韓ドラ「屋根部屋のプリンス」視聴終了♪

a0198131_23151564.jpg

韓ドラ「屋根部屋のプリンス」옥탑방 왕세자 SBS全20話 
スタッフ
演出→シン・ユンソプ    脚本→イ・ヒミョン
キャスト
パク・ユチョン→イ・ガク役 朝鮮王朝の世子(セジャ)。
パク・ユチョン→ヨン・テヨン役 大手通販会社ホーム&ショッピングの後継者
ハン・ジミン→パク・ハ役 屋根部屋の住人 
ハン・ジミン→プヨン役 嬪宮のファヨンの妹
イ・テソン→ヨン・テム役 ホーム&ショッピングの本部長 故・ヨン会長の婚外子の息子。
チョン・ユミ→ホン・セナ役 ホーム&ショッピングの会長秘書 
チョン・ユミ→ファヨン役 嬪宮(ピングン)
イ・ミノ→ソン・マンボ役 司書(サソ) 世子の教育係
チョン・ソグォン→ウ・ヨンスル役 翊賛(イクチャン) 世子の護衛武官
チェ・ウシク→ト・チサン役 尚洗(サンセ) 世子の世話係
パン・ヒョジョン→ヨ・ギムラム会長役 通販会社会長 ヨン・テヨンの祖母
イ・ムンシク→ピョ・テクス役 通販会社常務
アン・ソクファン→ヨン・ドンマン役 通販会社専務  ヨン・テムの父
パク・チュングム→ヨン・ソルヒ役  ヨン・テヨンの大叔母、ヨ会長の義妹
ソン・オクスク→コン・マノク役 ホン・セナの母、パク・ハの継母、魚屋
ナ・ヨンヒ→チャン・ソンジュ会長
あらすじ(HPより)
朝鮮王朝の世子イ・ガクの妃ファヨンが宮中の池で死体となって発見される。最愛の妃を失ったイ・ガクは、特別な才能をもつ臣下3人組とともに捜査を開始する—。
それから約300年後のソウル。大手通販会社の本部長ヨン・テムは、従弟のテヨンを連れ戻すために渡米するが、言い争いの末に海に転落したテヨンを見捨てて帰国してしまう…。
一方、謎の刺客に襲われたイ・ガクと臣下たちは、崖を飛び越えた拍子になんと2012年にタイムスリップ!たどり着いたのは、ソウルで一人暮らしをするパク・ハの屋根部屋だった。混乱の中、イ・ガクは自分にそっくりのテヨン、ファヨンに瓜二つのセナの存在を知り、現代ですべての謎を解くことを決意。紆余曲折の末、4人の怪しい男たちと同居するハメになったパク・ハは、次第にイ・ガクの純粋さに惹かれていくが

以下簡単に感想




a0198131_2317137.jpg

面白かったです♪

タイムスリップした世子とお供の三人衆の時代劇口調や
現代文明にカルチャーショックを受ける姿は爆笑できたし、
現代に馴染んでいくにしたがって 
三人衆が世子に対してだんだん失礼な言動をするようになっていくのも面白かったです♪
時代を超えた2人の愛にもキュンとしたし、プヨンの愛に涙もしました。
a0198131_2320392.jpg
 
a0198131_2321634.jpg

それから今までよくわからなかったユチョン君の魅力に気づけた記念すべき作品
彼ってキュートですよね♪
役者さんとしても信頼できると思えたし♪
ゆえに 心から見てよかった作品! と思ってます


a0198131_23213943.jpg

面白かったとは思うけど でもドハマリまではいかなかったです。
すごく冷静に楽しんだ って感じですね。
ハマれなった理由としては、
意味不明に短絡的な行動をする悪役たちにものすごくイライラしたから。
こういうコメディ要素の強いドラマの中での描く悪ににしては自分の許容範囲を超えていたし
悪行を見つめていられるほどに 人物を細かく描ききってなかった気もするし…
中途半端さが嫌だったのかも…(現代のパートのことです)


a0198131_2322441.jpg


悪役の起こす犯罪以外にも 脚本家さんの持つ価値観や道徳観と私のそれとのズレなのか
ちょっとだけ心がおさまらない感じが常にありました 
のめりこんでいれば気にならないような細かな所が すべて気になってノリノリ視聴ができなかったのです。



