「イタズラな恋愛白書」視聴終了しました♪

a0198131_22292510.jpg

台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書~In Time With You~」
原題→我可能不會愛你2011年 全13話 台湾
スタッフ
監修→方可人(ファン・クーレン)
プロデューサー→薛聖棻(シュエ・センフェン) 陳芷涵(チェン・ジーハン)
マーケティング総括→蔡妃喬(ツァイ・フェイチアオ)総合プロデュース→黄麗玉(ホァン・リーユー)
脚本統括→麻怡婷(マー・イーティン)脚本→徐譽庭(シュー・ユーティン)
監督→瞿友寧(チュウ・ヨウニン)
キャスト
林依晨(アリエル・リン)→程又青(チェン・ヨウチン)役 靴メーカーの営業チーフ
陳柏霖(チェン・ボーリン)→李大仁(リー・ダーレン)役 航空会社の地上職チーフ
王陽明(サニー・ワン)→丁立威(ディン・リーウェイ)役 ヨウチンの元カレ
陳匡怡(アンドレア・チェン)→マギー役 ダーレンの部下
蔡昌憲(ツァイ・チャンシエン)→モグラ 役 蘇俊傑 又青・大仁の高校の同級生
丫子(ヤーズ)→盧辛蒂(ルー・シンティ)役 大仁・又青の高校の同級生
安唯綾(アン・ウェイリンン)→張美美(チャン・メイメイ)役又青及大仁的高中同學,
曾威豪(ツォン・ウェイハオ)→大叢(ダーツォン) 役 又青・大仁の高校の同級生
劉以豪(リウ・イーハオ)→趙美男(チャオ・メイナン)役 又青・大仁の高校の同級生
應蔚民(イン・ウェイミン)→程冠青(チェン・グアンチン) 役 又青の兄
羅北安(ルオ・ベイアン)→程爸 役
林美秀(リン・メイシュウ)→程媽 役 
殷琦(イン・チー)→程美青(チェン。メイチン)役 又青の姉
金士傑(ジン・シージエ)→白叔叔 役 大仁の母の友人
周丹薇(チョウ・ダンウェイ)→大仁の母親 役
孟耿如(モン・ガンルー)→李淘淘 役 大仁の妹
馬世莉(マー・シーリ)→許麗雪 役 又青の会社の社長
黃志瑋(ジェリー・ホァン)→ヘンリー役 ララの今彼 又青の元彼
餘函彌(ユー・ハンミ)→ ララ 役 又青の同僚
許豪恩(デビット)→ニック役 本名黃克,又青の助手
陸明君(ルー・ミンジュン)→グレース 役 又青の同僚
李維維(リー・ウェイウェイ)→子琳(ズーリン) 役 又青の同僚
方炯鑌(ファン・ジォンビン)→林凱(リン・カイ) 役 シンガポールでの大仁の同僚
曾之喬(ジョアンヌ・ツァン)→陳平安(チェン・ピンアン) 役 林凱の女友達
馬芸菲→又青の義姉 役
謝宇崴(シュ・ユーウェイ)→又青の義兄 役
余昱緯→凱樂 役 冠青的兒子。

程又青(チェン・ヨウチン)は靴メーカー勤務のキャリアウーマン。仕事は順調だが、これまで幾度となく失恋を繰り返し、ついに30歳の誕生日を迎える。ヨウチンの高校時代の同級生で、航空会社の地上職員として働く李大仁(リー・ダーレン)は、ヨウチンが唯一本音を打ち明けられる大親友。ある日、ヨウチンとダーレンは“35歳までにどちらかが結婚したら10万元のご祝儀を贈る”という賭けをする。自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、ヨウチンの元カレ、ダーレンの会社の後輩がアプローチを仕掛けてきて、その関係は微妙に変化していく…。(HPより)

