華ドラ「白蛇伝~転生の妖魔」 見始めました♪

a0198131_041822.jpg

中国ドラマ「白蛇伝~転生の妖魔」 原題「白蛇后传」 を見始めました。
あらすじ(HPより)
白蛇の精・白素貞(はく・そてい)は、法海(ほうかい)和尚の法力によって雷峰塔に封じ込められてしまう。封印が解かれるのは、西湖が干上がり雷峰塔が倒れるとき―そして、それを叶えるには天上界にある“浄瓶”が必要だった。青蛇の精・小青(しょうせい)は姉を救い出すため、浄瓶を求めて天宮へ忍び込む。運良く浄瓶を手に入れた小青だったが、護衛の兵士たちとの格闘の末、天上界から人間界へと落ちてしまうのだった。同じ頃、杭州の鮑(ほう)家に後継ぎが誕生しようとしていた。しかし、「生まれてくる子供は杭州に災いをもたらす」という、道士の予言を恐れた鮑顔承(ほう・がんしょう)は、生まれたばかりの我が子を殺そうとする。それを思い留まらせたのは法海和尚だった。それから23年が経ち、この赤子・鮑仁(ほう・じん)は立派な青年へと成長を遂げていたが、周囲からは“凶星の生まれ変わり”と疎まれ…。







a0198131_0172765.jpg

「白蛇伝~転生の妖魔」は、中国の有名な物語である「白蛇伝」のその後の物語が描かれています。
天上界の神様たち 妖怪 人間 不思議な力を持つ浄瓶をめぐり 話が展開するようです。

さほど期待せずに見始めたのが良かったのか 今の所(6話まで)は結構面白いです。
妖怪(青蛇)は出てきますが、ひどくおどろおどろしい雰囲気はなく、気軽に楽しめそうです。
所々の残念なCGさえ大らかな気持ちで 受け止めれば という条件付きですが(笑)


a0198131_073127.jpg

主演俳優さんがあまり好みのタイプの容姿でないので、
きっと最後までトキメキはなさそうですが、
劉詩詩(リウ・シーシー)ちゃんの存在だけで結構満足なので 最後まで完走できると思います!


「白蛇伝」をよく分からないという方は 映画『白蛇伝説』(ジェット・リー主演)を見るといいかもしれません。
多少違いはありますがドラマが理解しやすいと思います。


簡単にキャラ紹介

a0198131_082176.jpg

鮑仁  
「生まれてくる子供は杭州に災いをもたらす」という道士の予言で、
両親にも見離され寺で育ち、実際に杭州には雨が降らないので、町の人々にも忌み嫌われる存在となってしまっています。そんな環境で生きてきたのに 優しく情のある大人に成長してます。

何やらいろいろ秘密を抱えた設定のようです。
鮑仁を演じる俳優さんが40歳を過ぎてるので、23歳なのは、さすがにちょっと違和感はあります(笑)
この年齢の俳優さんが演じる意味がある展開なのかなぁ~??



a0198131_0191696.jpg

子青 青蛇の妖怪
塔にとじこめられた姉(白蛇)を助けるべく天上界にある“浄瓶”を盗み出し…




a0198131_0193921.jpg

劉詩詩(リウ・シーシー)ちゃん演じるこの役 今のところこの役をどう説明したらいいのか分からないです…
鮑仁の夢の中に出てくる美女? 掛け軸の美女?
劉詩詩(リウ・シーシー)ちゃんが出てくるだけで、視聴意欲が出てくる私(笑)
 


a0198131_022717.jpg

鮑仁のばあや               ばあやの息子の厳豊       ばあやの娘の暖暖 
親にみすてられた鮑仁を大切に面倒みて育てたばあや
鮑仁に忠実に仕えるこの3人は鮑仁にはとても大切存在
厳豊を演じてる役者さん 見た事があるなぁと思って調べてみたら、
「京城ロマンス」の杜立寒(ドゥ・リーハン)を演じていた遅帥さんでした!


a0198131_0251979.jpg

茶神 
鮑家は代々お茶を生産する家なので 茶神がいます。
鮑家の守護神でもあるので 茶の精霊とともにも鮑仁を常に守ってます。



a0198131_026037.jpg

大龍女  龍の神かな?  恋人を復活させたいが為彼女も観音様の“浄瓶”を狙ってます。



a0198131_0265537.jpg

                           済公(降龍) 彼も神様です


a0198131_0274177.jpg

夏侯哲
「生まれてくる子供は杭州に災いをもたらす」と予言した道士
これが本当に予言なのか 野心のための嘘なのかも? 今の所分からないです。





a0198131_029223.jpg

法海和尚
子青の姉・白素貞を雷峰塔に封じ込めた僧侶
鮑仁の命を救った人で師匠でもある 妖怪と人間は相いれない存在で共存できないと考える人
[PR]

by jiyong-xg | 2013-11-21 00:40 | 白蛇伝~転生の妖魔 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。