韓ドラ「普通の恋愛」視聴終了♪簡単な感想

a0198131_0464324.jpg

韓国ドラマ「普通の恋愛」보통의 연애 全4話
スタッフ
演出→キム・ジンウォン
作家→イ・ヒョンジュ
キャスト
ユ・ダイン→キム・ユネ役
ヨン・ウジン→ハン・ジェグァン役
キム・ミギョン→シン女史役 ジェグァンの母
イ・ソンミン →キム・ジュピョン役 ユネの父
イ・ジュシル→ユネの祖母役
キム・ヨンジェ→カン・モクス役  芸術家
シン・ドンミ→ギョンジャ役 カフェのオーナー
チェ・ミン→クォン・デウン役 自動車の整備士
ソン・ミンジ→サンア役  出版社チーフ
クォン・セイン→ハン・ジェミン役 ジェグァンの兄
ストーリー
観光案内所職員のユネは他人に迷惑をかけず静かに生きていこうとする完璧主義者。彼女の時間は18歳から止まっている。なぜなら、彼女の父ジュピョンが、7年前殺人事件の容疑者として目を付けられ、現在も指名手配されているからだ。そのために、彼女は人々に疾視され傷ついて生きてきた。そんな中、ある日彼女の前に見ず知らずの男ジェグァンが現れ、彼女の周囲をうろうろし始める。そして次第に彼はユネを好きになり、両者の距離はますます縮んでいくが・・・(HPより)
a0198131_0471728.jpg

a0198131_10175142.jpg

ひとつの殺人事件をめぐり重い荷を背負う人々の物語なので
結構重い内容なのですが、
それを刺激的に見せるのではなくて
繊細にかつ淡々と描いているし、再生のドラマでもあるので、重さを感じながらも見やすかったです。
甘ったるさはないけれど 恋する気持ちのもつ力の尊さとか 
生きていくうえで考えるヒントになるような優しさがあり とても深くて上質なドラマでした。
「普通の恋愛」を見て<普通>って何だろうと何度も考えました。
未見の方は ぜひにとお勧めしたいドラマです
☆5(満点は☆5)


a0198131_0473773.jpg

以下 自分のためのセリフメモなのでもちろんネタバレです






  
1wa1:00
「後ろ姿ばかり撮るんですね」
「そのことに気付かれたのは初めてだ」
「すぐ分かるわ でもどうして?」
「なんとなく 忘れられなくて」
「何が?」
「…   なぜ俺と寝ようと?」
「明日 帰るから」
「明日帰る人なら寝るの?」
「知らない人だから 私が誰なのか」
「…」
「気になると言ったのに聞かないのね どうして私は正面から撮ったんですか?案内中は撮らないし それにうちの住所は誰から教えてもらったの?」

2wa1:13
「特技は無いのよね?」
「うん」
「見つけたわ あなたの特技は人に背を向けさせること」

2wa1:33
「私が好き?」
「大好きだ」
「なぜ?」
「きれいだから」
「それだけ?」
「それだけじゃだめか?」
「それで私と何がしたいの?」
「結婚」
「恋愛は?」
「恋愛?もちろんするさ 何からする?キス?バッグを買ってやろうか 何がしたいか言ってみろ」
「ただ 皆がしてる普通の恋愛 他人の目を気にせず干渉されず」
「そんなの簡単… 気にしなければいいじゃないか」
「それが私には無理なのよ だから諦めて」
「嫌だ ここにお前がいる 俺の胸の中にユネがしっかり埋まってるんだ」  

2wa1:56
「お腹すいてないの?」
「ハンバーガーは…」
「どうして?」
「大きな口を開いて楽しそうに食べるなんて…」
「なるほど 君はそんな事を考えてるんだ」
ハンバーガーをつぶしてユネに差出すジェグァン「これなら口を大きく開けなくても」
a0198131_0583935.jpg