台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書~In Time With You~」最終回の第13話を見終わりました。
ブログの事は気にせずサクサク視聴してしまうつもりだったのに、必死に自分のために画像つきでセリフおこしをしてしまいました。自分でもその必死さが笑えますが、でもその時間が楽しかったので(笑)
以下全体の簡単な感想(短すぎてネタバレはしてません)






a0198131_22312299.jpg

アリエル・リンですし、邦題が「イタズラな恋愛白書~In Time With You~」なので、
軽いラブコメと勘違いしそうですが、いたって真面目な恋愛ドラマです。ラブコメではありません。

15年にわたり友人関係を続けてきた男女のじれったくも切ない恋愛ドラマ。
感情を丁寧に複雑に繊細に描いているので、
私はこの物語をみながら過去の自分と再会してしまい、
懐かしさに浸って楽しかったり、
時に2人の感情の揺れ動きにすごく同調してしまったりして、胸が苦しくなったりもしました。
その切なさにわざとのめりこんで楽しんでいた部分もありますが…(笑)

登場人物たちはみな温かく、
たとえ面倒なタイプなでも基本いい人で、
理不尽にひどい人はだれも出てきませんので、そう言う意味ではストレスはないです。
ただじれったい2人には、イラつく人もいるかもしれないですが…

このドラマですごくハマったのだけど、ハマった故に疲れてしまって、
こんな感想とも言えない短い感想しかかけない私です。
後日また追記もしくは書き直そうと思いますが、とりあえず今日はこんな感じでアップしてしまいます。

お勧めできる一本です。未見の方は是非どうぞ♪
私の満足度は☆5です(満点は☆5)


以下自分のためのメモ(ネタバレ)
a0198131_22315175.jpg






第13話(最終回)
a0198131_22331092.jpg

[帰って来たよ 君から贈られた万年筆で祝福の手紙を書く ここですべてを伝えるのは難しいけど、書けなかった俺の想いは分かるはず またシンガポールへもどる 結婚式には出られない だけど祝儀は必ず送る]

a0198131_14591957.jpg

<そうだ 俺は負けた 愛しい君に でも悔いはない>

『あの…話しがあるんだ』
『分かってる“出来レースの敗北はつらい”おめでとう 汚い勝利で』
『涙を拭かせてくれ 君の悩みを聞きたい 友達になりたい でもただの友達ではなく… 好きになりたいんだ』
a0198131_22344112.jpg

♪結局僕は抜け出せない 君を密かに思い続けることから 
 でも君は気付かなくていい
 傲慢な君でいてほしいから
 君のいる街は雨さえ美しく映える
 太陽が顔を出してから月が朝を迎えるまで
 もう考えるな
 君を好きにはならないから
 もう考えなくていい
 君を好きにはなれないから♪
a0198131_2235947.jpg


   
「程又青 驚かせないでくれる?どうしたの 全身ずぶ濡れじゃない」
「ごめんなさい」
「何が?」
「結婚できない」
「どういうことなの?彼とケンカ?」
「ケンカじゃない ただ…疑ってしまうのよ」
「彼の何が疑わしいの?」
「私の気持ちよ」
「だから言ったでしょ 結婚は一生を左右する問題なの 結婚したくないのなら、中止しましょう」
「招待状も出してしまったのよ 私はともかく母さんたちが恥ををかく」
「程又青 私を見て お前の幸せの方がよっぽど大切よ」
「ごめんなさい」
「お前の幸せのためなら、式場の入り口でみんなに土下座してもいい」
「自分勝手でごめんなさい いつまでも子供で わがままばかり」
「まったくだよ びしょ濡れで抱きついて お灸を据えたいわ 分かっただけでもよかったわ とにかく今は落ち着いて 1つ1つゆっくり解決するの まずは台南のおばさんに電話して、結婚式は中止だと伝える そしておじさんにも…とにかく慌てない事ね」
a0198131_22474415.jpg

