第三子
徐璐→甄玉嬈 役   慎郡王嫡福晉、甄嬛之妹
沈保平→甄遠道 役  甄嬛的父親
李丹→甄母 役  甄嬛的母親
孫寧→年羹堯 役 華妃的長兄、撫遠大將軍 (役者名:孫甯かも)
王彪→張廷玉 役  大学士、軍机大臣
張毅→隆科多 役  孝懿仁皇後之弟、步軍統領
馬維福→瓜爾佳鄂敏 役 祺嬪父親
田西平→敦親王 役 康熙帝十子
田樸珺→敦福晋 役 敦親王福晉
李泓瑞→摩格 役 ジュンガル部ハーン
孫渤洋→夏刈 役 雍正秘密殺手
劉釔彤→頌芝 役   華妃近身侍女、芝答応
楊凱淳→剪秋 役 皇后貼身侍女
周子涵→採月 役 沈眉莊の
田淑梅→孫竹息 役 太后近身姑姑
康福震→愛新覚羅•允禧 役 慎郡王
劉柏廷→阿晋 役 果郡王随従
羅康→小允子 役 砕玉軒首領太監
李璐兵→小厦子 役 御前小太監
馬躍峰→小衛子 役
王一鳴→周寧海 役 翊坤宮大太監
趙海龍→康祿海 役  甄嬛入宮時碎玉軒總管太監
劉洋→江福海 役 景仁宮太監
李洋→徐進良 役 敬事房太監
杜相→黄規全 役 原内務府総管
張志偉→梁多瑞 役 内務府総管
邢傑楓→姜忠敏 役 内務府総管
汪晴→如意 役 敬妃侍女
李周洋→音袖 役 曹貴人近身侍女
楊静→芳若 役 太后近身姑姑、教引姑姑
翟蓓蓓→佩児 役 砕玉軒宮女
劉蔭→吉祥 役 端妃侍女
王民→恒親王 役 康熙第五子胤祺
譚麗敏→恒福晋 役 
梅傲冬→積雲 役 舒太妃侍女
海燕→静岸 役  甘露寺住持
趙千紫→静白 役 甘露寺
王麗涵→莫言 役 甘露寺
張妍→青桜 役 皇后表姪女、弘暦側福晋
秦暁陽→衛臨 役 温実初徒弟
黄寧生→章彌 役 太医院院判
郭晨→劉畚 役 太医院太医
楊暁波→江慎 役 太医院太医
杜小涛→江誠 役 太医院太医
方雲→采藍 役 清涼台侍女
李群→玢児 役 葉瀾依侍女
吳怡林→阿綠 役 
李鴬雅→絵春 役 景仁宮宮女
王霜→含珠 役 敬妃侍女
許歓→霊芝 役 沈眉荘侍女
孫菲→福子 役 皇后安排在華妃宮中的侍女
胡鑫慧→宝鵲 役 安陵容侍女
李夢洋→菊青 役 甄嬛入宮時内務府分配的侍女 后為安陵容侍女
張一曼→采星 役 眉荘の
馬千芳→茯苓 役 沈眉荘侍女
韓雨婷→翠果 役 斉妃宮女
尹舒→桑児 役 富察貴人侍女
程楠→斐雯 役 永寿宮宮女 羅莉娜→雨児 役 淳貴人侍女
何夢婷→花穂 役 余答応近身宮女
姚思詩→成双 役 
閆卷德→許太医 役 太医院太医
☆誤字脱字 間違いに無いようチェックはしましたが、
簡体文字を日本文字に変換したりしてますし、しかしたらミスがあるかもしれません。

すべてのキャスト スタッフの皆さんありがとう と言いたいドラマでした
[PR]

by jiyong-xg | 2014-06-27 00:18 | 宮廷の諍い女 | Comments(8)

