華ドラ「画皮~千年の恋」第32話まで♪

a0198131_028564.jpg

中国ドラマ「画皮~千年の恋」第32話まで視聴終了♪
泣いちゃいました007.gif
素素の切ない想いに
佩蓉(ペイロン)の決断に
泣いちゃいました(特に32話で)
物語が終盤入ってから妖怪たちの行動を通して、
人間という動物について根本から考えさせられたりしています。
愛 価値観 本能 理解 理性 トラウマ いろんな言葉が頭の中をグルグルしてます。
そして32話最後 自分の予想を超える展開にびっくりです。
(中国ドラマはオープニングとエンディングで激しくネタばれなので、今回も見ないで視聴しています。ネタバレなし状態の視聴なので驚けたような気もしています)
最終2話がたのしみです。



以下ネタバレです。

a0198131_037945.jpg




小易(シャオイー)と素素(スス)の物語
愛した人が妖怪で 殺人犯で、しかも自分目を治す為に多くの人を傷つけた。
愛しているけど罪は罪。
素素の気持ちを考えると本当に胸がいたいです。
<小易(シャオイー)が何者でも愛してる>という素素の最後の言葉。
彼女の最後を看取った小唯(シャオウェイ)の胸にも何が突き刺さったようです。
a0198131_02933100.jpg

立場や住む世界が違えば価値観も道徳も違う。
これを特に感じたシーンがありました。
大怪我をして目覚めない龐勇(パン・ヨン)の為に夏冰(シア・ビン)がガマちゃんを犠牲にしようとしたシーン。結局は龐勇が目覚めてセーフでしたが…。
相棒であるガマちゃんの命より龐勇(パン・ヨン)が大切で犠牲に出来ると思った夏冰の気持ちは、
妖怪の価値観では
小易(シャオイー)が素素の目を治す為にしたことと同じことかもしれないと思えてきたりします。
a0198131_0295432.jpg



a0198131_0301873.jpg

佩蓉(ペイロン)が小唯(シャオウェイ)の提案を受け入れてお茶を飲んだことにはビックリでした。
自己犠牲を選んだ彼女の姿は本当に切ないです。
自分が犠牲になれば多くの命を守れる思ったのでしょう。
でも理解できない部分もあります。
小唯(シャオウェイ)が妖怪と分かっていて愛する夫を託すことはどうしても理解できない。
妖怪が約束を守ると信じたのでしょうか。
恐怖ゆえ冷静でないのか。
全部かな。
妾にしてと言った小唯に
「王夫人は一人だ」ではなく「君を愛してない」と言え佩蓉は夫を信じられたのかしら。

前回佩蓉(ペイロン)が苦手と書きましたが、
あの後は龐勇(パン・ヨン)と夏冰(シア・ビン)の関係の接近もあり
龐勇(パン・ヨン)はもう大丈夫と安心したので、彼女に対する苦手意識も早い段階なくなっています
[PR]

by jiyong-xg | 2012-12-03 00:33 | 画皮 千年の恋 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。