「連絡なんてあとでいい そんなことより相手は知ってるのか?着替えよう」
「なんで?」
「丁立威に謝りに行くんだ 土下座してでも許してもらわないと」
「確かに一番大切なのは丁立威に正直に謝ることだわ」
「父さん母さんごめんなさい こんなに私のことを思ってくれてたのね なのに私…」
「何してるの 立って 立ちなさい」
「1人で行くわ 悪いのは私よ 自分で向き合って責任を取る 自分で決めたことだもの そうでしょ?」
「その通り 過ちは一生悔いを残す 自分で向き合ってこそ新しくやり直せるんだ」
「心の底から彼に謝罪してくるわ」
「よし 行きなさい さあ」
「程又青」
「心配しないで 私はもう大人よ」
「服を着替えて行きなさい」
「任せよう」
「大人になったのね」


 
a0198131_2239514.jpg

「まぶしいだろ」
「起こしてごめん でも少しいい?話しがあるの」
「なぜここに?同窓会だろ」
「終わったわ」
「家には?」
「一度帰ってからここに来た なぜなら…」
シャワーを浴びた後と思われるタオル一枚の女性が現れる
a0198131_22384114.jpg

「誤解しないでくれ 理由があるんだ 残業になって、大雨だったからシャワーを貸した それで…彼女とは何でもない 君を愛してる 俺を信じてくれ 俺が愛してるのは君しかしない 信じてくれ お願いだ 程又青 愛してる」
【程又青ね?】
【あなた誰?】
【本当に丁立威と結婚するの?】
【誰なの?】
【やめるなら今のうちよ】
「信じてくれ 頼む」
<私たち お互い様ってことね>
「愛してる」
気絶する又青

老化の症状 第13条 完璧さを疑い 不完全さを素直に受け入れる

a0198131_22393572.jpg

<ねえ李大仁 こんな経験はない?売り場の靴が完売する喜びは、自分だけの靴を手に入れた喜びに遠くは及ばない ようやく私は変われた そんな変化こそ私が心から望み必要だったもの あなたなら分かるはずね だから少しずつ私は納得し始めた 縁の無かった物には別の主人がいることを 別の“瞬間”に本当の主人と巡り合う こうして幸運な私は縁の無かったものをすべて処分し、安定も捨てて飛び立つことにした>  
a0198131_2249504.jpg
 
[チベットの分部湖ではチベッシーに遭遇できず 用心深いのね 元気? あなたに会いたい]
[これがターコイズブルーなのね 絵具では出せない純粋で深い青が見る者を解き放つ]
[コンヤは旋舞の発祥の地 ずっと回り続ける舞に思わず涙がこぼれる なぜ人間は巡り巡るのだろうか] 



a0198131_22503040.jpg

a0198131_22511396.jpg

「心配ない 父さんも安心してるよ」
「心配してないわ」
「ならなぜ泣く」
「うちのお姫様がいつまでも幸せでいるように祈ってたのよ」
「バカだな 幸せになれる」 

[巡り続けるのは運命の人を見つけるためか それとも真の自分自身を探し続けているのか]

a0198131_22514730.jpg


[巡り巡って 同じ失敗を繰り返す愚かな私たち 本当に必要なのは何か?突然寂しさに襲われた愚かな私は…]
a0198131_22534491.jpg

「家が恋しくなったんです 8か月の旅はひと言では語りつくせません でも一番の収穫は遠く離れても家を恋しく感じたこと 当然温かい家というのが前提ですが ですから御社の門をたたいた最も大きな動機は温かい家を作りたいからです。」


