韓ドラ「シティーハンター in soul」最終回まで視聴終了しました♪

a0198131_003738.jpg

韓ドラ「シティーハンター in soul」 시티헌터 SBS 201年 全20話 
監督→チン・ヒョク
脚本→ファン・ウンギョン、チェ・スジン 
音楽→オ・ジュンソン
キャスト
イ・ミンホ→イ・ユンソン役 国家地図通信網チーム職員
パク・ミニョン→キム・ナナ役 大統領の娘の警護員
イ・ジュニョク→キム・ヨンジュ役 ソウル地検特捜部検事
ファン・ソニ→チン・セヒ役 獣医
チョン・ホジン→チェ・ウンチャン役 現大統領
キム・サンジュン→イ・ジンピョ役 元大統領警護員 ユンソン養父
キム・サンホ→ペ・シクチュン役 タイでユンソンに助けられる イ家の料理人
ク・ハラ→チェ・ダヘ役 大統領の娘
チェ・サンフン→ソ・ヨンハク役  国防長官、五人会メンバー
チェ・ジョン→チョン・ジェマン役 財閥会長、五人会メンバー
チェ・イルファ→キム・ジョンシク役 大学学長 ヨンジュの父、五人会メンバー
イ・ヒョジョン→イ・ギョンワン役 国会議員、五人会メンバー
冒頭あらすじ
1983年、ビルマを訪問中の韓国大統領を狙った北朝鮮による爆破事件が発生。韓国政府最高幹部「5人会」は北朝鮮のテロに対する報復を決意し、大統領護衛官ジンピョとムヨルら21名を工作員として北朝鮮に送り出す。だが、政府の事情で計画は急遽中止。「5人会」により工作員は抹殺されるが、ムヨルにかばわれたジンピョのみが生き残るのだった。亡くなった親友ムヨルや仲間のために「5人会」への復讐を誓ったジンピョは、ムヨルの生まれたばかりの息子を拉致し、東南アジアに移住。子供をユンソンと名づけ、武術の達人として育てあげる。やがて成長したユンソンは…(HPより)

このドラマを見ようと思ったのは、「スターの恋人」「シティーホール」と視聴して結構好印象だったイ・ジュニョクssiを見るためです。それと「個人の趣向」のイ・ミンホ君の印象が変化するかを見たかったのもあります。




このドラマのイ・ミンホ君は、とっても表情がよくて、しかも楽しんで演じているようでしたね。
ドラマ自体は、重さの少ない復讐劇に仕上がっているので、気軽に見れる見やすい作品と言えます。
前半は特に面白かったと思います。
ただ、HPにあるような「誰も信じるな。誰も愛するな─ある使命のため、そう育てられた1人の青年を主人公に、ヒリヒリと胸締めつけるような愛とスリリングな復讐劇」とは、私は感じませんでした。
でも 見やすくて面白かったので、☆4↓です。おススメですよ
(☆5が最高点 殿堂入りは☆5の中でとくに自分好みの作品につけてます)

以下簡単な感想(ネタバレです)
a0198131_012618.jpg

面白かったけど、☆5にならなかったのは、
イ・ミンホ演じる主人公イ・ユンソンが明るくていい子すぎてね~。
彼が復讐を誓う動機もちょっと足りない気もする。
最初からユンソン君は悟ってしまっているし、復讐よりも社会悪を懲らしめるヒーロー的要素が強いんですよね。最初から正義感溢れてるし、復讐の連鎖も止めたい、人は殺さないと思っているし…。完璧すぎるのよね。
憎しみを持った青年が、その復讐を果たす中で人に触れ愛を知り、復讐を虚しく感じていく過程を描いたほうが切なかったかも…。
やっぱり悪とか陰とか矛盾が必要なのよ~私は!
だからイ・ジンピョ&キム・ヨンジュというキャラがいたので、随分と楽しめました。
でもヨンジュには生きててほしかった~(涙)殺す必要あったのかなぁ~。


ナナとの関係もただただほほえましい可愛いカップルでした。
ナナの仕事は、警護官より新米検事とかヨンジュの調査官の方がよかったかも。ユンソンがシティーハンターと分かってから、自分の仕事と犯罪者でもある彼とのはざまで苦しむとか、そのほうが切なさはアップしたように思ってしまいました
でもパク・ミニョンちゃんは安定してるし、可愛いし、やっぱりいいですね♪

チン・セヒ役のファン・ソニさんの持ってる雰囲気が好きでした。これから注目したいと思います
[PR]

by jiyong-xg | 2012-05-16 00:09 | 韓ドラ あ~さ行 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。