2wa2:03
「どんな気分だった?水に飛び込んだ時 ついてきてたんだ」
「なぜ?」
「さあ あの時はただなんとなく 今考えてみると警察で君の顔を見た瞬間 僕と同じ表情だと思ったんだ 怖くなかった?」
「重かったわ コートが濡れて」
「あの日 僕はそのまま帰った 本当は助けたかったけど、なぜか助けちゃいけない気がして」
「当然です」
「あれからずっと気になってた 生きてるのか死んだのか だから来たんだ 占い師が“娘と暮らしてる”と言ったとシン女史に言われて 絶対に会いたいと思った」
「会ってどうでした?」
「会えて本当によかった さっきは悪かったよ シン女史が…」
「当然ですよ たった1人の息子が私といたら…“兄さんの分まで”どころか」
「“兄さんの分まで”って何だろう みんな言うんだ」
「“強く生きる”って何なのかしら みんな言うの おかしいけど父の言葉を信じられる気がします」
「僕は安心したけどな」
 
 

a0198131_059126.jpg


a0198131_0511822.jpg

 
3wa0:02
「背を向けるな 後ろを向かないでくれ 後ろ姿は見たくないんだ」
「痛いわ」
[だましたのか?ずっと会ってた?
「違うと言ったら信じる?」
「…」
「遠いんです あなたと私は」
「遠くなんかない 信じたいんだ 父親を信じるんだろ 僕も信じたくなったんだ 」 
「信じても仕方ないわ 7年間信じ続けても何も変わらなかった 信じたい気持ちだけじゃ意味がないのよ」
  
  
a0198131_052176.jpg
 


a0198131_0522232.jpg

  
3wa038
「もしお父さんが犯人じゃなかったら何がしたい?僕は君と恋愛がしたい 普通の人たちがするような平凡な恋愛が だからお父さんが犯人だとか違うとか そんな考えは今は止めよう だから…明日も会えるかな」
 
 
3wa048
「いつも“弟が悲しむ”と申し訳なさそうにしてた すみませんでした」  
「ただ平凡に つまり…普通の恋愛でなくちゃいけないとは思いません」
「みんな同じですよ 愛してるから会いたくて 会いたいから会う それが普通の恋愛でしょう」
 
 

a0198131_0525364.jpg

  
3wa101
微笑むヨネ
「何?」
「こんなのを撮るなんて 平凡な人になったみたいで それで思いついたの」
「何を?」
「もしも お父さんじゃなかったら何がしたいか 私も恋愛がしたい あなたと」
「うん そうしよう」
 
 

a0198131_053294.jpg

  
4wa124
「でももう 私は殺人者の娘なの これからどうしたらいいのか分からないけど 一つだけ分かる もう会えない 私は動けないの ここで土下座しろと言われればするし 必要なら許しを乞う そう生きていくしか だからもう帰って」
「帰らない ここに君を置いて帰れない あの日あのまま帰って7年間ずっと心配で ずっと恥ずかしかった だから、二度と一人では帰らない カン・モクスだったんだ 兄さんが逃げようとした相手 カン・モクスだった 一緒に行こう」
ユネを後ろから抱きしめたジェグァン「一緒に逃げよう」
「どこに?」
「どこでもいい」
「逃げれば お父さんの娘じゃなくなる?」
「一緒に行こう。逃げよう。どこにでも。」


4話1128
教会
「薄情なことを言わずに ユネを助けてください 父親のことか」
「私も罪を お父さんのせいじゃなくて  そうじゃなくて 私も一緒に行きたいんです」 


4wa207
「どうしてここへ」
「分かってるだろ 会いたかったから ごめん おばあさんにも… 謝ってるんだから僕を見てよ」
「早く食べないと伸びるわ」
「謝罪を受け入れないつもり?」
「謝罪なんて必要ないわ」
「なぜ?」
「あのさ お父さんの罪がなぜ重いかわかる?お父さんを許せるのは兄だけなのにこの世にもういない だから重罪なんだ。じゃあ君を許すのは誰?分からないだろう?許す人なんていないからさ 君には罪は無いんだ 何一つ悪くない だから僕に対して怒るべきだろう? すぐ戻ると言ったのに逃げて 今さら“会いたい”と来た僕が悪いんだ 僕が謝って君に許してもらうんだ 君は誰かの娘である前に君自身なんだ。僕が会いたくて仕方なかった女性なんだよ だからカップラーメンなんか食べてないで ちゃんと暖房もつけて …」