<今の私には以前よりも“愛”の大切さがよく分かる “愛”があるから生きる力が湧くの>
a0198131_2259670.jpg

<あなたは考えたことある?誰のイビキなら安心して眠れるか そして私たちはみんな“愛”を求める でも“愛”のために何をしたのだろう?>


a0198131_22593519.jpg

【女は40歳が花 君はまだつぼみだな】
【ありがとう 追伸あんたからつぼみって言われると鳥肌ものだわ】
【大好きな又青 誕生日おめでとう】
【みんなも幸せに 投げキッスよ】
【どうにも気の利いた言葉が浮かばない おめでとう】
【もっと本を読んだから?】
【皆の幸せなんて祈らなくていいわ 私の役目だもの】
【はいはい 分かってるわ】
【どうか100歳まで長生きしてくれ】
【ありがたいね でも私は年寄り?】
【魯味(ルーウェイ)ケーキを食べるか?】
【でも兄さんの魯味は食べられる代物?冗談よ 今の兄さんなら合格ね】
【僕たち夫婦と赤ちゃんより 誕生日おめでとう】
【妊娠したの? なんておめでたいの 私は…まだね おめでとう】
【ハッピーバースデー トゥ ユー】
【サンキュー】
【欲しい物は何でも買ってあげるわ】
【やっぱりお金持ちは違うわね 請求書を送るわ】
【恋は順調?幸せになろうね 頑張って】
【カムサハムニダ(感謝シマス)サランヘ(アイシテル)】
【いいこと?赤い下着を着けるのよ】
【母さん!公衆の場で恥ずかしいでしょ 胸をよせないで】
【来週シンガポールから戻る食事しよう】
大仁からのメッセージがないのに気づく又青
「どういうこと? 何が一番の友達よ 私の誕生日を忘れてる サイテー」

a0198131_2305971.jpg

「疲れた 夕飯は何?」
「何が食べたい?」
「おかずは2品だ」
「メニューは?」
「インゲン炒め」
「インゲンはないの」
「牛肉は?」
「炭素排出量が多い食物よ」
「鶏肉は?空芯菜?おかしいか?」
「こういうのって居心地がいい」
「どういうの?」
「こんなリビングで献立を考える 最高だわ」
「だったら一生いたらいい」
「いいわよ ただし38万7650元を払えたらね 一生いられるわ」
「38万7650元もするのか 君もセットで?」
「“一番の友達”に聞いてみる」
大仁に電話をかける又青
『もしもし』
『李大仁のことどう思う?』
『男を見る目が肥えたな』   
『じゃあ“生贄”から本命に昇格させていい?』
『大丈夫 大恋愛じゃないし、サプライズな“瞬間(モーメント)”もないだろう。でも絶対色あせない なぜならこの15年話が尽きなかっただろ?だからこれからの15年も、その次の15年も、次の次の15年も…』
『ストップ 約束してほしいの 私が李大仁と別れてもそばにいるって』
「永遠に離れない 誕生日おめでとう」
「親友とは初めてだ」
「私も」
「どっちからする?」
「変な質問しないで こっち側ね」
「俺もだ いい?」
a0198131_2321081.jpg

a0198131_2331322.jpg

    

a0198131_234083.jpg

「又青 その…謝りたかった」
「あなたには感謝したいくらいよ 今の私はとても幸せで満ち足りてるし、シンガポールにつくのが待ち遠しい 元気で」
「君も」


a0198131_2344029.jpg

「もしもし」
「7時半の方角に座ってるわ」
「悪いけど…先に家に行ってて」」
<無視すうるつもり?>
<頼む!>
<やっぱり男ね 手に入れたらほったらかし>

a0198131_2371365.jpg

「暑いのに毛布を掛けるなんて 李大仁!李大仁!」
「何時だ?」」
「なぜ起さないの?」
「熟睡してたろ」
「寝るためにきたんじゃないわ あと7時間しかない」
「もう?」
「たくさん話したいことがあるのに」
「食事に行こう」
a0198131_2384028.jpg

