2013年9月 日本ドラマの視聴状況♪

a0198131_0275614.jpg


日本のドラマは面白い!!と言いたくなる作品がいっぱいでした。






連続テレビ小説「あまちゃん」
とうとう最終回をむかえてしまいました。
アキちゃんの成長物語というよりも 
アキちゃんによって 癒され元気をもらい過去を克服し前に進んでいく人々を描いた物語でしたね。
心に深く突き刺さるものもありながらも 見ていてクスクス笑えて、
見終わると元気になって 一日が何だか心地いい気分でスタートできた日々
この半年 本当に楽しませていただきました。



ブロ友さんの真似っこして印象に残っているシーンを追記しちゃいます。
「楽しいからに決まってるべ!ダサいけど楽しいから。ユイちゃんと一緒だから楽しいからやってたんだべ。ダサいくらいなんだよ我慢しろよ!」
こんなセリフのあった ユイちゃんとアキがケンカする第91話
あとはミズタクの「うるさい、もっと泣くぞ」とアキを抱きしめるシーン
薬師丸ひろ子が「潮騒のメモリー」を歌うシーン 
あとは最終回の 線路を行くユイとアキのシーン


ありがとう 「あまちゃん」

できれば「ちゅらさん」の時のように 「あまちゃん」もみんなのその後が見られるといいなぁ~と願っています。

私は朝ドラ好きなので 次のは「ごちそうさん」も楽しみです!

a0198131_0294091.jpg

「半沢直樹」
半沢の言動は普通のサラリーマンではちょっとあり得ないと思う部分もあるけれど、
そう思いつつもそれがとっても痛快で 本当に面白かったです。
観終わって時間がたった今になると 娯楽作品としては最高に面白かったと思うけど、自分好みの内容ではなかったと思えます。同じ原作者でNHKで少し前に放送していた「7つの会議」の方が自分の好みでありました。
「半沢直樹」に関しては もし続編があるならば
映画でははなく ドラマであってほしいです。


「名もなき毒」
毒が飛び出してしまう瞬間の人間たちの姿を描いたとても興味深い作品でした。
巻き込まれ型の真面目で心やさしい主人公を小泉君が本当にうまく演じていましたね~♪
機会があればぜひ見てほしいと言いたい作品です。


「Woman」
脚本は坂元 裕二氏。「チェイス〜国税査察官」「Mother」「それでも、生きてゆく」「負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜」「最高の離婚」ここ最近でも坂元 裕二氏の作品はこれだけたくさん見ているので、やはり好きという事でしょうね。壊れた家族の再生の行方がすごく気にもなり 最後まで見続けました。でもヒロインが病気に侵された時点で 先が読めてちょっと冷めてしまった部分もありましたね。



「孤独のグルメ3」
輸入雑貨商を営む男井之頭五郎が 商用で訪れた街でランチするだけのお話。
些細な出来事と食事中の気持ちをただ素直に事細かに綴るだけなのですが、これが妙に面白いんですよね。
そして有名レストランでなく、その町の人に愛される店の愛のある料理ってのがポイント。
本当に全部おいしそう!!!!!!!
五郎さんが毎回食べ過ぎなのがちょっと心配です(笑)
ぜひ4もやってほしいです(熱望) 



「ぴんとこな」
歌舞伎好きなので見てしまいました。
内容は漫画原作らしく定番な胸キュンな展開で結構良いのですが、やはり稽古&舞台のシーンはかなり辛いものがありました。でも玉森裕太君や中山優馬君の努力は画面からすごく伝わってきたので、彼らのリアルな成長を見守ってしまいたくなり最後まで見てしまいました(笑)この作品に挑んだことは彼らにとって宝となるでしょうね。





「八重の桜」も楽しんで見ています。



 

チェックしたけどリタイアしてしまった作品
「救命病棟24時」
「ショムニ2013」
「斉藤さん2」
「リミット」
「Oh My Dad」
「町医者ジャンボ」
「SUMMER NUDE」
「スターマン この星の恋」
「天魔さんがゆく」
「山田くんと7人の魔女」
ドラマの作り手さんには 
時間を経た作品の復活よりも 新しいものを生み出して欲しいと思ってしまいます。
[PR]

by jiyong-xg | 2013-09-29 00:40 | 日本のドラマ | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。