お勧めできる一本とは思いますが、
私の好きさ加減は ☆4↓です(満点は☆5 )
a0198131_23262822.jpg

a0198131_23244367.jpg

                ↑↑↑このシーンがすごく好きです♪


以下自分のためのメモ(ネタばれ)

a0198131_23265619.jpg

  


牡丹含露真珠顆 牡丹は含む 真珠の螺      真珠の露を含む牡丹を
美人折得窓前過 美人は折り得て窓前を過ぐ    新婦が手に持ち窓の外を通る
「嬪宮 続きを詠んでくれ」
プヨンが答える
含笑問檀郎 花強妾貌強 檀朗に問う 花は強か 妾(われ)の貌(かお)は強か
笑みを浮かべ新郎に問う 花と私のどちらが美しいかと

「そなたの返歌か」
檀郎故相戯 強道花枝好 檀郎 強道(い)う 花枝好しと 
新郎が戯れに 花の方が美しいと答える

美人妬花勝 踏破花枝道 美人 花勝るを妬む 花枝を踏破して道(い)う
すねた新婦はその花の枝を踏みつけて言う

花若勝於妾 花若(も)し勝らば  私より花がよければ
今宵化同宿 今宵 同宿せよと 今宵花と眠りない

「嫁入り前の娘が妙な詩を詠むのだな」
「恐れ入ります 慎みを存じぬゆえです」

牡丹含露真珠颗,美人折向庭前过。含笑问檀郎,花强妾貌强?
檀郎故相恼,须道花枝好。一向发娇嗔,碎挼花打人


「生きても死に死して生きるものは何だ?」
「答えは芙蓉(プヨン)でございます」
「プヨン 自分の名前が答えとは何事だ そのようなでたらめを申すのなら早く家に帰りなさい」
「嬪宮 理由を聞くとしよう なぜ答えは芙蓉(プヨン)なのだ?」
「芙蓉(プヨン)とは池に咲く蓮の花を指す言葉でございます」
「いかにも 蓮の花を芙蓉(プヨン)と言う。続けよ」
「生けるものは皆 死すれば土の中に埋められます。」
「そうだ」
「しかし芙蓉(プヨン)は、泥に根を埋められてこそ、再び花を咲かせることができます。死しても生きるとは、まさしくこのことでございます。生きても花が死なねば 種は地に落ちませぬ。生きても死ぬとはこのことを指しております。よって 生きても死に、死しても生きるものとは、芙蓉でございます。」
「それだけか?」
「仏教において 命あるものが生死を繰り返す輪廻を象徴するのもまた 芙蓉(プヨン)でございます。」
「正解だ 私の負けだ またも負けた」
「恐れ入ります」


「この文をご覧になれたならご無事である証拠ゆえ、芙蓉(プヨン)は嬉しく存じます。死して幸いと思うことは、生涯胸に秘めてきた言葉を表せることでございます。 私は世子様をお慕いしておりました。幼き頃より想いを寄せておりました。死しても生き、生きても死に、何百年後も貴方様を愛します。」

「パク・ハ 私は無事に戻った。暮らしはどうだ?そなたがこれを読むとすれば、実に300年後になるのだな。この文を見つけることできたなら、そなたをあんぽんたんと読んだことを取り消そう。取り消す。商いは繁盛しておるか?私にできるのは働く姿を思い描くことだけ。そなたは手の届かぬところにいる。どうしようもなくそなたに会いたい。そなたの声が聞きたい。そなたに触れたい。死してそなたに会えるのなら、すぐにでも命をたちたい。愛していると、もっと言えばよかった。パク・ハ 愛している。そなたの笑顔がたまらなく恋しい。どうか元気で。そして幸せに」


テヨン「随分遅かったね。長い間待ってたよ」
パク・ハ「どこにいたの? 私はずっと…ここにいたのに」
「300年がすぎても」「あなたを愛しています 。」

 

a0198131_23271928.jpg

[PR]

by jiyong-xg | 2013-10-31 23:36 | 韓ドラ ま~わ行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。