「それで考えてるのインテリアの講座を受けようかってね」
「応援する 頑張れよ」
「忙しくて会いに来れなくなる」
「大丈夫俺が帰ればいい 1週間に1回かな 心配ない」
「ネギ嫌いでしょ?」
「俺は味見を」

 
a0198131_239921.jpg

「どうした?」
「バス停から走ったの」
「慌てなくても」
「出られないと困るでしょ」
「またかければいい」
「運動が好きなのよ」
「寂しかった?」
「うん」
「明日の夜の便で台北に戻る」
「迎えに行くわ」
「家で待ってろ」
「命令?」
「わがままな恋人だ」
「後悔してる?」
「ちっとも」


a0198131_2393490.jpg

「あと何時間?」
「4時間と15分だ」
「気を付けて」
「ごめんなさい」
「まだ4時間もある ビールも」
「お人よしは卒業よ 誰が泣き崩れようと無視する」
「程又青らしくない」
「乾杯」
「今日は誰が?」
「ヘンリーの元元カノよ」
「仕事か恋愛の悩み?」
「両方よ」

a0198131_2395799.jpg

「座って休むか?」
「ダメよ5時50分の便で帰らないと 土曜日に会議が」
「2時間しかなのに来たのか?」
「いいのよ どこかに座りましょ たくさん話が」
「俺もだ」
「うちの両親も会いたがってる」
「俺だって 遠距離は大変だな」

a0198131_23102631.jpg

<どうしよう 君への想いが激流のようにあふれて止まらない>


a0198131_150823.jpg

「あなたは待てても 私は寛大じゃないから怒っちゃうわよ 何で出ないのよ」
『もしもし』
『すまない』
『毎日この時間って決めてるでしょ 忙しいの?』
『そうなんだ ごめん 君に話がある』
『実は私も話があるの』
『じゃあ君から』
『うちの会社 シンガポールに空きがあるの』
『シンガポール?』
『異動願いを出したわ』
『…』
『ちょっと 喜んでくれないの?』
『実は…帰国申請を出した』
『はぁ~決める前に相談くらいしてよ』
『君だってそうだろ?』
『じゃあどうするの?』
『どう思う?シンガポールと台湾どっちがいい?』
『一緒ならどっちでもいい』
「今だって一緒だろ」
a0198131_23114174.jpg

「帰ってたの?」
「画面でしか会えないのがつらくて」
「異動の件は?」
「コインで」
「はぁ?」
「早くコインを」
「こんな決め方?」
「表が台湾」
「裏はシンガポール よし 」
コインを投げる
「台湾だ 会社に話して」
「分かった どうしたの?」
「もう一つ難題が」
「何なの?」
「帰国の申請には相応の理由がいる “家族や台湾が恋しいから”なんて書けない だからこう書いた“結婚する”と どうした?
「李大仁ったら なんてふざけたプロポーズなの?」
 「ふざけた指輪は?」

a0198131_2312923.jpg

                     
a0198131_23124321.jpg

                     「指輪までこんな…」
                       「もう泣くな」
                          kiss


a0198131_2313910.jpg

「君は感じないか?親友同士を別れさせるより、ライバル同士を結婚させるほうが爽快だ」
「メガネを踏まれるくらい仰天したわ」
「通報したくなる気分だ」
「情事を目撃するような興奮した気持ちで、ここに立っているんです」
「心の準備はいいですね」
「前座はこの辺にしていよいよ真打登場です」
「その通り 拍手でお迎えください “ブルドック”“白猫”程又青と李大仁です」
a0198131_23134059.jpg


a0198131_23211543.jpg



a0198131_23202627.jpg

「当然 副委員長の机から盗んだのよ」
「なぜ勝手に盗んだ?」
「あの頃、美男(メイナン)の他にも気になってる男子がいてね。副委員長もその1人よ」
「つまり何人もクラスの男子に目星をつけてたわけ?」
「俺は勘弁してくれ 君は大歓迎だ」
「自惚れないでよね 重要なのはここからよ テープを聞いたあと戻そうとしたら、机の中に紙が貼ってて、盗んだ相手に宛てたものだった こう書いてあったの “不注意でテープを持ち去った人は今すぐ返却を”それから“これは応募作品で特定の人を歌たんじゃない”好きだと墓穴を掘ってるようなもんだわ 見るんじゃなかったと思った 歌詞に出てくる“傲慢な君”ってのは、程又青のことだってすぐ分かったもの」
「だったら協力すればよかったのに」
「そうだよ」
「委員長はモテてたもの」
「大仁兄さんって、ロマンティックな人なのね」
「諦めて後悔してる?」
「結ばれる相手は赤い糸でつながてる 仕方ないわ」
「俺の李とは太いよ」
「テープを盗まれて大仁兄さんかわいそう」
「そうだな」
「そんな言い方やめてよ」
「気の毒だろ 結婚初夜がこの有様だ」
「確かに」
「大丈夫よ 2人とも諦めてる さあ飲むわよ 乾杯」
「飲むぞ」