Commented by ゆん at 2014-07-12 21:08 x
初めまして☆

私もこのドラマが大好きで~殿堂入りされて嬉しくなりました♪

こちらのブログは三国志をきっかけに拝見させて頂いてます☆
(華流は~仔仔→ピーターホー→三国→歴史物と辿りつきました)
呉越も好きです(笑)又お勧めを参考にドラマを選ばせて頂きますね☆
Commented by jiyong-xg at 2014-07-12 23:50
ゆんさん 初めまして♪
「宮廷の諍い女」すごく面白かったです!大好きです❤❤❤
だからゆんさんにコメント頂けてとっても感激しています。
嬉しくて嬉しくて小躍りしています ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿

私の場合は 最初は韓流ドラにドハマリして、
韓ドラを観過ぎて停滞していた時に たまたま観た「新上海グランド」にドハマリして、
そこから本格的な華ドラ視聴が始まりました。
私も華流移行は 仔仔・ピーター・ホーの存在がすごく大きいです♪
今日は仔仔出演の映画「楊家将」を観ましたし、
もうそろそろピーター様の「項羽と劉邦」観たいと思ってます♪

自己満足なブログですが、お時間のある時にまた遊びに来てくださったらうれしいです
Commented by ゆん at 2014-07-13 16:02 x
こちらこそ~

ご感想で~「細やかに感情を描いているので 残忍なことを仕出かす人を心底憎めない・・残忍だけど 最低限の上品さは失われない 」・・・・などと書かれていて、「なんて的確な表現をされていらっしゃるのだろう!」と感激致しました☆
スン・リーさんの演技も圧巻でしたよね♪

彼女の「新・上海グランド」や「1メートルの光」も観ましたが、
良かったです☆
色々な役を見事にこなしてくれますから♪あと個人的に「1メートルの光」でスン・リーさんに恋するピーターに萌え~(笑)
「上海・グランド」はこちらを参考に視聴させて頂きました。
謝謝☆

映画「楊家将」私も観ました~ドラマだと仔仔は何役かな?なんて想像しながら。
そのうち又「戰神マース」のような複雑な役で、重厚な演技も
観てみたいです。

「蘭陵王」も良かったウイリアムさんは、映画の「項羽と
劉邦」・・・格好良さそう~~♪こちらの画像を拝見していたら、
とても観たくなりました。

ドラマ版の方は~私には珍しく中盤休みに入っていて、後半の
盛り上がりに期待している所です。

では~長くなってしまいましたが(汗)

これからも楽しく拝見させて頂きますね☆


Commented by jiyong-xg at 2014-07-14 00:06
ゆんさん こんばんは♪
ご訪問ありがとうございます。
ゆんさんのコメント すごくパワーを頂きました。
自分なりに楽しんでブログ続けていこうと思えました♪ありがとうございます。

実は私「戰神マース」観ていないんですよね~。
ゆんさんのコメントを読んで 興味が湧いてきました。
でも近所レンタル店で扱っていないんですよね~(涙)
もうそろそろ「蘭陵王」観たいし、「項羽と劉邦」もあるし…
韓ドラも観たい作品沢山あるし…
あ~時間がないわ(笑)

映画「項羽と劉邦」ウィリアムさんの項羽とっても素敵でしたよ!
絶賛はしませんが、歴史ものとして楽しめる作品と思いますよ~♪
Commented at 2014-07-14 18:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jiyong-xg at 2014-07-14 22:59
鍵コメ様 ご訪問&コメントありがとうございます(^^)
本当にお優しい方だなぁと感激してます。
お気持ちだけいただいておきます。
ありがとうございました♪

お時間のある時にまた遊びに来てくださったら 
嬉しいです(^-^)
Commented at 2014-07-15 14:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jiyong-xg at 2014-07-15 21:50
鍵コメ様 こんばんは♪
優しいお言葉をかけてくださり
ありがとうございます。

私のつたない感想が鍵コメ様のお役に立ったのなら 
すごく嬉しいです❤
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。