韓ドラ「ラブレイン」視聴終了しました♪

a0198131_8572929.jpg

「ラブレイン」사랑비  2012年 全20話 KBS
監督→ユン・ソクホ   脚本→オ・スヨン
キャスト
チャン・グンソク→ソ・イナ役 1970年代 美術学科の学生
チャン・グンソク→ソ・ジュン 2012年ソ・イナの息子 フォトグラファー
チョン・ジニョン→ソ・イナ役 2012年 美大選任教授 ジュンの父
ユナ→キム・ユニ役 1970年代 家庭学科の学生
ユナ→チョン・ハナ役 2012年 大学院生 ガーデナー ユニの娘
イ・ミスク→キム・ユニ 役 2012年 樹木治療師 ハナの母
キム・シフ→イ・ドンウク役 1970年代 医学科学生 人気DJ
キム・シフ→イ・ソノ役 2012年 医者 イ・ドンウクの息子
クォン・イナ→イ・ドンウク役 2012年 医師 ソノの父
ソン・ウンソ→ペク・ヘジョン役 1970年代 家庭学科の学生
ユ・ヘリ→ペク・ヘジョン役 2012年 衣類ブランドCEO ジュンの母
ソ・イングク→キム・チャンモ役 1970年代 法学科の学生
ソ・イングク→キム・ジョンソル役 2012年代 チャンモの甥
パク・チイル→キム・チャンモ役 2012年 音楽カフェ経営
ファン・ボラ→ファン・インスク役 1970年代 家庭学科の学生
キム・ヨングァン→ハン・テソン役 2012年 チョン・ハナの先輩
パク・セヨン→イ・ミホ役 2012年 モデル イ・ドンウクの娘 ソノの妹
オ・スンユン→チョ・ス役 2012年 ソ・ジュンの助手
冒頭あらすじ
70年代、ソウル。
韓国大学美術学科の学生で御曹司のソ・イナ(チャン・グンソク)は、わずか3秒で恋に落ちてしまった―。ベンチに座る女学生を見かけて心惹かれたイナは、窓の外に目を向けてスケッチをはじめる。彼女が姿を消したことに気づいて急いで外に出たイナがぶつかってしまった相手こそ、スケッチした彼女だった。ほとんど言葉を交わすことなく別れるが、イナは彼女が落とした日記帳から、同じ大学の家政学科に通うキム・ユニ(ユナ)であることを知る。ふたりはある雨の日に再会。ひとつの傘に入ったイナとユニは、その日をきっかけに、お互いを意識しはじめる。けれどもイナがユニに告白しようと心に決めたとき…(HPより)

韓国ドラマ「ラブレイン」最終回まで視聴終了しました。
このドラマを見るにあたってとっても心配なことがありました。
以下特にネタばれなしの簡単な感想






それは、
最終回まできちんと視聴した韓国ドラマの中でかなり苦手なドラマが
「秋の童話」だったからです。
そう監督はユン・ソクホ   脚本はオ・スヨン
「ラブレイン」と同じだからです。
それにイマイチだったという感想をもった方も多かったようなのですごく心配しましたが、
a0198131_22564786.jpg

実際見てみるとは私は大丈夫でした。
結構楽しめました。
ユン・ソクホ監督って 
すご~~~~~くロマンチストだと思うんですよ。
そのロマンチストぶりはやはりこの作品にも表れていて
不思議なくすぐったさや軽いいたたまれなさを感じながらも
私は、<たまにはこういうドラマもいいよね~>とそのロマンチックで純情な世界観に浸れたんですよ。
美しく情熱的な愛の言葉であふれた詩集を読んでいる時と同じ感覚かなぁ。

楽しめたのは自分の年齢的な事もあるかもしれない…とも感じました。
10代20代では楽しめないのではないかしら?と思います。
それは70年代の恋愛を描いているからではなくて、現代で親世代の愛も純情に描いているからです。


評判通りに映像は美しい
雨の匂いも
風の香りも感じられる美しさでした。

☆4↓(満点は☆5 ☆3に近い☆4って意味です)


a0198131_22571964.jpg

私はジュンの母ヘジョンが気になってしまった
だって彼女すごく可愛そうな人だったから。
寂しい寂しいって子供みたいに泣いてるみたいだったから。
最後旅立つ前にイナが彼女に謝ったシーン
このシーンがなかったら「ラブレイン」も嫌いな作品になったでしょう。

体験しないと理解できない気持ち
体験を伴わない気持ちを想像してみる。
相手の気持ちを思いやることと
自分の気持ちに素直に行動すること
そんなことを考えつつ、愛のもつ美しさに浸れたドラマ
さあ次はどんなドラマをみようかな♪
[PR]

by jiyong-xg | 2012-08-31 23:09 | 韓ドラ ま~わ行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。