    
「どうしたの?」
「起きてもう出ないと」
「みんなは?」
「帰ったんじゃないか 誰のだ?」
「まったくお騒がせな友人たちね 片づけないと」
「そのまま帰る?」
「悪い? 化粧落とすのを忘れた」
「落としてやる」
「できないでしょ」
「できるよ」
「コットンにマスカラリムーバーをつけてまぶたにのせる 30秒たったらコットンを取る その裏側を使って口紅を優しく拭き…」
「妙に詳しいわね」
「君に聞いた」
「そう?」
「ついでにシャワーも浴びよう全身酒臭いし…」

「あ!」
「どうした?」
a0198131_23215958.jpg

a0198131_23222894.jpg

           「こっそり浴びるか?」「バレたら困る」
                    これが結婚第1日目


a0198131_23231042.jpg

          腐れ縁の友情は一生続くだろう

a0198131_23235914.jpg

「又青待って お土産は多い方がいいわ お嫁さんが幸せってことだから」
「私を見れば十分幸せだって分かるわ」
「顔を見せて 今日からあなたはうちの家族の一員よ」
a0198131_23243092.jpg

私たちは家族の愛情に包まれてる 程又青と李大仁は幸せの旅路へと旅立った

a0198131_2325883.jpg





a0198131_23255893.jpg

「ベッドは気持ちいい」
「いつも右側に?」
「うん」
「私もなんだけど…」
「じゃあ…1,2,3」
「これからは左側に寝る」
「ありがと」
「エアコン入れてる?」
「うん」
「何度?」
「18度よ」
「ちょうどいい」
「親友とは初めてだ 緊張する」
「私もよ」
「参ったな」
「明かりを消して」
電気を消す 頭をぶつける大仁
「大丈夫?」
「平気だ」
「程又青 行くぞ 俺から」
「どうぞ 待って 確認だけど 子供のことは数年後余裕が出来てから考えたいの どう思う?」
「賛成 お互い仕事が軌道に乗ってからでいい だろ?」
避妊のこと促す又青
慌てて電気をつけ探す大仁
「客間かも」
「客間に?」
a0198131_23274348.jpg


a0198131_23284398.jpg

<これが私たちの初めての夜 ハプニングもあった でも…とても素敵な夜だった>




a0198131_2332498.jpg

「俺へたくそかな」
「そんなこと」
「又青」
「変な顔ではずかしいわ」
「明日世界が滅亡するなら何をしたい?」
「誰もいない浜辺で裸で泳ぐ」
笑う大仁
「冗談よ あなたは?何をしたい?」
「滅亡の瞬間も君と一緒にいたい」



a0198131_23324888.jpg

              <これが私たちの日常 もちろん完璧ではない>

a0198131_23342628.jpg

「お義母さんは正しい 悪いのは白おじさんだわ」
「いい悪いの問題か?」
「これは気持ちの問題なの あなたと同じ 優柔不断でポリシーがない」
「それがポリシーだ」
a0198131_2335837.jpg

<ケンカだってする まるで冷戦だ でも心配はいらない “一番の友達”がいるから>

a0198131_23354281.jpg

a0198131_23355870.jpg

『もしもし』
『ねえ親友』
『どうした?』
『ケンカしたの』
『声を聞けばわかる』
『彼 ひどいのよ』
『どんなふうに?』
『彼にはポリシーを持っていてほしいのに伝わらないの』
『彼は全部分かってるよ 世界中の誰よりも』