「一緒だと楽しいな 分かったんだ 後ろ姿ばかり撮っていた理由 わざと見ないようにしてた クールなふりをして でも実はいつも振り返ってた 引き止めたくて 背中を向けて去った人を引き止めたかった だから来たんだ 君を追いかけて 僕と恋愛する?」
「いいえ」
「じゃあ時が過ぎて、遠い日のことのように感じられたら 僕と付き合う?」
「いいえ」
「全部忘れてもだめ?」
「ええ タイプじゃないの 優柔不断で無責任な人」
「色白な女は僕もタイプじゃない」
「女性関係も複雑そうだし」
「頑固な女性は魅力的じゃないよな」
「職業が不安定だもの それが一番だめ」
「スタイルもいまいちだ 本当に振るの?」
頷くユネ「まだ何か?」
「恋愛だと思ったのに」
「恋愛してたわ 私たち 今私が振ったけど」
「先に行って」
  
 
a0198131_0542520.jpg

a0198131_0551635.jpg


  「ハン・ジェグァン 気を付けてね」
「元気でな キム・ユネ」

『サンアか』
『連絡もしないんだから 展示会の写真は?何してるの?』
『部屋の掃除さ』
『掃除なんて珍しいわね』
『振られたんだ ある女性に』
『ちょっと あんたも恋をするのね 相手はどんな人?』
『ただの平凡な人さ』
  
 
a0198131_0553479.jpg

a0198131_0555094.jpg

















  

「普通」って いったいなんだろう? と考えることは多いのだけど
人から見たたら普通でない状況も 
その人にとっては変えられない日常 普通であったりする 
普通って何だろう…
ありふれた日常は奇跡なのかもしれないと 思うことは多い。
普通=特別 特別=普通
拒否する気持ちはあっても
考える気持ちは持っていて ただ排除して解決する人にはならないようにしたい
でも難しい…

 



[PR]

by jiyong-xg | 2013-11-29 01:06 | 普通の恋愛 | Comments(4)

Commented by moonlight-yuca at 2013-12-04 21:40
ジヨンさん、あんにょん♪

「普通の恋愛」は私も大好きなドラマです。
傷が癒えたた時、ユネとジェグァンは出逢うかもしれない。出逢わないかもしれない。
彼らがまた、いつかすれ違えるように・・・そんなことを、強く願っています。

心にしみる、本当にいいドラマだと思います。

ジヨンさんとはいつも好きなドラマが重なっていくのも、なんだかウレシイです。
Commented by jiyong-xg at 2013-12-05 00:43
yucaさん あんにょん(^^♪
映画を何本か見ようとレンタル店に行ったのですが、
借りようと思っていた作品がどれもこれもレンタル中で
何を借りたらいいのか分からなくなり でも何か借りたくて店をウロウロとしていたら、
「普通の恋愛」が目に飛び込んできました。
yucaさんがこのドラマの感想を書いていらしたことを思いだし 
今日はこのドラマだわ!と即レンタルしたんです。

重いけれど、
世の中の普通や平凡は奇跡で作られていると改めて気付かせてくれた本当にいいドラマで,見てよかったと心から思いました。
このドラマとの出会いをくれたyucaさんにとてもとても感謝してます。


Commented by ホッシーナン at 2014-01-06 00:00 x
ジヨンさんこんばんは☆
ジヨンさんからオススメいただいた「普通の恋愛」視聴しました☆
深くずっしりくる内容のドラマでしたけれど、それはそれはよかったです♪

前々から気にはなっていたドラマだったんですけど、いろいろあって韓ドラを見る気にならなくなっていた時期なので、背中を押してもらえなかったらスルーしていたかも…。監督版のDVDを購入してしまおうか迷ってます(笑)

勝手にブロ友さん認定してしまってすみません<m(__)m>
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by jiyong-xg at 2014-01-06 23:32
ホッシーナンさん こんばんは♪
「普通の恋愛」 すごくイイでしょ♪
私も好きな作品なので、ホッシーナンさんに気に入っていただけて嬉しいです。
私もブロ友さんの記事でこのドラマを知ったのです。
こうやって好きな作品が繋がっていくのを実感するとブログ始めてよかった!と思います。

ブロ友さん認定 とても嬉しいです\(^o^)/
私の方こそ今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。