「イタズラなKiss~Love in TOKYO」第10話♪前半

a0198131_2325174.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


金ちゃんの活躍と切ない立場に 一番上の画像 初めて金ちゃんにしてみました。
第10話は 入江君にとっては大きな人生の転機になるエピソード
内容が濃いので 今回前半と後半に分けることにしました。


以下 自分のためもメモ &ときどきつぶやき




「イタズラなKiss~Love in TOKYO」第10話 雪の夜の告白の前半

a0198131_23271092.jpg

琴子 大学生になって初めての冬 
入江夫妻と琴子パパは 旧友の結婚式に出席するため九州へ
琴子と裕樹くんの2人だけで一晩お留守番することに

a0198131_2328886.jpg

張り切った琴子 裕樹君の好きなハンバーグを作ってふるまいます
金ちゃんレシピなので、裕樹君も「見た目より」と言ってくれたので、なかなかおいしく作れたようでした。

a0198131_2329018.jpg

突然苦しみだす裕樹君 自分が作った食事が原因と思い込みます
高熱を出して苦しむ裕樹君
入江ママに電話をしてもつながらず、 携帯持たない主義の入江君に連絡とれない。
☆入江君ならケイタイ持たない主義も納得です。
でもこのドラマ全体的にみてもさほど携帯をつかってないのは、原作が古いからかな?
携帯があれば、すれ違う事もずっと待つ事もないもんね。
ケイタイで電話したり メールするシーンを極力描かないってのが、
新鮮で、きれいに見えたのは私だけ(世代ですかね)

父の店に電話し、金ちゃんに事情説明する琴子
困った金ちゃん先輩板さんに相談
a0198131_23293272.jpg

替わって電話に出た先輩板さんは、
同じ食事で琴子ちゃんが無事なら食中毒じゃないから 素人判断しないで急いで救急車を呼ぶようにアドバイスします。
金ちゃんは入江君を探すことを引き受けます。
a0198131_2330840.jpg

じんこ&理美にも連絡をとって合流する 金ちゃん。
一緒に入江くんを探す手がかりを相談します。
金ちゃんは 入江君のバイト先がある代官山へ 
じんこ&理美は松本さんに会って情報収集。

家庭教師のバイトに日でなく入江君は松本さんの家にはいなかったけど、とりあえずカフェの名前を教えてもらったじんこ&理美は、金ちゃんに連絡
2丁目のロイヤルガーデンカフェへ向かう金ちゃん


a0198131_23431555.jpg

お医者さんから腸閉塞の一種で、なるべく早く手術が必要と説明を受けます。
すぐに手術をしてください と頼む琴子に
未成年のお子さんの手術には家族の同意書が必要なので 親族と連絡をとってください
とお医者さんから言われてしまいます

a0198131_23433844.jpg

ようやく入江君を見つけ出した金ちゃん
「お前の弟がたおれたんや」

a0198131_2344478.jpg


金ちゃんと入江君 病院に到着します
「入江君 よかった  裕樹君が手術しないといけなくて 親族の同意書が…」
「今手続きしてきた もう大丈夫」
a0198131_23442653.jpg

「もう大丈夫だ 待たせて悪かったな」と裕樹君に謝る入江君
「僕死ぬの?」
「死なない 簡単な手術だ すぐ終わる がんばれよ」

裕樹君の手術が始まります。
店に戻るという金ちゃんにお礼をいう琴子
入江君も金ちゃんを呼び止め
「池沢 ありがとう」と深々と頭を下げます
a0198131_23451229.jpg
 

「お前、ちょっと自分勝手すぎるんちゃうか? 一人暮らしするのは勝手やけど、家族に連絡先くらいちゃんと教えとかんかい! そのせいで裕樹くんにもしものことがあったらどないすんねん。ワシかて大阪出て一人で東京来た男や。お前が一人でおりたいちゅうのは、なんか深い訳があるんやろ せやけど そのせいで万が一のことが起きたら自分もまわりの人間も傷つくんやで。そうなってからでは遅いねん!」
何も言い返せない入江君
a0198131_234643.jpg

「人は一人では生きられへんのや。自分の思ってることとか、考えてることとか、周りの人間に話すんは大事なこっちゃで ほな 琴子 またな」
「ほんとにありがとう」
無言の入江君
「入江君?」
a0198131_2351271.jpg

☆言い返せないほど的確な忠告。
沈黙が入江君の心を雄弁に語っています。
金ちゃんが 自分よりもずっと大人だ と知った入江君でした。 


病院の入り口に出て 入江ママに電話し裕樹君の手術の事を報告する琴子
入江君が後ろから近づいて来て
a0198131_23532982.jpg

「ありがとう 琴子」と言います。
1人で心細かったけど裕樹君の為気をはっていた琴子 涙が出てきます
a0198131_23542398.jpg

「怖かった」
「怖かった」と泣きじゃくる琴子

「もう大丈夫だよ」
a0198131_23554125.jpg

☆激萌えです。身長差にある男女にしかできないシーン 
あごがのってるし、
入江君が片腕ではありますが、琴子をぎゅっと抱き直すのも いいわぁ~♪


a0198131_23572898.jpg

裕樹君の手術は成功し、明日には一般病棟に移れると説明をお医者さんからうける入江君。
ICUは付き添いが出来ないし、宿泊施設もなにいので 今夜は家に戻って 明日朝来るように言われます。
「分かりました 先生 本当にありがとうございました」
「しかし あのお嬢さんが素早い判断をして病院に連れてきてくれて 本当に良かった 早期に発見すればけっして大事に至る病ではないのですが、単なる腹痛だと思って我慢させてしまうことも多くて 本来なら治る病なのに命にかかわる事態になってしまうこともるんですよ 特に小さな子供場合は。弟さんは本当に運が良かった あのお嬢さんに感謝しないといけませんね」


a0198131_23575848.jpg

外に出ると雪
「終電も終わってるし、この雪じゃなかなかタクシーもひろえそうにないな…」
「どうしよう」
「俺のマンション、来る?」
「えっ?」
「こっから歩いて10分くらいなんだけど」


☆前半終わり 金ちゃんのカッコよさが印象に残りました。
今まで金ちゃんのシーン 時間の関係上 パスしてたことが多かったので、
お詫びをかねて トップを金ちゃんにしました。





さっさと歩きだす入江君に ついていく琴子でした。
[PR]

by jiyong-xg | 2014-04-14 00:01 | イタズラなキスLove inTOKYO | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。