「ベルを鳴らしたけど留守だ もう怒るなよ 帰ろう 怒るなって 俺のポリシーは君を一生放さないことだ」
a0198131_2342664.jpg

大人の女性 第13条 大切な仕事と愛する家庭を手に入れること、そして…愛する彼も


a0198131_13554317.jpg

「何だ?」
「見られてる」
「こいつか?」
「違うったら」
「サングラスで見えないよ 気にせず続けて」
「見えないらしい」
「本当かしら」
「お前もキスしたか?」
「仲間に入る?あとで饅頭をあげるね それとも生煎包にする?」

a0198131_1357618.jpg







このドラマ、
鏡やガラスや水に姿を反射させて画面を作るのが多かったですよね。
時にはテーブルを大きく映して姿を大きく反射させてたシーンもあったし、
シンガポールでマギーと大仁の再会のシーンもそうでしたよね。
思い出してみると自分自身や相手の気持ちを探るシーンだったかも…。

 
[PR]

by jiyong-xg | 2013-06-26 23:39 | イタズラな恋愛白書1&2 | Comments(4)

Commented by ホッシーナン at 2013-08-26 23:44 x
ジヨンさんこんばんは♪
ようやくドラマ視聴を終え、感想を伝えられるようになりました☆
完走するまで、ジヨンさんのコメント、ぐっと我慢してたんですぅ。
過去のちょっとした一言や繰り返されるシーンの対比などが多用されてて、よかったですよね~。
実は、あまのじゃくで傲慢な(笑)又青の性格が好きになれなかったので(ものいいもキツかったし…)そのへんがドハマりできなかったとこかも(汗)。
すごくよかったので視聴が止まらなくなって、いそがしく見てしまったので、余韻を味わいつつ再視聴しようと思ってます♪
Commented by jiyong-xg at 2013-08-27 23:05
ホッシーナンこんばんは♪
こちらにもコメンありがとうございます。
このドラマすご~くいいですよね♪
見ていない方にぜひに!と薦めたいドラマです。
とにかく陳柏霖(チェン・ボーリン)君が演じた大仁が、ごく普通のサラリーマンの男性に見えたのが私にはすごくポイントが高かったです。とにかく大仁がいい♪

実は私も又青に対しては複雑な心境でしたよん。
憧れる部分は大いにあるけど、でもどこかで共感できずにいました。だからドハマリドラマの<殿堂いり>にはせず、☆5なのです。
Commented by ホッシーナン at 2013-08-27 23:32 x
ジヨンさんコメントありがとうございます☆

ほんとほんと、又青に共感できないところがちょっとあって、わたしも「祭り(★10)」認定できませんでした(笑)

そうそう、大仁は台湾ドラマの主人公にふさわしくなく、よく働いてましたよね!ちょっとくたびれた感じで、そのへんが等身大のキャラでよかったです(素の陳柏霖くんはとんがった兄ちゃんのようですが(笑))。

私のツボは、又青とけんかした後の大仁のセリフ「どうして僕の周りにはお姫様(母・妹・又青)ばかりなんだろう…(溜息)」です(笑)

韓ドラみたいにはげしい設定でなくても、ものすごく楽しめましたよね~♪勢いでDVDを買っちゃったので、しばらくリピするかもしれないです…。
Commented by jiyong-xg at 2013-08-28 23:56
ホッシーナンさん こんばんは♪
又青みたいなタイプの女子は、憧れと共にちょっとの嫉妬を感じてしまいます(^_^;)

<ちょっとくたびれた感じ そのへんが等身大のキャラでよかったです>
うん!そう そう!!! それがいいですよね。ちゃんと働いてますよね!
ありふれた日常の中にある切なさと胸キュンを描いたこのドラマが大好きです。
たくさんに方に見て欲しいと思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。